【ビュリー/クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ】香水レビュー

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ(クレソン、パセリの香り) オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュは、レ ジャルダン フランセ(菜園の香り)コレクションの中の一つ、クレソンとパセリの香水です。

パクチー(コリアンダー)のインパクトの強いオープニング、グリーンサラダのような青い葉物野菜の香り、そしてムスキーな柔らかい甘さへと繋がっていきます。

 

当ページでは、クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュの香りについて詳しく知りたい

・野菜が主役の香水に興味がある

・パクチー(コリアンダー)が好き

BULY(ビュリー)/クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ オー トリプル

香水の基本情報

タイトル:Cresson d’Orient et Persil de Sardaigne(クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:ハーバル

調香師:ー

発表:2023年

ノート:クレソン、パセリ、コリアンダー、ゼラニウム、ベチバー、ムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4時間程度

放香性:★☆☆☆☆+ とても弱い~弱い

ビュリー/クレッソン ドリオン エ ペルシ ドゥ サルデーニュ オートリプル(クレソン、パセリの香り)、香水イメージチャート

「ビュリー/クレソンとパセリの香り」トップ・ミドル・ラストの変化

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:超、パクチー(15分)

パ、パ、パ…。これはパクチーだ!

コリアンダーの入っている香水を付けていても、それそのものの香りを感じることはあまりないのだが、この香水では山盛りにしたパクチーの皿が目の前にドンと置かれているようだ。

口に入れた時ほどクセの強い匂いはしないが、「一口大にカットした生のペクチーが傍にある」程度にはパクチーを感じる。

 

2、3分でパクチーの衝撃は過ぎ去り、他の香味野菜も感じ取れるようになる。

パセリやセロリといった、青く香り豊かな野菜の匂いがした。

ミドルノート:グリーンサラダ(1時間45分)

香りの変化は殆どないが、パクチー、パセリ、セロリと別々に感じていた香りが混ざり合い、一つの「青々しい葉っぱ系の匂い」に統合される。

ドレッシングも何もかかっていない「グリーンサラダ」を食べているようだ。

付け始めから30~40分程たった頃には青さが和らいで、瓜系のほんのり甘い香りが出てきた。

このあたりから土っぽいウッディーさを感じることもあるが、このメモを取っている日はそれが登場することはなかった。

ラストノート:ムスクの甘さ(2時間)

「瓜系の青さの残る甘さ」が、「ムスクの甘さ」へと繋がる。

ここまでくると、パクチーはじめ「香味野菜」っぽい香りではなくなっている。

 

この香水では付け始めが最も「野菜の青さ、草っぽさ」が強く、時間の経過とともにそれが弱まっていくような変化を見せた。

そしてその野菜っぽさを補う形で、ムスキーな甘さは強まっていく。

 

菜園シリーズの他の香り同様に、こちらも香り立ちはかなり控えめ。

一年を通して使いやすい香水だと思う。


【精油で香りの知識を深めよう・PR】

\\ コリアンダーもあるよ! //



アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

「ビュリー/クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ」の感想/口コミ

いいや、主役は「パクチー」だ

Buly(ビュリー)より登場した、「Les Jardins Français(レ ジャルダン フランセ)」コレクション。

こちらは「菜園の香り」を中心にしたコレクションで、6種類の香りが展開されています。

本ページでご紹介しているのはその中の一本、「Cresson d’Orient et Persil de Sardaigne(クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ)」。

クレソンとパセリの香水です。

 

香水名を直訳すると、「東洋のクレソンとサルデーニュのパセリ」となります。

サルデーニュとは、ティレニア海に浮かぶ、イタリア・サルデーニャ島のこと。

この島が、パセリの原産地と言われています。

 

日本でパセリと言えば葉の縮れたものが主流かと思いますが、より原種に近いのは、セリやニンジンの葉によく似た平たい葉を持つイタリアンパセリの方です。

この香水で登場するパセリも、この平たい葉の方なのでしょうね。

 

個人的には「パセリ」は色味を添えるために皿の隅にちょこんと乗っているもの、「イタリアンパセリ」はそれ自体を食べるために料理に入っているものというイメージの違いがあります。

パセリ独特の風味やエグミも、イタリアンパセリの方がマイルドですよね。

 

この香水はそんな「パセリ」とピリっと辛い「クレソン」が主役と言う事ですが、「いやいや、主役はパクチーでしょうよ。」と私は言いたい。

クレソンは私の肌ではよく分かりませんでしたが、確かにパセリの香りは登場します。

でもそれよりずっと、付け始めに出てくるパクチーのインパクトの方が強い。

 

私はパクチーが苦手なので、より敏感に嗅ぎ取ってしまったのかもしれませんが、このトップの香りはなかなか面白かったです。

しかし、そんな私でも”面白い”と思えるということは、パクチー好きさんにはこの程度では物足りないかもしれないですね。

グリーンサラダの香水

さて、ブランドによる説明をご紹介しておきたいと思います。

クレソンの軽くピリッとした香りと、朝露に濡れた摘みたてのパセリの匂い立つような躍動感のある清らかな水。ゼラニウムとベチバー、コリアンダーが手に残った葉緑の朗らかな香りを表現し、陶酔感のあるムスクのタッチが、わずかな温もりを加えます。

ービュリー公式ホームページより

 

この香水は「菜園の香り」コレクションの中でも、”野菜っぽさ”が強いと思います。

香りの強い緑の野菜を一口大にカットし混ぜ合わせた、「グリーンサラダ」のイメージです。

でも、後半では甘さも出てきて、この”野菜っぽさ”は失われていきます。

 

香りの流れとしては、「香味野菜のインパクトの強い香り」→「”クセ”が消えた青々しい野菜の香り」→「メロン・ウリを思わせる甘さ」→「ムスクの甘さ」とグラデーション的に移り変わっていきました。

「葉物野菜」を感じさせてくれる、ヘルシーな印象の香水です。

(日々の野菜不足を解消できそう・笑)

まとめ

今回は「ビュリー、クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ(クレソン、パセリの香り) オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュは、野菜の香りを主役にした「菜園の香り」コレクションの中の一本。

パクチー(コリアンダー)の特徴的な香りから始まり、グリーンサラダを食べているような青々しい野菜の香りを楽しめますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「葉っぱの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ハーバ フレスカ オーデトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ハーバフレスカは、ミントやグリーンティーのすっきり[…]

ゲラン アクアアレゴリア ハーバフレスカ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ひょうげ オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ひょうげは、渋さや苦みを含んだ「煎茶」の茶葉を嗅い[…]

【パルファン サトリ】ひょうげ/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『クレッソン・ドリオン・エ・ペルシ・ドゥ・サルデーニュ』」https://buly1803.jp/products/eau-triple-cresson-d-orient-et-persil-de-sardaigne

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!