【シロ 抹茶(マッチャ) オードパルファン】香水レビュー

今回は「SHIRO(シロ)抹茶 オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。

マッチャは、飲み物の「冷たい緑茶」の香りがします。

途中でベビーパウダーっぽさやムスクの甘さも出てきますが、緑茶の香りが主軸にずっとあるので、最後まで爽やかに付けやすい香りになっています。

当ページでは、マッチャの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・シロ、マッチャの香りについて詳しく知りたい

・緑茶の香りが好きだ!

・夏にもさっぱりと付けやすい香りを探している

SHIRO(シロ)/抹茶(マッチャ)オードパルファン

香水の基本情報

タイトル:MATCHA(マッチャ オードパルファン)

ブランド:SHIRO(シロ)

香調:ティー、グリーンフローラル

調香師:ー

発表:2022年

【送料無料・抹茶・公式ショッパー付き】SHIRO(シロ)◆抹茶◆ オードパルファン【国内正規品】 香水 オードパルファン MATCHA EAU DE PARFUM

価格:5,280円
(2022/11/8 06:03時点)

トップノート:ゆず、レモン、グリーンノート

ミドルノート:ローズ、ジャスミン、スミレ、すずらん

ラストノート:ムスク、アンバー、シダーウッド

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

シロ 抹茶(マッチャ)、香水イメージチャート

緑茶からパウダリーに変化、最後はムスク

トップノート:緑茶の香り(10分)

グリーンシトラスの爽やかな香りからスタート。

付けたところを直接嗅ぐと「シトラス」の香りなのだが、体全体から立ち上る香りは「緑茶」の匂いになっている。

グリーンティーの香調の香水ではなく、飲料としての緑茶の方が香りのイメージに近い。

ただし、急須で入れたお茶ではなく、ペットボトルのお茶の匂いになっている。ビタミンCが添加されていそうな香りだ。

ミドルノート:パウダリーな甘さ(40分)

次第に軽やかなお花の香りが出てくる。それに加え、ベビーパウダーのような粉っぽさや甘みも出てきた。

花の中ではローズ、スズラン辺りが中心になっていそうだけど、その輪郭ははっきりしない。

トップからある「緑茶」もまだ感じられるが、香水のグリーンティー系に傾いてきて、はっきりとした「緑茶」の匂いからは遠ざかったように思う。

ラストノート:ムスクの香り(2時間)

全体的に香りが柔らかくなり、ムスクの香りが主体となってドライダウンを迎える。ベビーパウダーの甘みが、そのままムスクに移行した感じだ。

しっかり香りを吸い込むと、トップから続く「緑茶」の匂いも残っている。

全体的に爽やかな香りが続いた。途中から甘さも出てくるが、緑茶の香りが軸であり続けるので、さっぱりと楽しめると思う。

「シロ/抹茶(マッチャ)」の感想/口コミ

「抹茶」というよりは「緑茶」の香水

日本のブランドSHIROから、2022年に登場した「MATCHA(マッチャ)」の香り。その名の示す通り、「抹茶」の香りをテーマとした香水です。

 

私は抹茶の香りには、緑茶の匂いに「新しい畳」「甘み」「濁り」を加えたようなイメージを抱いています。

でもこちらの香水では「甘み」や「パウダリーさ」はあるものの、抹茶のイメージよりはスッキリしているようです。

なので「抹茶」というよりは、「緑茶」の香りの方が近いのではないかと思いました。

 

ただ緑茶と言っても、香水でよくある”グリーンティー”の香りになっているわけではありません。私達のよく知る飲み物としての”緑茶”の匂いになっています。

また、茶葉を急須に入れて注いだ温かいお茶ではなく、ペットボトルの冷たいお茶、しかも濁りがあるような深緑色の本格的なものではなく、黄色味の強いクリアな緑茶です。

そんなゴクゴク飲めるような「緑茶」の匂いがこの香水の中心となり、香りが展開されて行きます。

夏に似合う「お茶」の香り

さて、マッチャの香りを身に纏ってみます。まずはシトラスと緑茶の匂いが広がります。

シトラスには柚子とレモンが使われているということですが、一つ一つの香りはよく分かりません。ざっくりと「シトラスの匂い」という感じ。

むしろペットボトルの緑茶に添加されているような「ビタミンC」の酸っぱさにも思えてきます。

この辺りが最も「ペットボトル緑茶」のイメージに近い香りです。

 

その後はパウダリーな甘い要素が出てきます。

抹茶の持つ「甘み」や「粉っぽさ」を表現したのかなぁと思いますが、お抹茶自体の持つ甘みや濁り感とは少し違うように感じました。

ただ、コーヒーショップなどで頂く「アイスマッチャラテ」の香りには、割と近いと思います。

 

シロの香りらしく、さっぱり軽快で非常に付けやすいです。

他にも「ホワイトティー(レモンティー系の香り)」、「アールグレイティー(フルーツティー系の香り)」とティー系の香りを出していますが、それらよりもマッチャは更にさっぱりしています。

途中パウダリーになったり、最後のあたりではムスクの甘さも出てきますが、主軸の「緑茶」は消えずにラストまで残ってくれるので、爽やかな印象のまま香りが続きました。

 

持続時間も3時間程なので、気軽に使えると思います(お値段的にも!)。

夏の暑い時期にぴったりな、アイスグリーンティーの香り。

限定販売の香りとして登場したのですが、レギュラー販売しないかなぁ(というかオードパルファンのレギュラー商品もっと増やして欲しいなぁ~)と思う香りでした。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「フエギア、ショコアトル(Ⅰ-ⅩⅩⅡ) パルファン」とレイヤードしてみました。

腹部にショコアトルを0.5プッシュ、内肘にマッチャを0.5プッシュ。

 

マッチャを付けた時に「あっ。これはショコアトルと絶対合うな」とピンと来ました!

緑茶の香りなので、「お菓子のような香りはどうかな?」とか「ジャスミンを足してジャスミンティーにするのはどうかな?」というのも考えたのですが、ファーストインプレッションを大事にしてショコアトルと。

 

付けはじめは、ショコアトルのサロンパスのような香りと爽やかな緑茶の香りが合わさって、ちょっと漢方っぽい匂いになっています。養命酒みたい。

次第にショコアトルの方はくぐもったパイナップルに、マッチャの方はパウダリー+緑茶に変化していきます。

するとここで「抹茶」っぽい匂いになっている!?

 

ショコアトルの暗い香りが香りに”濁り”を加えてくれて、抹茶感が出てくるようです。なるほと、ピンと来たのはこれがしたかったのねと納得。

「抹茶感」を出したい時に、おすすめのレイヤードです。

まとめ

今回は「シロ、抹茶(マッチャ) オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

マッチャは、冷たい緑茶のような爽やかな香り。

途中で香水の”グリーンティー”感にも傾いていきますが、基本的には飲み物の「緑茶」の匂いに近いです。

ミドル以降ではパウダリーさやムスキーな甘さも出てきつつも、最後までさっぱりと使いやすい香りになっていると思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「お茶系の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)アールグレー&キューカンバー コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。アールグレー&キューカンバーは、香り高いアールグレーティーそのものの匂いが楽しめる香水です。[…]

ジョーマローン アールグレー&キューカンバー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール テ カシミア オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 テカシミアは、爽やかさと優しく丸みを帯びた「お茶」の香り。個人的には[…]

メゾンクリスチャンディオール テカシミア、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:SHIRO公式ホームページ「抹茶 オードパルファン」https://shiro-shiro.jp/item/12688.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー