【ビュリー】庭園での語らい(ルーブル)の香水レビュー|恋の始まり

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)庭園での語らい オー トリプル」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

庭園での語らいは、シトラスとペパーミントから始まり、明るくフルーティなローズの香りへと続きます。

ほんのり甘く爽やかなローズ。「恋の始まり」のような匂いがします。

 

当ページでは、庭園での語らいの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、庭園での語らいの香りについて詳しく知りたい

・爽やかでフルーティな花の香りが好き

・明るくウキウキした、「春」に似合う香水を探している

ビュリーの香水、レビュー一覧はこちらからどうぞ!(他のルーブルコレクションも載ってます。)

BULY(ビュリー)庭園での語らい オートリプルとは?

香水の基本情報

タイトル:Conversation dans un Parc(庭園での語らい オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:ライトフローラル

調香師:ドロテー・ピオ

発表:2019年

販売終了:2023年

ノート:ローズ、ペパーミント、ベルガモット、ベリーアコード、ガルバナム、パチョリ、バルサム

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:3.5~4時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ビュリー 庭園での語らい、香水イメージチャート

庭園での語らい(ルーブル コレクション)って、どんな香り?

【ビュリー 庭園での語らい オー トリプル】香水レビュー

トップノート:シトラス&ミント→青々しいバラ(15分)

付けたては、シトラス+ペパーミントが強く香る。

ペパーミントはスースーした感じではなく、ほんのり甘い匂いだ。シトラスの方は、2、3分で香りがいなくなった。

 

背後にローズがあるのも感じる。

「優雅で華々しい」というよりは、「青々しく茂った葉と共に咲いている薔薇」のイメージだ。

全身から立ち上る香りは、「カシス」のようなフルーティさを含んでいる。

それが、体を動かす度にフワっと立って、ローズに重なる香り方だった。

ミドルノート:フルーティなバラ(1.5時間)

青々しい匂いは消え、この辺りの主役はカシスのような甘いフルーティさと、爽やかなローズの香りとなっている。

「何かの香りに似ているなぁ」と思っていたのだが、私の中ではどうやら「ディプティック/オーローズEDT」のトップノートに近い匂いのようだ。

また、「ティファニー/シアー」の雰囲気もある。いずれも、軽やかなフルーティローズとなっている。

シングルノートだが、最初の15分と比べると、香りが割と大きく変化したと思う。

ラストノート:そのまま弱まる(2時間)

香りの変化はないまま、薄まっていく。

「柔らかな香りになった」とか「肌に馴染むようにして」ということではなく、先程までの匂いのままに、「強さだけが弱まった」という変化だ。

 

実は「パチョリ」のジメジメした匂いがこの辺りで強くなってくるのでは?と待っているのだけれど、全然出てくる気配がない。

なので、明るく軽やかなローズのままだ。

代わりに「ホワイトムスク」のような、石鹸系の清潔感ある匂いは感じる。パチョリやバルサムの重さはなく、軽快な香りが続いた。


▼▼ ローズ香水いろいろ♪AD ▼▼

【只今、店内全品ポイント10倍!】クロエ CHLOE ローズ ド クロエ EDT SP 75ml【あす楽対応】CHLOE レディース 香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日

★ポイント10倍・割引クーポン★AESOP イソップ ローズ オードパルファム 50ml【宅配便送料無料】

「庭園での語らい」の解説と感想

自然豊かな庭園で語らう男女

©ルーブル美術館「Conversation dans un parc」https://collections.louvre.fr/en/ark:/53355/cl010063027

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリーと、ルーブル美術館がコラボして生まれた8つの香り。

ルーブル所蔵の8点の美術品からインスピレーションを受けた8人の調香師が、それぞれの香りを生み出したものです。

本ページでご紹介しているのは、18世紀イギリスの著名な肖像画家、トマス・ゲインズボロー(1727~88)によって描かれた『庭園での語らい』(1747年、油彩)を元に、およそ270年の時を超えて、調香師ドロテー・ピオが香りで再表現したものとなります。

 

絵画『庭園での語らい』では、男女が自然豊かな美しい庭園で語り合っている姿が描かれています。

男性の方はゲインズボロー本人、女性の方は彼の妻マーガレットがモデルとなっており、結婚の記念に制作されたものと言われています。(背後には、結婚の神ヒュメンを称えた神殿が描かれています。)

 

調香したドロテー・ピオ氏の言葉をご紹介したいと思います。

(抜粋)優しい柔らかな風景が広がる牧歌的な場所。濃密な植生と、花弁がわずかに判別できる程度の咲き具合のバラが目に留まります。グリーンの香りを添えることで、印象の強いローズに、優雅な衣装を与えました。

ードロテー・ピオ

「恋の始まり」のような香り

さて、庭園での語らいを肌にまといます。

ベルガモットやミントの爽やかな香りが広がり、すぐにそれを追いかけるようにして、ガルバナムと思しき青々しい匂いも出てきます。

それは絵画の2人の背後に広がる、豊かな森から吹いてくる「緑の風」を思わせる匂いです。

 

続いて、ローズも出てきます。この香水の主役です。

ドロテー・ピオ氏は絵画の中にバラがあるとおっしゃっているのですが、私には見つけられませんでした。

ですので、私はこの女性の視線の先に、美しいバラの花が咲き誇っているのではないかと想像しました。

そんなバラに、カシスのようなほんのり甘くフルーティーな香りが乗っているのです。

 

絵を見てください。新婚のウキウキ感が、顔に出ちゃってます。

微妙な距離感と、わくわく嬉しい高揚感。このフルーティーで明るいローズの香りは、まさにそんな匂いがします。

恋の始まり、胸がキュインと掴まれるような高鳴り。この香水を付けると、そんな恋心を思い出すのです。

 

そんな風に、明るいローズの香りが続きます。

香調的には一年中綺麗に香ってくれそうですが、イメージ的には(手は腰で)スキップしちゃいそうな「春」が似合う香水だと思います。

まとめ

今回は「ビュリー、庭園での語らい オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

庭園での語らいは、”恋の始まり”のような、明るくウキウキした香り。

フルーティな甘さを含んだ爽やかなバラの香りが、この香水の主役です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「明るいローズの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ローザ ロッサ オーデトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ローザロッサは、カシスやライチの軽いフルーツの香りに、これまた軽いローズが重なります[…]

ゲラン アクアアレゴリア ローザロッサ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ローズジプシーは、香り豊かなメイローズが主役。ハープの弦を弾いたような[…]

メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『庭園での語らい』」https://www.buly1803.com/jp/louvre/25739-eau-triple-conversation-dans-un-parc.html

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!