【ディプティック テンポ】香水レビュー『渋いチョコレート』

今回は「diptyque(ディプティック)テンポ オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。

テンポは、ココア・ナッツ・墨汁…といった、パチョリ特有の匂いにしっかり触れられる香水。

男女ともに付けやすい香調で、レイヤードにちょこっと使うのにも合わせやすいフレグランスです。

当ページでは、テンポの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ディプティック、テンポの香りについて詳しく知りたい

・パチョリの香りが好きだ!

・ココアや、チョコレートのような香りの香水を探している

Diptyque(ディプティック)テンポ オードパルファン

香水の基本情報

タイトル:TEMPO(テンポ オードパルファン)

ブランド:Diptyque(ディプティック)

香調:ウッディー、オリエンタル

調香師:オリヴィエ・ペシュー

発表:2018年

ディプティック DIPTYQUEオードパルファンテンポ 75ml[ 香水・フレグランス ]☆新入荷09

シングルノート:パチュリ、マテ茶、クラリセージ、バイオレットリーフ、ピンクペッパー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

ディプティック テンポ、香水イメージチャート

ココア、ナッツ、土…。パチョリ特有の香り

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:ココアパウダーの香り(30分)

付けたてはココアのような、そしてナッツのような香りがする。

パチョリ特有のちょっとカビっぽいというか、湿っぽい香りもあり、「開封したけど使わずしまっておいた、純ココアパウダー」といった香りだ。

純粋に「良い匂い!!」とはならないけれど、このジメっとした湿度の高い香りを嗅ぐと、何故かホッとしてしまう。

ミドルノート:パチョリがはっきりしてくる(1.5時間)

だんだんパチョリの輪郭がはっきりしてきて、塩っぽさや土っぽさ、墨汁っぽさがしっかりわかるようになる。

まるで古い土蔵の中にいるような香りだ。

 

漠然と「ナッツ」と思っていた部分は、どうやらアーモンドのようだ、と分かる。トンカ豆のような風味はなく、渋ーいアーモンドだ。

私は元々の肌質として少し甘く香りが出やすいのだが、私の肌ではフワっと甘さも感じた。

でもこの甘みは人によってかなり強く出る人と、全く出ずに渋い感じで終わる人と差が大きそうだな、と思った。

ラストノート:肌に溶け込むように(3時間)

その後は、香調はそのままに香りがマイルドになり、ドライダウンに向かっていく。

それは、コットンのシーツが洗うたびに柔らかく、吸水が良くなるように、香りも揉み解されて肌の香りと一体化していくような変化だった。

 

最後の方でトイレ掃除をして、レモングラスの精油と香りが混じっちゃったのだが、レモングラスの香りの爽やかさと、パチョリのジメジメした香りの対比が、大変よかった。

最初のココアパウダーの香りは大好きだったので単品で使っても良いのだけど、レイヤードにとても使い勝手が良い香水だと思った。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

ディプティック diptyque オードパルファン テンポ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ レディース ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:810円
(2022/11/9 19:05時点)

「ディプティック/テンポ オードパルファン」の感想/口コミ

60年代を想起させる、パチョリの香水

「テンポ」は、ディプティックがフレグランス販売50周年を記念して、「フルール ドゥ ポー」とともに発売した香り。

ディプティックの創業は1961年のことで、そのころ大注目されたのが「パチュリ(パチョリ)」という香料です。

そして、60年代を想起させる香水として、パチョリの香りの”TEMPO”が生み出されたというわけ。

 

パチョリはすごく不思議な香りです。

ココアやナッツのような風味豊かな香りだったり、墨汁やカビ、土、コケなど、「単純に良い匂いというわけでもないのに、癖になっちゃう香り」だったりします。

「良いんだか悪いんだかよくわかんないけど、なんか好き!」という点では、発酵食品の香りと近いのではと思ってます。

 

発酵食品大国の日本では、この「クセになっちゃう香り」というのは受け入れられやすいのではないでしょうか。

個人的にパチョリは人生で時々受け付けない時期があったりして、好き嫌いの波が激しい香りでもあります。

渋い、アーモンドチョコレートの香り

さて、テンポを付けてみます。

最初はしっかりココアパウダーの香りがして、高級な、甘くない高カカオ濃度のチョコレートを口に含んだ時のようです。

次第に「あっ!このチョコ、ナッツ入りだ」と気付きます。

続いて、ナッツの種類はアーモンドであることがわかるのです。

 

子どもの頃から、アーモンドチョコレートをキャンディーのように口の中で溶かし、最後にアーモンドだけを食べるのが好きです。

(やらないですか?私だけかな…)

 

『アーモンドチョコレートのチョコの部分がなくなり、アーモンドが口に残る。

それを口の中で転がしていると、その皮の渋みが感じ取れる。』

この匂いに似ています。

この頃になると、カビっぽさやジメジメとした湿度の高さが際立ち、しっかりとパチョリの輪郭に触れることができます。

 

テンポはパチョリを前面に押し出した香水です。

普段はベースノートにひっそりと存在し、深みをもたらしてくれる香料ですが、テンポをまとえば、そんなパチョリの香りを存分に味わうことができますよ。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「シャネル、チャンス オータンドゥル オードゥトワレット」とレイヤードしてみました。

テンポを腹部に0.5プッシュ、オータンドゥルを内肘に0.5プッシュ。

 

オータンドゥルの、明るくジューシーな香りに、テンポのしっとり感を重ねたくて選んでみました。

テンポの方が強いだろうなぁと思っていたけれど、実際付けてみるとオータンドゥルのジューシーさが勝っていました。

甘いあんこに塩が入っているように、甘くジューシーなオータンドゥルに、渋いパチョリが一さじ加わって、甘みが際立つような感じがします。

 

パチョリの土っぽいジメジメした感じが苦手な人は、オータンドゥルのような爽やかで可愛らしく、明るい香りとレイヤードすると付けやすくなると思います。

逆にテンポのじっとりとした香りを強く感じたい時は、ウッディーで渋い香りと合わせても良さそうだと感じました。

 

後半は、やはりテンポの方がぐんぐん強くなってきます。

それでもオータンドゥル相手だと、明るさを失わない香りなので、パチョリが苦手な人でも付けやすくなるような組み合わせとなりました。

まとめ

今回は「ディプティック テンポ オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

テンポは60年代を感じさせる、パチョリ全開の香り。

色んな香水に登場するパチョリですが、シンプルにパチョリがしっかり香るというのも面白く、また、レイヤードにも使いやすいフレグランスです。

カカオ豆のような渋みと甘みは、男性、女性ともに似合う香りかと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「パチョリの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「FREDERIC MALLE(フレデリック マル)ポートレイトオブアレディ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ポートレイトオブアレディは、パチョリがしっかりと効いたスパイシーなローズの香水です。[…]

フレデリックマル ポートレイトオブアレディ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ローズプリック オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ローズプリックは、チョコレートのような濃厚な甘さを含んだローズ香が特徴的な香水です。パウダリーで可愛らしい甘[…]

トムフォード ローズプリック、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:Diptyque公式ホームページ「オードパルファン テンポ」https://www.diptyqueparis.com/ja_jp/p/tempo-eau-de-parfum-75ml.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー