【エルメティカ】レッドムーンの香水レビュー|妖しく光る

今回は「HERMETICA(エルメティカ)レッドムーン オーデパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

レッドムーンは、ピンクペッパーとサフランが香るレザー系の香水

”レッドムーン”さながらに、ミステリアスで知的な印象を与える香りになっています。

 

当ページでは、レッドムーンの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメティカ、レッドムーンの香りについて詳しく知りたい

・レザー(革)の香りが好き

・ミステリアスな雰囲気のある香水が欲しい

HERMETICA(エルメティカ)レッドムーンとは?

香水の基本情報

タイトル:REDMOON(レッドムーン オーデパルファム)

ブランド:HERMETICA(エルメティカ)

香調:レザリー

調香師:フィリップ・パパレラ

発表:2020年

ノート:ペルー産ピンクペッパー、スミレの葉、ジャスミン、スズラン、マテリーフ、サフラン、ミルラ、ベチバー、シダー、アンバー

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

エルメティカ レッドムーン、香水イメージチャート

レッドムーンって、どんな香り?

トップノート:酸味+青さ+スパイシー(40分)

付けたてはフルーティーな酸味と、植物らしい青っぽさがある。

イメージ的にはアロエの皮を剥いた時のような、ちょっとヌメッとした感じ。(アロエはほぼ無臭だと思うけど。)

フルーティーな部分は、おそらくピンクペッパーが強く出ている。

また、植物的な匂いの部分は、サフランの金属味を帯びた塩素っぽい感じと、バイオレットリーフの青苦い感じ、そこに何やらカーネーション・ナデシコ系の甘スパイシーな花の香りも混じっているようだ。

なので、「植物らしい青い香り」と言ってもハーバルな感じではなく、ツンとくるような、漢方的なスパイシーさのある香りがした。

ミドルノート:レザー系、甘スパイシー(1.5時間)

ツンツン尖った部分がマイルドになり、バランス的には甘スパイシーな部分が大きくなる

最初はかなりメンズ的な匂いだと思ったけれど、この辺りからは「ユニセックスど真ん中」という香りだ。

サフランの残り香(もうあまりツンツンしていない)がアンバーのベースに重なって、レザリーな匂いが続く。

ラストノート:ソース1に近い(3時間)

レザリーな香調のままに香りが薄れ、そこにシダーウッドの透明感ある木の香りが加わる。

ここまで来ると、ベースにある「ソース1」の香りそのものに近い。でもソース1ほどにはドライアンバーの辛い感じはないようだ。

全体を振り返ってみると、香り立ちはそこまで強くはないものの、なかなかロングラスティングな香水だった。

香調の変化はおだやかで、レーザー、ウッディー系の香り、また落ち着いた香りが好きな方におすすめかと思う。


▼▼ レザー香水いろいろ♪AD ▼▼

モンタル 香水 MONTALE ウードレザー EDP・SP 100ml 【あす楽 送料無料】【フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 ユニセックス・男女共用】【AOUD LEATHER EAU DE PARFUM SPRAY】

【P10倍 最大500円OFFクーポン配布中】トムフォード オンブレ レザー オードパルファム スプレィ 50ml 香水 メンズ TOM FORD SIGNATURE OMBRE LEATHER EDP

エルメティカ/レッドムーンの解説と感想

忌まわしの「レッドムーン」

エルメティカ「REDMOON(レッドムーン)」の香りは、2020年に「DARKOUD(ダークウード)」と共に登場した香り。

エルメティカの分類では、「Vertical Ambers(ヴァーティカル アンバーズ)」(=アンバー、バニラ、ウッドの温かみあるオリエンタル調)に所属しています。

 

香水タイトルである、REDMOON。

直訳すると「赤い月」となるのですが、これは皆既月食の時に観られる「赤銅色の満月」のことを指しています。

皆既月食は、太陽→地球→月と直線上に並ぶことにより、月が地球の影に隠れて見えなくなるという天体現象です。

地球の影に入ってしまったら全く見えなくなりそうなものですが、太陽光が地球の大気で屈折しうっすら月にあたるため、このような薄暗く赤い月=レッドムーンが生まれるのですね。

 

古来から、人々の夜は月と共にありました。

今のように夜に煌々と明かりが灯ることはなく、もっとずっと暗かったのです。そんな中、月明かりはとても大切なものだったはず。

身近にあって大切な月が、いきなり欠けたり見えなくなる「月食」は、大体どの文明にあっても「忌むべきもの」とされ、さらにレッドムーンなんて、血のように赤く染まってしまうのです。

レッドムーンは「穢れ」や「災い」の象徴とされ、「ブラッドムーン(血の月)」とも呼ばれるようになりました。

ミステリアスなレザーの香り

さて「レッドムーン」の説明はこれくらいにして、香水の話に戻りたいと思います。

前項でお話した通り「忌むべきもの」とされるレッドムーンですが、その反面、神秘的で超常的なイメージもありますよね。

良くも悪くも、「何かが起こりそう」な感じ。

 

香水レッドムーンは、この「何か起こりそうなミステリアスな雰囲気」を香りに落としこんでいます。

ピンクペッパーのフルーティーなスパイシーさと、サフランのメタリックなツンとした匂い。

ブランド的には「ピンクペッパーとベチバーのコンビネーションの香り」としているようなのですが、私はベチバーよりもサフランの方がキーになっているように感じました。

これらが、漢方的なスパイシーさを持って香ります。

 

全体的な香調としては、かなりレザーがしっかりしています。

私はレザーの香りがよく分からない(感じ取りにくい?)のですが、それでもレッドムーンについては「わお、めっちゃレザー!」と分かるくらいです。

父の職業上、革材や革製品が家の中に沢山ある子供時代だったのですが、レッドムーンのレザーは革製品として完成した物の匂い(新品のレザーバッグの中みたいな匂い)に近いと思いました。

 

革特有の野性味と知的でスマートな雰囲気を兼ね備えており、ハンサムな印象を与えるレザー香かと思います。

香水「レッドムーン」は、ブラッドムーンの持つ妖しい魅力と、鋭く光る知性をまといたい時に。

まとめ

今回は「エルメティカ レッドムーン オーデパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

レッドムーンは、はっきりしたレザーの香り。

革特有のアニマリックさと、知的でハンサムな印象のある香水です。

「レッドムーン」という香水タイトルも素敵ですね!

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「レザーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ローズ ド リュスィー オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ローズドリュスィーは、コショウや木のスパイシーな香りが、フルーティなローズに重なるよ[…]

トムフォード ローズドリュスィー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ホワイト スエード オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ホワイトスエードは、「昔ながらの石けん」といった感じの、温もりと清潔感にあふれる香水です[…]

トムフォード ホワイトスエード、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:HERMETICA公式ホームページ「REDMOON」https://hermetica.com/products/redmoon

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!