【クリーン】リザーブ アクアネロリの香水レビュー|水辺のネロリ

今回は「CLEAN(クリーン)リザーブ アクアネロリ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

アクアネロリは、湖のほとりに佇む樹に咲く、ネロリの香り。

ハーブ水に漬け込んで作ったんだろうか…と思うような、とても瑞々しい香水です。

 

当ページでは、アクアネロリの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・クリーン、リザーブ アクアネロリの香りについて詳しく知りたい

・ネロリ(シトラス、フローラル)の香りが好き

・さっぱりと瑞々しい香りが好き

CLEAN(クリーン)リザーブ アクアネロリとは?

香水の基本情報

タイトル:RESERVE ACQUA NEROLI(リザーブ アクアネロリ)

ブランド:CLEAN(クリーン)

香調:シトラス、フローラル

調香師:スティーブン・クライス

発表:2018年

   -AD-

クリーン リザーブ アクアネロリ オードパルファム 100ML CLEAN RESERVE ACQUA NEROLI EDP [0140]

トップノート:ベルガモット、ブラジル産マンダリンオレンジ、シシリアンオレンジ

ミドルノート:ネロリ、ジャスミン、ラベンダー

ラストノート:アクアムスク、アンブレットシード、アンバー、スリランカ産サンダルウッド

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

クリーン リザーブ アクアネロリ、香水イメージチャート

リザーブ アクアネロリって、どんな香り?

クリーン リザーブ、アクアネロリ、香水レビュー

トップノート:すっきりシトラス(15分)

まずは、クリアなシトラスから始まる。本当に気持ちが良いくらい、香りをシトラスに全振りしている。

マンダリン系の甘い匂いではなく、ベルガモットのさっぱりほろ苦いシトラスだ。

付けて5分ほどすると、遠くの方にチラリとお花の影が見えてきた。でも、まだまだ主役は「スッキリしたシトラス」の香り。

ミドルノート:ハーブ水で薄めたネロリ(1時間40分)

強いシトラスから、ネロリの香りに変化する。

ネロリの「爽やかでほんのり甘い花の匂い」が中心にあって、ラベンダーの「ハーバルな香り」が添えてある形だ。

奥の方にドライアンバーのような辛い匂いも感じる。

アクアティックなフローラルだが、瓜っぽい匂いやマリンぽい匂いに傾いているわけではない。

ネロリの香りをハーブ水で薄めたような、みずみずしい匂いがした。

ラストノート:アンバーと木の辛み(3時間)

香調に大きな変化はないが、ミドルの爽やかなフローラルがくすんできて、逆にドライアンバーのような辛みは増してくる。

ずっと「ドライアンバーみたいだな~」と思っていたけれど、「サンダルウッドの木の辛みかも?」と思い直した。

でも、乾燥した木の辛さではなく、モワっと湿度の高い香りだ。

私の肌ではムスクはよくわからない。ムスクよりは、アンバーの香りの方がラストノートの主役になっているように思えた。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

クリーン リザーブ アクアネロリ オードパルファム 1.5ml アトマイザー CLEAN お試し 香水 メンズ レディース ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

クリーン リザーブ アトマイザー 選べる2本セット 各1.5mlCLEAN 香水 お試し メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

クリーン/リザーブ アクアネロリの解説と感想

アクアティックなネロリの香水

CLEANは2003年に誕生した、北米発のフレグランスブランド。

2015年からは「サスティナビリティ」を追求した「クリーン リザーブ」コレクションが展開されています。

本コレクションでは、香料の原産地や生産者への還元、また環境に優しいパッケージ作りなどのモットーを掲げています。

 

そんなリザーブコレクションから2018年に登場した「ACQUA NEROLI(アクアネロリ)」の香り。

イタリア語でACQUAは「水」、NEROLIは「ネロリ(ビターオレンジの花)」なので、香水タイトルを直訳すると「ネロリの水」となります。

普段香水を付けていると「ん?なんか香水名と匂いが合ってないな…。」と感じることもよくあるのですが、こちらはタイトルが示す通り、アクティックなネロリの香りとなっています。

 

「ミドルノート」の項でもお伝えしたのですが、アクアティックと言っても瓜系やマリン系に傾いているわけではありません。

ネロリの花をハーブ水に漬け込んで、その水をバシャバシャ浴びているようなイメージ。

なので、私はアクアネロリを身につけていると、「ちゃぷん。たぷん。」と水が揺れる音が聞こえてきそうに感じるのです。

水辺に咲く花

さて、香りについて振り返ってみたいと思います。

出だしは”パーン!”と強くほろ苦い、張りのあるベルガモットが香りますが、すぐにネロリの香りに変化していきます。

ネロリの香りとくれば「バスクリン感はありますか?」という質問とセットだと思うのですが、アクアネロリにおいても「ちょっぴりバスクリン」程度には感じられます。

でも、バスクリンよりはネロリのシトラス感が控えめで、フローラルの要素が強いようです。なので”ちょっぴり”バスクリン。

 

主題となるアクティックなネロリの香りは、「水辺に咲く花」という匂いがします。

静かな森の奥、暗い木々のトンネルを抜けると、突然目に染みるほどの太陽の光。

そこだけ開けた湖のほとりに、ただ咲いている花の香りといったイメージです。

 

また、冷たく暗い香りではなく、「静けさ」や「瑞々しさ」はあるものの、「明るく」「穏やか」な印象を与えます。

お花の周りを、太陽の光が粒になって見えているような温もりを感じるのです。

 

この「温もり」の部分は、ムスクやアンブレッドが支えているのでしょうか。

でも、ムスク、アンブレットの甘い匂いは、ラストノートでもしっかり分かる程には香りません。「木の辛み」の方がより強く香っています。

しかし、これもさして強いわけではなく、ふんわりと「うん。なんか辛い…気がする?」程度。

ウッディーな香りが苦手でも大丈夫そうです。

 

全体的に「静か」で「穏やか」で、「あっさり」とした香調です。

クリーンらしい香りだと思いました。

まとめ

今回は「クリーン リザーブ アクアネロリ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

アクアネロリは、「ちゃぷん」と水が揺れる音が聞こえてきそうな、瑞々しいネロリの香水。

アクアティックなさっぱりした香りですが、瓜系やマリン系に傾くことなく、水辺に咲いている花の匂いといった趣です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ネロリの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「diptyque(ディプティック)ロードネロリ オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ロードネロリは、「苦みを含んだシトラス」「爽やかなフローラル」「ほのかな甘み」といった香りの香水[…]

ディプティック ロードネロリ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ネロリア ベチバー オーデトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ネロリアベチバーは、主役のネロリにココナッツのようなフィグの匂い、そしてバジルの[…]

ゲラン アクアアレゴリア ネロリアベチバー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:CLEANホームページ「CLEAN RESERVE Acqua Neroli」https://www.cleanbeauty.com/products/clean-reserve-acqua-neroli

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!