【HERMETICA(エルメティカ)パチョライト】香水レビュー

今回は「HERMETICA(エルメティカ)パチョライト オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

パチョライトは、ローズヒップのような甘酸っぱい香りや石けん調の明るいフローラルと、湿り気を帯びたパチョリの香りがコントラスト豊かに香ります。

パチョリが苦手…と言う方にも、割と親しみやすい香りですよ。

 

当ページでは、パチョライトの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメティカ、パチョライトの香りについて詳しく知りたい

・パチョリの香りが好き

・明るい香り、暗い香りのコントラストが効いた香水を探している

HERMETICA(エルメティカ)パチョライト オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:PATCHOULIGHT(パチョライト オーデパルファム)

ブランド:HERMETICA(エルメティカ)

香調:ウッディー

調香師:フィリップ・パパレラ

発表:2018年

エルメティカ パチョライト オードパルファン 50ml【Hermetica Patchoulight EDP 50ml】

シングルノート:パチョリ、レモン、ローズ、バイオレット、アイリス

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【エルメティカ】パチョライト/オードパルファム、香水イメージチャート

爽やかで明るい香りと暗いパチョリのコントラスト

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:ローズヒップのような爽やかさとパチョリ(10分)

柔らかいパチョリの香りからスタートする。

パチョリと言えばカビや墨汁のようなジメジメした香りというイメージもあるけれど、ここではそのように暗い香りにはなっていない。

どうやらローズとレモンの酸味が合わさって「ローズヒップ(薔薇の実)」のような甘酸っぱい香りとなり、それがパチョリを明るく爽やかな方向へ導いているようだ。

ミドルノート:石けん様フローラルとパチョリ(1時間10分)

ローズヒップ系の甘酸っぱさは控えめになり、石けん様のフローラルが香りの中心となる。

でも単調にはならず、香りは複雑だ。

石けん様の明るいフローラルのベースにはパチョリがある。

純ココアパウダーのような苦くこもった感じのするパチョリ、これがあるお陰で、石けん調の香りであってもしっとり落ち着いた匂いになっている。

ラストノート:パチョリが残る(3時間)

ローズヒップのような爽やかさも石けん様の明るい香りも消え、ただパチョリが残る

むわっとした湿度の高さは感じるものの、陰気で暗い匂いではないようだ。

やはりここでもココアパウダー様のパチョリの香りになっていると思う。

全く甘くないココアパウダーに、塩を一つまみ加えたような匂いだ。

 

付け始めから1時間半くらいまでは割と香り立ちも強めだったが、ここに来てガクンと拡散力が減ったように思う。

パチョリは主張の強い香料の一つだが、パチョリがメインの香水の中では付けやすい一本だと感じた。

「エルメティカ/パチョライト」の感想/口コミ

「パチョリ」が主役の香水

ブランド創設と同じ、2018年に登場した「PATCHOULIGHT(パチョライト)」の香り。

発売当初は「The door(ザ ドア)」(=ウッディー系の香り)に属していましたが、コレクション名が変更となり、現在は「WOODY BOW(ウッディー ボウ)」の中の一作となっています。

 

タイトルの示す通り、この香水の主役は「パチョリ」の香りです。

パチョリと言えば「カビ」「墨汁」「ナッツ」「ココア」などの香りに似ていると表現されることが多く、湿度の高いジメジメした香りが特徴のウッディーノート。

パチョリがベースに使われていると、香りに深みをもたらし、華やかさを一層引き立てるような香り方をするものが多いと思います。

 

そんなパチョリを主役に据えた「パチョライト」。

私はあまりパチョリが得意ではないため、この香水を初めて試す前も「苦手っぽいよなぁ」と覚悟していました。

ところが…。

これが、良い方向に裏切られるのです。

パチョリの魅力を最大限に引き出して

まずこの香水では、主役でありながらパチョリがあまり激しく主張してきません

「私が主役だ!どけどけー!」と他の香りを脇に追いやることなく、香り全体を下支えしています。

やっぱりこのような「縁の下の力持ち」的なポジションが、パチョリの魅力を最大限に引き出してくれる場所なのかもしれないな…と思いました。

パチョリが、他の香りの引き立て役になっている形です。

 

最初の方は、パチョリの上にローズヒップのような爽やかさとフルーティーさが乗っています。

想定外の明るいパチョリの香りが出てきて、この香水は「うっとり」ではなく「びっくり」から始まるのです。

 

パチョリの香りに「純ココアパウダー」のような深みが出てくる頃には、上に乗っている部分が「ローズヒップ」から「石けん調フローラル」にバトンタッチ。

暗いパチョリ⇔明るい石けん、大人びたパチョリ⇔可憐な石けん、このような形でお互いに香りの糸をピンと張らせて、丁度良い所で釣り合いを取っている、やじろべえのようなイメージが頭に浮かびました。

 

それらの明るい香りが消え去ると、パチョリだけが残ります。

ここでもやはりパチョリ特有の暗さは少ないようで、パチョリが苦手な私でも付けやすい香りでした。

 

このように、一貫してパチョリを感じながらも、上手に脇役に回って香っています。

「パチョリが大好き!」という方には物足りないかもしれませんが、「パチョリが苦手…」という方でも親しみやすい香水になっていると思います。

まとめ

今回は「エルメティカ/パチョライト オーデパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

パチョライトは、パチョリが”主役”でありながら、全体の香りを下支えする”脇役”でもある香り。

ローズヒップのような甘酸っぱさや石けんのような明るい香りを伴っているので、パチョリが苦手な方でも割と親しみやすいのではないかと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「パチョリの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「diptyque(ディプティック)テンポ オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。テンポは、ココア・ナッツ・墨汁…といった、パチョリ特有の匂いにしっかり触れられる香水。男女ともに付けやすい香調で、[…]

ディプティック テンポ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「NISHANE(ニシャネ)カラギョズ エキストレ ド パルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。 カラギョズは、ジューシーなパイナップルから始まり、だんだん落ち着いた木の香りへとトーンダウンして[…]

【ニシャネ】カラギョズ/エキストレドパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:HERMETICA公式ホームページ「PATCHOULIGHT」https://hermetica.com/products/patchoulight

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー