【ビュリー ニンフとさそり オー トリプル】香水レビュー

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)ニンフとさそり オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。

ニンフとさそりは、温泉水の「無機質さ」や、ぬるま湯くらいのじんわりした「温もり」を感じる香水です。

それと同時に「冷たさ」や香りの「固さ」も感じられて、ちょっと不思議な印象も抱きます。

記事後半で、「ヴァルパンソンの浴女」の話も出てきます♪

当ページでは、ニンフとさそりの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、ニンフとさそりの香りについて詳しく知りたい

・お風呂のような香りが好き

・不思議な雰囲気のある香りを探している

ビュリーの香水、レビュー一覧はこちらからどうぞ!(他のルーブルコレクションも載ってます。)

BULY(ビュリー)/ニンフとさそり オー トリプル

香水の基本情報

タイトル:La Nymphe Au Scorpion(ニンフとさそり オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:ウォータリー、フローラル

調香師:アニック・メナルド

発表:2019年

シングルノート:マンダリン、アルデヒド、コリアンダー、ジャスミン、ヘリオトロープ、ビターアーモンド、ムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ビュリー ニンフとさそり、香水イメージチャート

温泉水のような香り

【ビュリー ニンフとさそり オー トリプル】香水レビュー

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:不思議系、温泉水(15分)

まず初めに出てきた感想は、「わぁ。なんだか不思議な匂い…。」ということだった。

しっかり感じ取れるのは、アルデヒドとコリアンダーの鼻にツンとくる感じ

少し甘みもあるが、「塩」や「水」、そしてこの彫刻の素材である「大理石」を思わせる、どこか”無機質”な固い香りのように感じた。

知っている香りの中では「温泉水から硫黄の要素を引き算した」ような香りだと思った。

ミドルノート:花の甘みと塩っぽさ(45分)

付け始めから40~50分ほど経つと、香りにジャスミンが出てくる。

この時間帯のメインは、ジャスミンと最初から続く塩っぽい香りで、その背後にヘリオトロープのバニラのような甘さがある形だ。

甘いと言っても濃いグルマン様のものではなく、あくまでお花の甘さ。

なので、ふんわりした甘みはありつつも、サラサラした瑞々しい香りが続いた。

ラストノート:素肌のようなムスク(3時間)

香りの変化はほとんどないが、甘みが少しだけ増して柔らかい雰囲気になったようだ。

アーモンドの香りは「ある」と知っていれば、「うん、確かに。」と分かる程度であまり強くはない。

 

一方で、ムスクは結構わかる。

同ビュリー×ルーブルのコラボシリーズ「ヴァルパンソンの浴女」に出てくる、”素肌”を思わせるような、肌に吸い付く系のムスク香だ。

 

最初から最後まで、サラサラと瑞々しい香りと柔らかい甘さが続く。

温泉水っぽいなぁと感じる部分があったり「風呂」を想起させるものの、シャンプーや石鹸のような「清潔感!」と押してくる匂いではない。

香調としては「ほんのり温かい」くらいの温度感だが、どこかクールな印象を残す香りだと思った。

「ビュリー/ニンフとさそり」の感想/口コミ

奔放な水の精霊「ニンフ」

©ルーブル美術館「La Nymphe au scorpion」https://collections.louvre.fr/en/ark:/53355/cl010095364

2019年に登場したビュリーとルーブル美術館のコラボコレクションのうちの一つ、「La Nymphe Au Scorpion(ニンフとさそり)」。

こちらの香りは、アニック・メナルド氏によって調香されました。

 

「ニンフとさそり」はイタリアの彫刻家、ロレンツェ・バルトリーニが1837年に完成させた作品。

水の精「ニンフ」が浴槽から出たところ、サソリに刺されてしまったシーンを表した大理石彫刻です。

ニンフは自然から生まれた精霊で、泉や川など「水」のそばで登場することが多いです。

また若い女性の姿をしており、日がな一日歌い、踊り、時には気に入った人間の男性をさらっちゃうこともあるらしい。

なんというか、奔放な精霊ですよね~。

 

そんな彼女が、足をサソリに刺されます。「イッターイ!!」と叫んでいるような、しかめ面。

精霊なはずなのに、なんとも人間臭い表情が印象的です。

そんな水の精霊ニンフを表すように、この香水も「水」や「塩」のような香りを感じることができます。

肌から匂い立つムスク、こんな繋がりが…

調香した、アニック・メナルド氏の言葉をご紹介したいと思います。

(抜粋)毒は大理石の少女の血管と視線を固まらせる。水中花のごとく凍り付く心臓。マンダリンのアンダートーンを中心にしたアルデヒド系の香りでこれ(白木)を表現し、金属的なニュアンスをコリアンダーで、彼女の若さをムスクで描写しました。サソリの毒は、ビターアーモンドで描き、中毒をほのめかしました。

ーアニック・メナルド

 

私は奔放なニンフが「イッタァァァー!!」と叫んでいる、ちょっとコミカルなのを思い浮かべたのですが、事態はもっと深刻だったらしい…。(ごめんよ、ニンフ)

でも香りの方は、そんな風にシリアスな雰囲気は漂わせていません。

むしろ温泉水のような、無機質さとじんわりとした温もりを感じます。

 

温泉水と言いましたが、硫黄のような独特な臭みはありません。

そんな水系の香りに、ジャスミンやヘリオトロープの花の香りが重なります。

そして、香りの後半ではムスクがしっかり出てくるのです。

石けんのような清潔感ある、あるいはアニマリックな癖の強いムスクではありません。じっとりと湿った肌から匂い立つようなムスクです。

「最近どこかで、こんなムスクを嗅いだぞ?」と思い返してみると、「あっ!ルーブルコラボの『ヴァルパンソンの浴女』だ!」と気付きました。

 

実は、バルトリーニは「ヴァルパンソンの浴女」を描いたアングルと友達だったらしいのです。そして、お互いの作品に影響を与えあったのだとか。

作品同士のみならず、時代を超えて別々の調香師が作り上げた香りに、同じ要素が感じられるなんて何だか凄いですよね!

バルトリーニとアングルの関係を後から知ったので、パズルがバチッとハマるような感動を覚えました。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、グレープフルーツ コロン」とレイヤードしてみました。

ニンフとさそりを下腹部に1プッシュ、グレープフルーツを上腹部に1プッシュ。

 

ニンフとサソリは、ちょっと不思議さのある温泉水の匂いという感じがするので、「ハーバルな香りやフゼア系と合うに違いない!」と思い、「ジョーマローン グレープフルーツ」を選んでみました。

 

付け始めは、グレープフルーツのほろ苦&爽やかシトラスが強く香ります。

数分でグレープフルーツの香りは落ち着いてきて、ニンフの温泉水のような香りとグレープフルーツのメンズ石鹸のような香りが重なり出しました。

ここが、最高に、凄まじく、”お風呂上がり”の匂いが完成しています!

 

シャンプー系の甘さはなく、キュートな清潔感もありません。もっと、神秘的。

恋人のお風呂上がりの匂いが、ふわっと漂ってきたみたいです。ちょっとドキッとする香り。

 

こちらの組み合わせは、良く合っていたと思います。

他には、例えば「ディプティック オードミンテEDP」のような、スッキリ系フゼアとも相性が良さそうだと思いました。

まとめ

今回は「ビュリー、ニンフとさそり オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ニンフとさそりは、温泉水のような無機質さと、ぬるま湯程度の温かみのある香りです。

温もりは感じるのに、クールで固い印象も含んでおり、ちょっと”不思議系”の香りでもあります。

美術品としても、香りとしても「ヴァルパンソンの浴女」との繋がりを感じて面白いですよ!

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「不思議・ミステリアスな雰囲気の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ポメグラネート ノアール コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。ポメグラネートノアールは、酸味の強いフルーツの香りから、次第に完熟梅のようなトロっと甘い香りに変化[…]

ジョーマローン ポメグラネートノアール、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)カフェ ローズ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。カフェローズは、カフェモカにローズの花びらをたっぷり浸したような、スパイシーなローズ×シプレの香りの香水です。[…]

トムフォード カフェローズ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『ニンフとさそり』」https://www.buly1803.com/jp/louvre/25745-eau-triple-la-nymphe-au-scorpion.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー