【パルファンサトリ/Hyouge(ひょうげ)】香水レビュー

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ひょうげ オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

ひょうげは、渋さや苦みを含んだ「煎茶」の茶葉を嗅いでいるような香り。

静かで落ち着いたトーン。織部焼のような濃緑色や黒檀色をイメージさせる「和モダン」な香りです。

 

当ページでは、ひょうげの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンサトリ、ひょうげの香りについて詳しく知りたい

・緑茶の香りが好き

・「和モダン」なものが好き

PARFUM SATORI(パルファン サトリ)Hyouge(ひょうげ)/オードパルファン

香水の基本情報

タイトル:Hyouge Eau de parfum(ヒョウゲ オードパルファン)

ブランド:PARFUM SATORI(パルファンサトリ)

香調:ティー、ハーバル

調香師:サトリ・オオサワ(大沢さとり)

発表:2008年

トップノート:グリーンリーフ、セージ

ミドルノート:ジャスミン、バイオレット、パチョリ

ラストノート:ウッディーノート、アイリス

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4~4.5時間程度

放香性:★☆☆☆☆+ とても弱い~弱い

【パルファンサトリ】ひょうげ/オードパルファム、香水イメージチャート

終始「緑茶」の香り、ロートーンの香水

【パルファンサトリ/Hyouge(ひょうげ)】香水レビュー

トップノート:冷んやりしたグリーンハーバル(40分)

グリーンでハーバルな香りから始まる。

日陰の水辺に居るような、ひんやりとした温度感と湿度の高さがある。

甘さはほとんどなく、静かで落ち着いたトーン。

香り立ちもかなり穏やかで、付けたてで外出できそうなくらい肌馴染みも良かった。

ミドルノート:透明感のあるフローラルが加わる(1時間)

トップからミドルへの変化は穏やかだが、香りにふんわり甘さを纏うようになる。

香調的にはフローラルに変化するわけではなく、トップのグリーンハーバルが続く。

静かで陰のあるイメージもそのままだが、そこに「優しさ」も加わったようだ。

花の香りはジャスミンが中心かと思うが、ジャスミンというよりは「ミュゲ」や「ヘディオン」のようなすっきり透明感のあるフローラルに感じた。

ラストノート:淡く香る「緑茶」(2.5時間)

ミドルからラストへの香りの変化も穏やか。

香りにパウダリーさが加わり、香り立ちが一層淡くなってドライダウンに向かう。

ここまで来ると付けたあたりを直接嗅がないと全然香ってこない。

(私の肌との相性の問題かもしれないけど…。)

 

最初から最後まで「緑茶の香り」が続いた。

拡散力も持続力も少なめで、一年を通してTPO問わず使いやすい香りだと思う。

「パルファンサトリ/ひょうげ」の感想/口コミ

古田織部へのオマージュ、「ひょうげ」という香水

2008年に登場したパルファンサトリ「Hyouge(ひょうげ)」の香りは、16世紀の茶人「古田織部」へのオマージュ。

(元々「Oribe(おりべ)」という名前でしたが、2019年に改名されました。香りは変更されていません。)

 

古田織部(1543~1615)は、尾張出身の武将茶人で、千利休に師事した人物です。

秀吉~徳川秀忠の時代に茶の湯を発展させました。

また、その時代においてはかなり斬新な「歪んだ形状」や「大胆な文様」を施した織部焼を生み出した人物でもあります。

 

「ひょうげ」と言う名は、そんな突出した個性を持つ”ひょうげもの(へうげもの)”(=「おどけた言動をする人、ふざけた人物」の意)たる古田織部のような、唯一無二の香りという意味なんだとか。

 

ほろ苦い抹茶のグリーンとふわっとした泡立ち。すっきりと立つ個性的な香りのあとには、あたたかくパウダリーな甘さが残ります。他に類のない香りに、古田織部の粋(いき)を重ねて「ひょうげ」と名付けました。

ーパルファンサトリ公式HPより

「抹茶」というより「煎茶」の茶葉の香り

さて、ひょうげを肌に纏います。

ブランドとしては抹茶の香りとのことですが、私は苦みや渋みもしっかり含んだ「煎茶」の香りに近いなと思いました。

しかもお茶として抽出されたものではなく、茶葉を直接嗅いでいるような匂いです。

 

あまりルームフレグランスの類は使わないのですが、臭い消しの効果も期待して茶香炉でお茶を焚くことがあります。

ひょうげの香りはその焚き始め、茶葉が温まって香りを放ち始めた頃の匂いを思わせます。

(ちなみに茶香炉で焚いていると「緑茶」から「ほうじ茶」の香りへと変化していきますよ。)

 

それは風も音もない、凪いだ水面に一滴垂らし、ゆったり広がる波紋のように穏やかな香りです。

甘さもありますが、「抹茶」のものというよりは「水の甘さ」のように感じました。

『山中の黒い岩肌から静かに湧き出る水と、それを滴らせるモコモコとした緑色の苔』を思い浮かべます。

 

個人的には香りに”ひょうげもの”という程の強烈な個性は感じないのですが、織部焼のような濃緑色や黒檀色をイメージさせ、「和モダン」な印象を受ける香水となっています。

まとめ

今回は「パルファンサトリ/ひょうげ オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ひょうげは、苦みや渋みも含んだ「煎茶」の葉のような香り。

香りの拡散性や持続性は控えめで、香調的にもTPO問わず使いやすい香水かと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「お茶の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール テ カシミア オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 テカシミアは、爽やかさと優しく丸みを帯びた「お茶」の香り。個人的には[…]

メゾンクリスチャンディオール テカシミア、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「SHIRO(シロ)抹茶 オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 マッチャは、飲み物の「冷たい緑茶」の香りがします。途中でベビーパウダーっぽさやムスクの甘さも出てきますが、緑茶の[…]

シロ 抹茶(マッチャ)、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:

PARFUM SATORI公式ホームページ「ひょうげ -Hyouge-」https://parfum-satori.com/?pid=16537666

古田織部美術館ホームページ「古田織部美術館について」http://www.furutaoribe-museum.com/about.html#pageLink03

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー