【ビュリー/グランドオダリスク オートリプル】香水レビュー

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)グランド・オダリスク オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

グランドオダリスクは、カラメルのようなコクのある甘さを中心に、スパイシーさやインセンス・ミルラのミステリアスな香りを絡めた香水です。

「強く、したたかで、美しい」そんなキーワードが相応しい香りですよ。

 

当ページでは、グランドオダリスクの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、グランドオダリスクの香りについて詳しく知りたい

・カラメルのような甘い香りが好き

・スパイスの香り、樹脂系の香りも好き

ビュリーの香水、レビュー一覧はこちらからどうぞ!(他のルーブルコレクションも載ってます。)

BULY(ビュリー)グランド・オダリスク/オートリプル

香水の基本情報

タイトル:La Grande Odalisque(グランド・オダリスク オートリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:オリエンタル、スパイシー

調香師:ドミティル・ミシャロン=ベルティエ

発表:2019年

シングルノート:ピンクペッパー、カルダモン、クミン、シナモン、ライスパウダー、ムスク、ヘリオトロープ、ベンゾイン、トンカビーン、インセンス、ミルラ

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

ビュリー グランドオダリスク、香水イメージチャート

樹脂の甘さに、スパイスの粉をふりかけて

ビュリー グランドオダリスク オー トリプル、香水レビュー

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:フルーティ&スパイシー(25分)

付けてまず初めに出てきた感想は「なるほど。温かみのあるスパイシーノートの香水ね。」というもの。

お香を焚いているような匂いと、ミルラ(没薬)のオリエンタルな樹脂の甘みの上に、スパイスの香りが乗っているような形だ。

スパイスの香りの中でもピンクペッパーやカルダモンがしっかりしており、刺激的で辛い匂いというよりはフルーティーさや爽やかさの方が強く感じられた

ミドルノート:エキゾチックな甘み(40分)

スパイシーな香りも残しつつ、甘さが強くなってくる。ヘリオトロープやベンゾインの、バニラのような甘さだ。

甘い香りだが水性香水ということもあってか「クドさ」や「キツさ」はなく、香りの拡散力も強くはないようだ。

また、バニラのような匂いと言っても美味しそうな物にはなっておらず、エキゾチックな甘い香りになっている。

付け始めから30分程すると、時折シナモンの独特な香りがふわっと体から上がってくるのを感じた。

ラストノート:カラメルのような甘み(2時間30分)

スパイシーな香りは遠のいて、甘さが残る。おそらくベンゾインを感じているのだと思うのだが、カラメルのような甘さになっている。

琥珀色のとろりとしたカラメルが、木樽に注がれているような匂いだ。

この辺りの香りは「モンタル ダークバニラ」に似ているように思った。(グランドオダリスクはダークバニラのような強い香りではなく、もっと控えめな香り立ちだけれど…。)

 

全体的に香調の変化は大きくはないが、ざっくり言うと「フルーティー&スパイシー」→「スパイシー+甘み」→「カラメル様の甘み」と変わっていったようだ。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

Officine Universelle Buly オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー オー グランド オダリスク 水性香水 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

価格:1,250円
(2022/11/8 06:40時点)

「ビュリー/グランドオダリスク」の感想/口コミ

ミステリアスなハレムの香り

※絵画「グランドオダリスク」の画像を掲載していたのですが、Googleさんから「大人向けの画像はやめときなはれ」とお達しがありましたので掲載を中止しています。「ルーブル グランドオダリスク」で検索すると沢山出てきますので、興味のある方はぜひどうぞ♪

ビュリーから発売された8種ある「ルーブル美術館コレクション」の中の一作「La Grande Odalisque(グランド・オダリスク)」の香り。

スパイスと樹脂やお香の甘みを感じさせる香水です。

 

調香したドミティル・ミシャロン=ベルティエ氏は、この香りについて次のように語ります。

(抜粋)この絵に描かれる彼女こそ、絶対的な美の象徴で、美しさのスタンダードです。お香にも似た、ミスティカルなこの香りを作りました。この部屋にいるこの女性のまわりに漂うすべての香りを想像しながら。スパイシーなノートでセンシュアルさを表現しました。お化粧の残り香、最後にミスティカルでスモーキーなインセンスとミルラを加えました。

ードミティル・ミシャロン=ベルティエ

 

グランド・オダリスク(別名:横たわるオダリスク)は、トルコ王宮の後宮(ハレム)の女性を描いた作品です。

一糸まとわぬ女性が、背中越しに振り返った姿で横たわっています。

この絵は背中や右腕を極端に長く、また腰回りを極端に大きく、女性の体つきをデフォルメして描かれた作品だと言われています。

 

個人的な意見としては、ドミティル・ミシャロン=ベルティエ氏が言うように”絶対的な美の象徴”とは思わないのですが、不自然にデフォルメされて描かれている分、ミステリアスで力強さを感じさせる女性だと思いました。

マンガのように彼女から出る”吹き出し”を書き加えるのなら、「…なに?私にご用事かしら。」と囁いているだろうなと想像しました。

甘く優しい声で。相手を小馬鹿にするように。そして、静かな怒りをにじませて。

「強さ」と「したたかさ」を纏いたい時に

そんな女性を取り囲む空気を、「香り」として表現したのがこちらの香水なのです。

バニラやカラメルのような甘さ、そしてただ甘いだけでは終わらせないスパイシーな香りが、彼女の「美しさ」と「強さ」によく似合います。

 

そこに、インセンスやミルラのオリエンタルな雰囲気も加わります。

といっても、モクモクと煙たいスモーキーさはなく、宗教的・神秘的な匂いでもありません。

ここでのインセンスやミルラの香りは、もっと世俗的で色っぽい香りがするのです。

 

この絵の女性の表情を読み取ろうとしても、微笑んでいるのか、それとも睨みつけているのか、私には分かりません。

それと同じで、「グランド・オダリスク」の香りも「甘くセンシュアルで色めいた匂い」なのか、「強く、ピンと背筋が伸びるようなスパイシーな匂い」なのか、よく分からないな…と思うのです。

 

きっとこの絵の女性は、蕩けるような声でそっと耳元で囁き誘惑することもできるし、強く凛とした美しさも兼ね備えているのでしょう。

「グランド・オダリスク」はこの女性のように甘く、そしてスパイシーな香りです。

一噴きすれば、強くしたたかな美しさを身にまとえる香水です。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ゲラン、アクアアレゴリア マンダリンバジリック オーデトワレ」とレイヤードしてみました。

下腹部にグランド・オダリスクを0.5プッシュ、上腹部にマンダリンバジリックを0.5プッシュ。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア マンダリン バジリック オーデトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。マンダリンバジリックは、蜜柑のような香りやシトラスの果皮の苦み、またプリっとした甘いオレンジ果肉の香[…]

ゲラン アクアアレゴリア マンダリンバジリック、詳しい香水レビュー/口コミ

 

付けたてはスパイシーで苦い香り。

マンダリンバジリックのシトラスの香りが、オレンジのワタの部分のような苦い感じで香っています。

 

この組み合わせは、けっこう酒感が強いかもしれません。

ちょっと甘みもあって、コアントロー(オレンジ風味のリキュール)みたいな匂いがします。

 

全体を通してマンダリンバジリックの爽快な香りと、グランドオダリスクの甘く色っぽい香りの対比が素晴らしかったです。

とても良いレイヤードだったと思います。これは…、絶対またやろう…。

まとめ

今回は「ビュリー、グランド・オダリスク オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

グランドオダリスクは、スパイシーな香りとカラメル様のコクのある甘さが楽しめる香水です。

そこにインセンスやミルラの香りも加わって、どこかミステリアスで色っぽい印象を残します。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「カラメルのような甘い香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)バニラファタール オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。バニラファタールは、濃厚なバニラの香りとキャラメリゼしたような香ばしい香りが続く香水です。可愛らしい雰囲気[…]

トムフォード バニラファタール、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ダーク バニラ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ダークバニラは、プリンのカラメルのような、ほろ苦さを含んだ甘い香りの香水です。どんどん甘さは濃厚になり[…]

モンタル ダークバニラ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『グランド・オダリスク』」https://www.buly1803.com/jp/louvre/25746-eau-triple-la-grande-odalisque.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー