【シロ】キンモクセイの香水レビュー|金木犀ふにゃり

今回は「SHIRO(シロ)キンモクセイ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

キンモクセイは、「オレンジ+金木犀」からオレンジ系の香りが薄れていって「金木犀が残る」といった形の、シンプルなオスマンサス香水です。

お手頃価格の香水ですが、後半の金木犀の香りは再現性に優れていると思います。

 

当ページでは、キンモクセイの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・シロ、キンモクセイの香りについて詳しく知りたい

・金木犀そのものの香りが好き

・複雑なものより、シンプルな香りが好き

SHIRO(シロ)キンモクセイとは?

香水の基本情報

タイトル:KINMOKUSEI(キンモクセイ オードパルファン)

ブランド:SHIRO(シロ)

香調:シトラス、フローラル

調香師:ー

発表:2018年

   -AD-

キンモクセイ オードパルファン(箱なし)1本(40ml) shiro 香水 シロ

トップノート:キンモクセイ、ベルガモット

ミドルノート:キンモクセイ

ラストノート:ウッディー、ムスク

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【SHIRO・シロ】キンモクセイ/オードパルファン、香水イメージチャート

キンモクセイって、どんな香り?

【SHIRO(シロ)キンモクセイ・オードパルファン】香水レビュー

トップノート:オレンジ果汁に少しの金木犀(30分)

トップノートは、シトラスが主役。

ベルガモットの苦みは僅かで、むしろオレンジ果汁のような甘いシトラスに思える。

キンモクセイの花の甘い香りも混じっているようだが、シトラスの酸味が効いていて「キンモクセイそのもの!」にはなっていない。

ミドルノート:シトラスは弱くなっていく(1時間)

オレンジ系の強いシトラスがマイルドになってきたら、ミドルに入る。

シトラスノートは弱くはなったが、まだ酸味はしっかりと残っており、「金木犀そのもの」とはやはりちょっと違う。

オレンジジュースの中に、金木犀の花を浮かべたようなイメージが浮かんだ。

ミドルに入ってさらに40分程すると、酸味が和らぎ”金木犀らしさ”が増してくる。

ラストノート:金木犀の生花のよう(3.5時間)

酸味がかなり控えめになって、甘酸っぱいフローラルに変化してくる。

香りを深く吸い込むと多少”花粉っぽい”感じもあり、ラストノートが最も金木犀の生花の匂いに近いようだ。

 

「清潔感!!」とグイグイ主張してくるようなムスクではないが、多少シャンプーっぽい香りになっているようにも思える。

最も長く肌に残るのは、このムスクの香りだった。

ウッディーさは最後まで出てこないまま、フェイドアウトしていった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

SHIRO シロ キンモクセイ オードパルファン 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース メンズ ユニセックス 30プッシュ 送料無料

シロ/キンモクセイの解説と感想

シンプルなオスマンサス香水

2018年にSHIRO(シロ)より登場した、「KINMOKUSEI(キンモクセイ)」の香り。

元々、秋限定の香りとして毎年発売されていたのですが、2022年から定番商品になりました。

 

名前が示している通り、この香水の主役は「金木犀(きんもくせい/オスマンサス)」の香りです。

ブランドの説明を見ると「キンモクセイ+ほろ苦いシトラス」→「キンモクセイ」→「ウッディーで落ち着いた香り」という構成になっているようですね。

しかし私には、「オレンジ+ちょっとだけキンモクセイ」→「キンモクセイが残る」という香りの変化に思えました。

 

ですので、「複雑さ」や「驚き」のある香水ではありません。

どちらかというと「シンプル」で「分かりやすい」オスマンサス香水になっているように思います。

ラスト、金木犀の再現性が高い

さて、キンモクセイの香りを肌に一噴き。

まずはオレンジ果汁のようなシトラスが中心となっており、それが1時間~1.5時間程かけて弱まっていきます。

するとその向こうにあった金木犀が前面に出てきて、金木犀の生花のような香りで終わるという流れになっています。

ですので香りの展開に「面白さ」や「奥深さ」を求める人には、少々物足りなく感じるかもしれません。

 

しかし、この香水にももちろん素晴らしい点はあります。

それは「金木犀の香りの再現性の高さ」だと思います。

 

トップ~ミドルにかけてはシトラスの酸味も強く、「金木犀そのもの」という香りではありません。

ところが、この酸味が抜けたラストノートの辺りは、思わず笑ってしまうくらいに「これは、まさに金木犀!」という香りがするのです。

 

淡いアプリコットのような甘さ。

そして深く香りを吸い込んだ時に感じられる”花粉っぽさ”は、金木犀の花に鼻をくっつけて嗅いでいるかのようです。

あの何とも言えない、”ふにゃっ”とした甘い花の香りがするのです。

 

ただやはり、オスマンサス香水で感じがちな”芳香剤っぽさ”はありましたし(特にミドル前半)、「シャンプーっぽいな」と思う部分もありました(特にラスト)。

キンモクセイは「複雑なものよりシンプルな香りが好き」「生花の金木犀そのものの香りが好き」「シャンプー系の可愛い甘さも好き」と言う方におすすめの香水です。

まとめ

今回は「シロ、キンモクセイ オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

キンモクセイは、オレンジ系のシトラスから金木犀の生花のような香りへと変化していく香水です。

シンプルで、使いやすさのあるオスマンサス香水かと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「シンプルな金木犀の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ソネット オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ソネットは、甘いオレンジ果汁の香りから始まり、それがグラデーション的に金木犀へと変[…]

【パルファン サトリ】ソネット/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:SHIRO公式ホームページ「キンモクセイ オードパルファン」https://shiro-shiro.jp/item/12576.html

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!