【モンタル ダークバニラ】香水レビュー『カラメルの香り』

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ダーク バニラ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

ダークバニラは、プリンのカラメルのような、ほろ苦さを含んだ甘い香りの香水です。

どんどん甘さは濃厚になりますが、最後にはミルキーで柔らかい甘さに変化していきます。

当ページでは、ダークバニラの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・モンタル、ダークバニラの香りについて詳しく知りたい

・プリンの匂い、カラメルの匂いが好き

・寒い季節になると、甘ーい匂いが恋しくなる

MONTALE(モンタル)ダーク バニラ オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Dark Vanilla Eau de Parfum(ダーク バニラ オードパルファム)

ブランド:MONTALE PARIS(モンタル)

香調:グルマン

調香師:ー

発表:2020年

トップノート:ピンクペッパー、カルダモン、レモン、サフラン、クミン、コリアンダー

ミドルノート:レザー、サンダルウッド、カンボジア産ウード、パチョリ

ラストノート:バニラ、アンバー、ムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5.5時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

モンタル ダークバニラ、香水イメージチャート

濃厚なプリン、カラメルの香水

トップノート:プリンのカラメルの香り(40分)

トップはスパイシーなバニラの香り。でも爽快感や刺激的なスパイスではなく、バニラにしっかり溶け込んでいる感じがする。

例えば、「甘いアップルパイにシナモンが効いている」ような感じで、スパイスはアクセントにとどまり、香りの主役はこってりしたバニラの方だ(シナモンの香りはしないです)。

 

近い香りとしては、「洋菓子店で購入したちょっと高いプリンのカラメル部分」があげられる。

濃い琥珀色の、うっとり甘い香りからスタートした。

ミドルノート:甘苦い香りが加速する(1時間30分)

つけてから30~40分程すると、木の香りが感じられるようになってきた。毎度のことながら、レザーの香りはどこにあるのかよく分らない。

深く香りを吸い込むと「焦がしたグラニュー糖」のような甘苦い香りがする。

 

トップでも「プリンのカラメルのようだ」と感じていたので、香調に大きな変化は見られないのだが、トップの香りをさらに煮詰めて、色を濃くしたような匂いになっていた。

”濃くなった”と表現したが、匂いがきつくなったわけではなく、むしろ少しマイルドになってきたように思う。

ラストノート:ミルキーな甘み(3.5時間)

バニラの香りを残してドライダウンに向かう。「お砂糖っぽいなー」と思っていた甘味はややミルキーに転じ、バニラに変化した。

ミドルノートのあたりが最も甘く、ラストに入ると柔らかい甘さになる。

 

琥珀色をどんどん煮詰めて色が濃くなっていたところに、ミルクを加えたようなマイルドさがある。

ただし、全体を通してかなり甘い部類の香水でしっかり香るので、秋冬向けかなという印象だった。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

モンタル ダーク バニラ オードパルファン お試しチューブサンプル 2ml【Montale Dark Vanilla EDP Vial Sample 2ml New With Card】

「モンタル/ダークバニラ」の感想/口コミ

コクのある、茶色いお砂糖

2020年に発売された「Dark Vanilla(ダークバニラ)」の香り。

「甘さで包み込んでくれるようなバニラを、ダークに仕立て上げるなんてどんな香りよ!?」と大変興味をそそられ、手に取ってみました。

 

実際に纏ってみると、まさしくダークなバニラで思わず笑みがこぼれます。

バニラといえば、私の中ではソフトクリームやホイップクリームなど、クリーミーで「白い」イメージや、天使がパタパタ飛んできて甘いお菓子を「あーん」って食べさせてくれるようなイメージなのですが、こちらの香水は一味違います。

全然メルヘンじゃないのです。

 

甘さも、バニラの強くもったりしたものとは少し違って、サトウキビのような”コク”があります。

黒糖ほど独特な風味はないのですが、精製度の高い上白糖のような白いお砂糖ではなく、茶色いお砂糖の甘さに近いと思いました。

どんどん甘みは増すが、ラストでは優しい香り

ダークバニラの香りは、肌に乗せるとどんな風に変化していくのでしょうか。

トップノートではプリンのカラメルのような匂いが、割と長い時間続きます。

しかもスーパーで売っている100円の安いプリンではない(あれも美味しいけど)!ケーキ様に肩を並べてショーケースに鎮座する、1個400円のプリンだ!

 

このトップノート、香料だけを見ているとスッキリスパイシーなのかなと予想されるのですが、良い意味で裏切られました。

香りの主役はスパイスではなく、カラメルのようなほろ苦く、甘い匂いの方だったからです。

 

ミドルノートに入ると、琥珀色をしたカラメルが煮詰められたように濃くなっていきます。ダークな方向に香りが進行していくのです。

モンタルといえばウード(沈香)というイメージもあるのですが、ここでのウードは強くはありません。

木の香りが添えられていることは感じますが、トップノート同様にカラメルのような香りがメインになっているようです。

 

ラストに入るとミルキーさが出てきて、焦げ茶色にまで濃くなっていた匂いが一気にカフェオレ色に変化します。

ラストノートでは、このような優しい甘い香りが続いてくれるので、こちらも大変心地良かったです。

 

個人的に大好物の香りなので、サンプルを使い切れたらボトルで購入することを検討しようかというところなのですが、どうやら国内での正規取扱品は過去に数量限定で入ってきたようで、2022年2月時点では販売されていないようです。

たゆた
2022年10月に確認したところ、正規代理店の「rumors」さんで購入できそうでした!

海外の公式サイトからだと個人輸入できるかと思います。カラメルの匂いがお好きな方は、ぜひ。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、ライムバジル&マンダリン コロン」とレイヤードしてみました。

ダークバニラを下腹部に0.5プッシュ、ライムバジル&マンダリンを上腹部に0.5プッシュ。

 

ライムバジル&マンダリンは、私の中ではダンディーな香りなので、ダークバニラの甘みを少し押さえてメンズ寄りの香りにシフトさせようと思い選んでみました。

結果的には「メンズに寄った感」はなかったものの、カラメルのような濃い甘さが多少すっきりしたようです。

 

特にライムバジル&マンダリンの、バジルの香りが出てくるミドル以降が良かったです。

お料理で使うバジルというよりは、”草っぽい匂い”で登場するのですが、これがダークバニラの甘さでお腹いっぱいになりそうなところをすっきり整えてくれます。

 

ラストではダークバニラの匂いが圧勝するかなと思っていたのですが、体を動かした時にはフワっとライムバジル&マンダリンのウッディーな香りが立っていました。

全体的に甘味を和らげてくれるので、「ダークバニラ単独だと甘すぎる」という方にはオススメの組み合わせだと思います。

まとめ

今回は「モンタル/ダークバニラ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ダークバニラは、カラメルのような琥珀色をした甘苦い香り。色の付いたお砂糖のように”コク”のある甘さが特徴的な香水です。

どんどん甘みは増していきますが、最後にはマイルドなバニラが包み込んでくれるようで、心地よい香りが続きます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「お菓子のような甘い香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)バニラ ケーキ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。 バニラケーキは、そのまんま「バニラケーキ」の匂いがします。アーモンドの焼き菓子→ホ[…]

モンタル バニラケーキ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)サンダルサン オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。サンダルサンは、ヘーゼルナッツの焼き菓子のような、甘い香りの香水です。「太陽の下でのんびりすごす甘い休日」と[…]

エルメティカ サンダルサン、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:MONTALE公式ホームページ「Dark Vanilla」https://montaleparfums.com/tha/en/vanilla/290-500-dark-vanilla.html#/257-volume-100_ml

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー