【ビュリー/パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン】香水レビュー

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン(さつまいも、キャロットの香り) オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタンは、レ ジャルダン フランセ(菜園の香り)コレクションの中の一つ、サツマイモとキャロット(人参)の香水です。

お香のようなパウダリーな甘さと、土っぽい香り。

そして私の肌では、なぜか「オロナイン」の香りが登場します。

 

当ページでは、パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタンの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタンの香りについて詳しく知りたい

・野菜が主役の香水に興味がある

・パウダリーで優しい甘さが好き

BULY(ビュリー)/パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン オー トリプル

香水の基本情報

タイトル: Patate Douce des Caraïbes et Carotte d’Afghanistan(パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:ウッディー、オリエンタル、パウダリー

調香師:ー

発表:2023年

ノート:キャロット、さつまいも、ベチバー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5時間程度

放香性:★★☆☆☆+ 弱い~やや強い

ビュリー/パタットドゥース デ カライブ エ キャロット ダフガニスタン オートリプル(さつまいも、キャロットの香り)、香水イメージチャート

「ビュリー/さつまいも、キャロットの香り」トップ・ミドル・ラストの変化

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:甘くスパイシー(30分)

草の葉のような青っぽさ、ベチバーの土っぽさ、そしてナツメグのような甘くわずかにスパイシーな香りからスタートする。

青さは5分程で和らいでいき、甘さがメインになる。

背後には土っぽさとスパイシーさが残っており、グルマンのような強い甘さにはなっていない。

ミドルノート:オロナイン?(30分)

香りの変化は殆どないが、スパイシーさは遠のき、甘さ&土っぽさがメインで香る。

このあたりから「おや…。これは、オロナインだ。」と感じるようになってくる。

もしくは「実家の救急箱を開けた時」みたいな、ほんのり甘く、どこか薬っぽい匂いがする。

ラストノート:パウダリーさが強まる(3.5時間)

香りにパウダリーさが出てくる。お香っぽい甘さだ。

そしてこれはミモザだろうか。パウダリーフローラルの要素も感じられる。

そのまま大きな変化はなく、どんどん淡くなりフェイドアウトした。

 

全体を振り返っても、香りの変化はかなり少ないシングルノート。

春先や晩秋の肌寒さを感じる季節に似合いそうな、まろやかな甘さを感じる香水だった。


【精油で香りの知識を深めよう・PR】

\\ キャロットシードもあるよ! //



アロマテラピーのある暮らしを【フレーバーライフ】

「ビュリー/パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン」の感想/口コミ

「淡い色調」の柔らかい甘さ

Buly(ビュリー)の「菜園の香りコレクション(レ・ジャルダン・フランセ)」の中の一本、「Patate Douce des Caraïbes et Carotte d’Afghanistan(パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン)」の香り。

 

Patate Douce(パタットドゥース)とは、フランス語で「さつまいも」のことです。

そしてもちろん、Carotte(キャロット)は「にんじん」。

香水名を直訳すると、「カリブのサツマイモとアフガニスタンのニンジン」となります。

 

ビュリーによるとこの香水はこんな香りとのこと。

悠久の時を経て中央アジアから到来した、ニンジンの優しい温もりと素朴な香り。ニュアンスのある香りは太陽のように鮮やかなオレンジ、モーヴや白のような淡い色調を感じさせます。さつまいものまろやかでスパイシーなアクセントで彩りをそえた、土から頭をのぞかせたばかりの根菜の新鮮な香りをベチバーのウッディでグルマンな香調があたためます。

ービュリー公式ホームページより

 

この説明にあるように「オレンジ」と「モーヴ(グレーがかった淡い紫)や白」といったコントラストの強さは感じず、終始ぽわーんと「淡い色調」が続く香りだと感じました。

トップこそ多少のスパイシーさや土っぽいウッディーも感じるものの、その後はずっとやんわりとしたインセンス‐パウダリー系の甘さを中心に香っているからです。

パウダリーな甘さと土っぽさ、そしてオロナイン

さて「さつまいも、キャロットの香り」を肌に一噴き。

出だしはベチバーの土っぽさと、ナツメグのような甘さ・スパイシーさ。

草の葉のようなハーバルな匂いもあります。

ナツメグのようだなと思ったのですが、これはキャロットシードの土っぽさや甘さ・スパイシーさを感じているのかもしれませんね。

 

その後は穏やかな甘さと、わずかな土っぽさが続きます。

そしてこの辺りから、私の肌では「オロナイン」の香りになります。

ほんのり甘くて、ちょっと”薬っぽい”あの匂いです。

 

そこからパウダリーさが強まっていき、ドライダウンするという流れ。

「お香」や「お化粧品」を思わせる、粉っぽい甘さを感じました。

 

付け始めから最後まで「さつまいも」の香りは見つからず…。

でもこの終盤にかけて登場するパウダリーさは、さつまいものデンプン質を取り出して粉にしたみたいなイメージかな?と思いました。

ねっとりした甘ーい「焼き芋」の匂いではなく、ポフポフした優しい甘さを感じます。

 

「レジャルダンフランセ」シリーズの他の香り同様に、放香性は穏やかです。

(オートリプル(水性香水)ですしね。)

でも、シリーズ内では比較的しっかり香って、持続も良いように感じました。

まとめ

今回は「ビュリー、パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン(さつまいも、キャロットの香り) オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタンは、野菜の香りを主役にした「菜園の香り」コレクションの中の一本。

ベチバーの土っぽさやキャロットシードの甘くスパイシーな香りから始まり、次第にパウダリーな甘さへと変化していきます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「パウダリーな香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール/コローニュ ブランシュ オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 コローニュブランシュは、パウダリーな”白い”香りが主役の香水です。[…]

【ディオール】メゾンクリスチャンディオール/コローニュブランシュ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ワサンボン オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ワサンボンは、「陽の当たる縁側に置かれた和紙の束[…]

【パルファン サトリ】和三盆/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『パタットドゥース・デ・カライブ・エ・キャロット・ダフガニスタン』」https://buly1803.jp/products/eau-triple-patate-douce-des-caraibes-et-carotte-d-afghanistan

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!