【KILIAN(キリアン)グッドガールゴーンバッド】香水レビュー

今回は「Kilian(キリアン)グッドガール ゴーンバッド オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

グッドガールゴーンバッドは、可愛らしいフルーティーさから妖艶なフローラルへと”変身”する香りです。

ジューシーで甘い香りからオスマンサスのフルーティー・フローラルを経て、官能的なホワイトフローラルへと変化していきます。

 

当ページでは、グッドガールゴーンバッドの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・キリアン、グッドガールゴーンバッドの香りについて詳しく知りたい

・ジューシーで甘いフルーツ系の香りが好き

・華やかさや色気を感じる花の香りが好き

Kilian(キリアン)グッド ガール ゴーン バッド/オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Good Girl Gone Bad Eau de parfum(グッド ガール ゴーン バッド オードパルファム)

ブランド:Kilian(キリアン)

香調:フルーティー、フローラル

調香師:アルベルト・モリヤス

発表:2012年

キリアン グッド ガール ゴーン バッド オードパルファム 50ML KILIAN GOOD GIRL GONE BAD EDP [8197]

トップノート:オスマンサス、メイローズ、オレンジブロッサム

ミドルノート:ジャスミン、チューベローズ、ナルシス

ラストノート:アンバー、シダー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:6時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【キリアン】グッドガールゴーンバッド・GGGB/オードパルファム、香水イメージチャート

アプリコット系の甘いフルーティーから、官能的なホワイトフローラルへ

トップノート:キャンディー様のジューシーなフルーツ(40分)

甘くフルーティーな香りから始まる。

フルーツキャンディー系の甘酸っぱさ、キュートな香りだ。

10分程すると、アプリコットのようなジューシーでとろみのある果物の香りが、フローラルへとグラデーション的に変化していく。

フルーティーフローラルなオスマンサスがあることで、フルーティーともフローラルともつかない香りになっている。

ミドルノート:ホワイトフローラルがメインに(2時間)

バランス的にフルーティー<フローラルに傾いてくる。

ホワイトフローラルの甘さがメインで、そこに明るく瑞々しいローズと、トップから香るジューシーなアプリコット様のフルーティーが重なる。

トップでは”キャンディー”のような可愛らしい雰囲気だったが、この辺りから官能性を帯びた香りにイメージチェンジしていく。

ラストノート:ミドルの残香+軽いウッディー(3.5時間)

香りに影が差していって、ラストノートを迎える。

ミドルまで続いたフルーティーさは僅かな酸味を残すのみ。

ホワイトフローラルの甘さも鳴りを潜める。

ここではそういったミドルまでのフルーティー・フローラルの残香と、軽いウッディーさが合わさって香る。

 

ミドルまでは強めの香り立ちだが、ラストまで至るとマイルドな印象だ。

甘さも強いがそこまで重くはなく、真夏以外は綺麗に香ってくれると思う。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

Kilian キリアン グッド ガール ゴーン バッド オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 メンズ レディース ユニセックス 30プッシュ 送料無料

「キリアン/グッドガールゴーンバッド(GGGB)」の感想/口コミ

GGGB「By Kilian」

2012年に「In the Garden of Good and Evil(善悪の園で)ーエデンの園で紡がれるアダムとイブの物語ー」シリーズの1作として登場した、「Good Girl Gone Bad(グッドガールゴーンバッド)」の香り。

現在は「THE NARCOTICS(ザ ナーコティック)」コレクションの中の1本として販売されています。

 

この香水のテーマは「良家の子女が”悪い子”に変身する」香りです。

キリアンらしいですね~。

香水タイトルは「Good Girl Gone Bad」だけなのですが、公式サイトではこの香水だけタイトルのうしろに「By Kilian(キリアンによって)」と書かれているんです。

(元々「Kilian Paris」は「By Kilian」という名でした。)

 

つまり、「良い子たちも、俺(この香水)の手で悪い子にしてやるよ」と言い放っているんでしょうね!

さすがキリアン様…。

世界で一番、ボタンを開けたシャツが似合う男…。

歯の浮くようなセリフも、彼なら様になりますね。

背伸びをした「悪い子」

さて、香りについて。

この香水はジューシーで甘いアプリコット系のフルーティーからスタートします。

キャンディーのような甘酸っぱさがあり、キュートであどけない印象です。

 

そこからジワジワとフローラルの要素が強まっていき、ミドルではホワイトフローラルを中心に展開していきます。

すると先ほどまでの幼さは消え、代わりに扇情的な甘さに転身するのです。

香水名に引っ張られている部分も大きいですが、見事に「Good girl」が「Gone bad」しているのを感じます。

 

ただ、個人的には「悪い子」の香りというより「悪い子になりきれない”良い子”」の香りといったイメージです。

最後までフルーティーな甘酸っぱさは残り、どこか背伸びした色っぽさに感じます。

「ハイヒールを履いてみたものの、靴擦れしちゃった子」みたい。

まだまだ可愛いな~という気持ちになる香りです。

 

私としては同じキリアンの人気作の中でも「Love,don’t be shy」の方が、どちらかというと「悪い子」のイメージに近いかな。

関連記事

今回は「Kilian(キリアン)ラブ,ドントビーシャイ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。 ラブ ドントビーシャイは、華やかなホワイトフローラルとマシュマロ・バニラ系の強い甘さが重なる香水[…]

【キリアン】ラブ ドントビーシャイ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

こちらはマシュマロのような甘さと濃厚なフローラルの香りですが、「可愛い顔して人をたぶらかす」ような悪い子のイメージにぴったりです。

まとめ

今回は「キリアン/グッドガールゴーンバッド オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

グッドガールゴーンバッドは、「良い子」が「悪い子」に変身するための香水です。

オスマンサスの香りが、見事に「フルーティー」と「フローラル」の橋渡しをしてくれていますよ!

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「華やかな花の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)テュベルーズ ニュ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。テュベルーズ ニュは、ジットリと濃厚で「ありのままのチューベローズ」を表現した香水です。どこか人間味にあ[…]

トムフォード テュベルーズ ニュ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)ミロのヴィーナス オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。ミロのヴィーナスは、強い甘みのあるホワイトフローラルが香[…]

ビュリー ミロのヴィーナス、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:Kilian公式ホームページ「Good girl gone Bad by Kilian」https://www.bykilian.com/product/19797/52759/perfume/good-girl-gone-bad-by-kilian/the-narcotics#/sku/115028

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー