【ディプティック オーローズ】香水レビュー『湯上りローズ』

今回は「Diptyque(ディプティック)オーローズ オードトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。

オーローズは一言でいうと、お風呂上りのような香りのバラ香水。前半はフルーツティーのような軽やかさ、後半は石けんのような柔らかい甘さに変化していきます。

当ページでは、オーローズの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ディプティック、オーローズの香りについて詳しく知りたい

・TPO問わず使いやすい香水を探している

・軽やかで、キラキラした雰囲気のバラ香水が欲しい

Diptyque(ディプティック)オー ローズ オードトワレ

香水の基本情報

タイトル:Eau Rose(オードトワレ オー ローズ)

ブランド:Diptyque(ディプティック)

香調:ライトフローラル

調香師:ー

発表:2012年

ディプティック オーローズ オードトワレ 50ml DIPTYQUE EAU ROSE EDT [9125/5652]

トップノート:ベルガモット、ブラックカラント、ライチ

ミドルノート:ジャスミン、ゼラニウム、ダマスクローズ、センティフォリアローズ

ラストノート:ムスク、ヴァージニア・シダー、ホワイトハニー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5~5時間程度、ラストが細く長く香っている

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ディプティック オーローズ、香水イメージチャート

キラキラした、可憐なローズの香水

トップノート:フルーツティー様のローズ(20分)

付けたては、切ったばかりのバラのような爽やかな香りが広がる。すでにローズが前面に出てきた匂いになっており、フルーティな要素はほとんど感じない。

後ろの方で控えめに、ブラックカラントやライチの酸味とジューシーな甘みがあるようだ。でも最初から、あくまで「主役の香りはローズ」になっている。

 

ふと体を動かしたときに、フルーツっぽいジューシーな香りが漂ってくる。

他ブランドになってしまうが、例えばジョーマローン「レッドローズ コロン」と比べると、こちらの方が果実の甘みが強く、フルーツティーのような爽やさを含んだ香りだ。

ミドルノート:石けん調の可憐なバラ(1.5時間)

フルーツティー様の香りが抜けてきて、ローズとジャスミンのお花の香りになる。ゼラニウムの青さはほとんど感じないが、深く吸い込むように嗅ぐと感じることができる。

ローズの香りなのだけど生花っぽいバラではなく、”ローズ石けん”のような香りになっている。

 

また、ローズと同じくらいジャスミンの香りも主張が強い。

香り立ちは穏やかで、”ゴージャスなバラ”というよりは”可憐なバラ”といった印象の香水だと思う。

ラストノート:ムスクとハニーの甘さ(3時間)

ラストノートに入るとローズの香りというよりは、「石けん的な清潔感ある香り」になる。そしてホワイトムスクとハニーの甘さがしっかり残っている。

深く匂いを吸い込むとローズやシダーの透明感も感じられるけれど、それはほんの少しだけになっている。

 

「ローズ系の石けんを使った人のお風呂上り」といった印象の香りで、この風呂上りの匂いは”お風呂大好き日本人”に大変好まれるだろうなと思った。

全体的に香り立ちもかなり穏やかで、その点からも使いやすそう。TPO問わず使える優秀ローズという印象だった。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

ディプティック diptyque ディプティック オーローズ オードトワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 メンズ レディース ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:760円
(2022/11/11 12:30時点)

「ディプティック/オーローズ オードトワレ」の感想/口コミ

可愛らしいフリフリの花びら、ピンクのバラ

「バラを発見する旅」がテーマのトワレ、オーローズ。高級品種のダマスクローズ、センティフォリアローズがふんだんに使われている香水です。

でも、私は「バラを発見する旅」と言われても、正直ピンと来ませんでした。なぜなら、オーローズはバラの愛らしい側面しか見えない香りだと感じるからです。

 

私にとってバラは妖艶なイメージの花です。色はもちろん深紅。”赤”ではなく、”紅”。

ベルベットのような花弁と、誘惑し引き付けておきながら痛みをもたらす、葉に隠された棘。

まるで「傷つく覚悟もないのなら、私に触れるな」と言われているような、斜め上から見られている感じがするのです。

じつに潔く「自分」を持っている気がして、それはとても美しいと思います。

 

でも、オーローズのバラは違います。

まず、色はピンクです。そして花弁はフリフリ。よく手入れされた庭で、「計画的に植えられたバラ」というイメージが湧いてきます。

「オーローズ」はその庭で、お茶会を開いているような香りです。

主役は「バラ」ではなく、お茶会を開いている「人」の方。

「自分が主役よ」とばかりに決して譲らないバラ様が、脇役にまわっちゃっている感じがするのです。

「自分」を引き立ててくれる香水

オーローズをまとっていても、バラのダークサイドを感じることはありません。見えてくるのは綺麗で可憐な明るい側面の香りです。

計画的に植えられたバラは「人」にとっては綺麗なのでしょう。でも、野生の攻撃的なまでの美しさや妖艶なダークサイドもまた、バラの魅力だと思います。

 

では、そんな「オーローズ」が嫌いかと聞かれると、実はそうではないのです。むしろ大好き!

穏やかなバラの香りは、私自身を主役にしたまま引き立ててくれるように思います。

「自分」が揺らぎそうな時にもそっと支えてくれる、そんな優しい香りだから、オーローズが好き。

優しく、そっと肩を貸してくれる(でも、あんまりもたれると折れそうな華奢さもある)、そんなオーローズの香りは、誰もが恋せずにはいられません。

どんな時も一緒にいて疲れない、優秀な香水だと思います。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、アールグレー&キューカンバー コロン」とレイヤードしてみました。

アールグレー&キューカンバーを下腹部に0.5プッシュ、オーローズを上腹部に0.5プッシュ。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)アールグレー&キューカンバー コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。アールグレー&キューカンバーは、香り高いアールグレーティーそのものの匂いが楽しめる香水です。[…]

ジョーマローン アールグレー&キューカンバー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

明るいバラが咲きこぼれる庭で、お茶会を開いているようなイメージになればと思い組み合わせてみました。

最初は紅茶の茶葉のフレッシュな苦みとローズの青々しさが際立った香りになっています。バラの咲くお庭を、早朝に散歩するようなイメージです。

次第にアールグレー&キューカンバーのミルクティーのようなまろやかさが出てくると、早朝から「昼下がりの庭」に変化します。

 

ラストノートはオーローズだけだと「お風呂上がりです!」という感じでやや面白みに欠けるのですが、アールグレー&キューカンバーのミルキーな甘さも加わって、香りに奥行きが出たように思います。

オーローズのベースにハニー、アールグレー&キューカンバーのベースにビーズワックス(蜜蝋)があるということからも、よく馴染む、相性の良い組み合わせだと感じました。

まとめ

今回は「ディプティック オーローズ オードトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

オーローズはお風呂上がりのような、爽やかで嫌みのないローズの香水です。

とても優しい香りで、TPO問わず使いやすいところも魅力的なフレグランスだと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「軽やかなローズの香り」が好きな方には、こちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「Tiffany&Co(ティファニー)ティファニー ローズゴールド オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ローズゴールドは、青さを感じさせるカシスのフルーティさと、爽やかで紅茶葉のようなブルーロー[…]

ティファニー ローズゴールド、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。ローズジプシーは、香り豊かなメイローズが主役。ハープの弦を弾いたようなキラキラした香りのローズ[…]

メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:Diptyque公式ホームページ「オードトワレ オーローズ」https://www.diptyqueparis.com/ja_jp/p/eau-rose-eau-de-toilette-50ml.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー