【ビュリー かんぬき オー トリプル】香水レビュー『秘すれば花』

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)かんぬき オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。

かんぬきは、百合の華やかなお花の香りに、林檎と栗の風味を加えた香水です。

基本的には軽やかさもあり付けやすい香調ですが、時々「ドキッ」とするような一片の官能性も含みます。

当ページでは、かんぬきの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、かんぬきの香りについて詳しく知りたい

・甘いフローラルや林檎の香りが好き

・艶感もありつつ、重くない香りを探している

ビュリーの香水、レビュー一覧はこちらからどうぞ!(他のルーブルコレクションも載ってます。)

BULY(ビュリー)/かんぬき オー トリプル

香水の基本情報

タイトル:Le Verrou(かんぬき オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:フルーティー、フローラル

調香師:デルフィーヌ・ルボー

発表:2019年

オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー OFFICINE UNIVERSELLE BULY オー・トリプル かんぬき 75ml [185615]〔ATECP_O〕

価格:21,000円
(2022/11/8 06:08時点)
感想(1件)

シングルノート:リンゴ、チェスナット(栗)、ユリ、ホワイトムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:2.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ビュリー かんぬき、香水イメージチャート

パウダリーな、林檎と百合とムスクと

ビュリー、かんぬき オー トリプル

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:甘みと塩気のある林檎(25分)

出だしは、まずまずフルーティーな香り。

林檎の匂いはあるのだが、齧りついた時のようなフレッシュな感じではなく、もう少しパウダリックな甘さがあるように感じる。

ドライフルーツのように水分を抜いたのではなく、林檎をフリーズドライして粉々に砕いてから、そこに少し塩気を足したような感じ。

また、青りんごではなく赤いりんごの匂いだ。

紅玉などの酸味の強い品種ではなく、サンふじ系の甘みの強い林檎の匂いだと思った。

ミドルノート:百合の甘い香り(40分)

奥の方にあったユリの香りが、前面に出てくる。まったりした甘い花の香りだ。

花粉感もしっかりあるのだが、最初の林檎のノートの粉っぽい部分が、この「花粉感」にうまく繋がっているようだ。

チェスナット(栗)の独特な甘味は、ユリの強い花の甘さに溶け込んでしまい、あまり強くは主張しない。ぼんやり風味付けする程度だった。

ラストノート:優しいムスク(1.5時間)

優しいムスクの甘さでドライダウンを迎える。

石鹸のようにクリーンなムスクではなく、もう少しパウダリーでまろやかな香りになっている。

付けてみる前は香りのテーマ(次の項目で出てきます)的に、もっと野性味のあるムスクの香りかな~と予想していたが、案外、軽やかでマイルドなムスクとなっていた。

 

全体的に香りの変化はほとんどない。

強いて言うなら「りんご+チェスナット」→「ユリ」→「ムスク」と香りの主役は切り替わっていたように思う。

水性香水(ノンアルコール香水)ならではの穏やかな香り立ちだった。

香調的にも、TPO問わず使いやすい香りだと思う。

「ビュリー/かんぬき」の感想/口コミ

不道徳の愛

©ルーブル美術館「Le Verrou」https://collections.louvre.fr/en/ark:/53355/cl010064766

オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリーとルーブル美術館がコラボして生まれた、「ルーブル美術館コレクション」

「Le Verrou(かんぬき・閂)」は8種ある、当コレクションの中の一本です。

 

8人の著名な調香師に、ルーブル美術館収蔵の作品から自由に1つを選んでもらい、そこからイマジネーションを膨らませて「香り」として表現したのがルーブル美術館コレクションです。

調香師のデルフィーヌ・ルボー氏が選んだのは、ロココ期の画家、ジャン・オノレ・フラゴナール作『かんぬき』

アパルトマンの一室で、嫌がる女性を腕に引き寄せながら閂(鍵)をかけようとする男性が描かれています。

ベッドサイドテーブルにはアダムとイヴが食した禁断の果実「りんご」が置かれ、なにやら不道徳的な愛憎劇を予感させる一枚です。昼ドラみたい!

 

ここで、調香師デルフィーヌ・ルボー氏の言葉をご紹介します。

(抜粋)自他の境界線すら消えてしまうような、愛と欲望を主題にしています。アイデアは「禁断の香り」。(百合は)スキャンダラスな花でもあり、女性らしく、フローラルさもスパイシーさも備えた香りです。林檎は、クラシカルな百合の香りに現代的な表情を与え、栗の香りで、仄暗い暗い色相とドレープを表現しました。

ーデルフィーヌ・ルボー

 

私はこの絵の女性、嫌がっているような顔をしていても、その実、この状況を楽しんでいそうに思えるのですが…。

「そんな!およしになって。」と口にしつつも、林檎のそばの暗がりに押し倒されるのを待っているんだろうなぁ…と、他人の意外な恋愛事情の一幕を覗き見してしまったような、気恥ずかしさに駆られました。

秘すれば、花なり

前置きが長くなってしまいましたが、香りについてお話ししたいと思います。

この香水のメインは百合の香りです。そこに林檎の香りと、栗の独特な甘い香りが加わります。

林檎の匂いと聞くと、爽やかで瑞々しいイメージを抱くかもしれませんが、「かんぬき」の中では違います。もっとパウダリーで、ほんのり塩気を含んだような林檎になっています。

決してずっしり重たい香りではないのですが、「上品な」というよりは、肌がまぐわうような情熱的な香りだと思います。

 

そんな訳で、結構色っぽい香りだと思うのです。でも、明からさまな”お色気ムンムン”の匂い(言い方よ)というわけではありません。

一見、軽やかで付けやすい匂いのなのですが、じっくり味わってみると、ちょっと「ドキッ」とさせるような香りになっています。(「塩っぽさ」や「栗の風味」が官能的な印象を加えているのかな~。)

「ほっほ~ん。これが『秘すれば花なり』なのですね、世阿弥さん。」と呟きが漏れてしまうような、想像を掻き立てられる香りだと思いました。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「アールフレグランス、一期無常 オードパルファン」とレイヤードしてみました。

腹部に一期無常を0.5プッシュ、内肘にかんぬきを1プッシュ。

 

付けて2、3分。これは…。久しぶりにやっちまったな、と悟りました。

一期無常のシックで格好良い苺の香りと、かんぬきの甘さ・爽やかさ・塩味が混じった林檎の香りが、絶妙に噛み合いません。

2つの香りが反発するようなら、それはそれで面白いレイヤードになるのですが、「合うようで合わない…」これが一番よろしくない

かんぬきと何を合わせようかな~と考えたときに、すぐに「苺!」というのが出てきたのですが、もっと可愛い感じの苺の香水を選べば良かったのかもしれません。

 

後半では、一期無常の苺の香りが和らぎ、代わりに重くダークな甘さが出てきます。

すると、それと反比例するようにかんぬきの香りが爽やかに感じられてきました。この対比的な部分はなかなか良かったと思います。

全体的に、あまり良いレイヤードとはいきませんでした。もう少し軽やかな香りと合わせた方が、相性が良さそうです。

まとめ

今回は「ビュリー、かんぬき オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

かんぬきは、百合の甘く華やかな香りに、林檎と栗を加えた香水です。

ずっしり重たい香りではないのですが、ほんのり帯びた塩気や栗の独特な風味に、時々「ドキッ」とさせられるような”艶”を含んでいますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「林檎を含む香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ピオニー&ブラッシュ スエード コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。ピオニー&ブラッシュスエードは、フルーツやお花の甘い匂いの香水です。お化粧品[…]

ジョーマローン ピオニー&ブラッシュスエード、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ ウララ オードトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。ウララは、フルーツの香りと軽いフローラルの匂いが組み合わさった、シャンプーのような香りの香水です。躍動的でみずみ[…]

コスメデコルテ キモノ ウララ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『かんぬき』」https://www.buly1803.com/jp/louvre/25742-eau-triple-le-verrou.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー