【クリーン/クラシック ウォームコットン】香水レビュー『薫衣草』

今回は「CLEAN(クリーン)クラシック ウォームコットン オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

ウォームコットンは、レモン・バーベナのはっきりした酸味から始まり、ラベンダーの香りへと変化する香水。

ラストはクリーンらしく、ピュアな印象のムスクでまとまります。

当ページでは、ウォームコットンの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・クリーン、クラシック ウォームコットンの香りについて詳しく知りたい

・ラベンダーの香りが好き

・透明度の高い、清潔感ある香りを探している

CLEAN(クリーン)クラシック ウォームコットン オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:CLASSIC WARM COTTON(クラシック ウォームコットン)

ブランド:CLEAN(クリーン)

香調:ハーバル、ライトフローラル

調香師:マイケル・カービー

発表:2007年

【11/10(木)ポイント最大10倍】【最大333円OFFクーポン】クリーン CLEAN クラシック ウォームコットン オードパルファム NEW 新パッケージ EDP SP 30ml 【香水】【激安セール】【あす楽】

トップノート:シトラスアコード、バーベナ、グリーンノート

ミドルノート:コットンフラワー、オレンジブロッサム、ライラック、ジャスミン、マリンノート、フルーティーノート

ラストノート:ムスク、アンバー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

クリーン クラシック ウォームコットン、香水イメージチャート

強いシトラスとラベンダーの香水

クリーン クラシック ウォームコットン、香水レビュー

トップノート:レモン系の強い酸味(30分)

つけ始めはシトラス×ハーバルな香り。

特にバーベナの、グリーンさを含んだレモンのような酸味が効いている。

シトラスの要素がかなりはっきりしているけど、奥の方でほんのりネロリのような花の甘みを感じた。

ミドルノート:ラベンダー?(1時間10分)

シトラスの要素が引いていき、ハーバルな香りと軽い花の香りが主役となる。

ノートの記載はないけれど、私の肌では「ラベンダー」の香りがした。

ラベンダーだけがはっきり香っていて、その他の花々は不鮮明な感じ。

そのような、ハーバル×フローラルが中心となっており、マリンっぽさやフルーツの香りは分からなかった。

ラストノート:ピュアなムスク(3時間)

ラベンダーを残しつつ、ムスクが香りの中心に変化する。

石けん調のピュアな印象を受けるムスクの香りなのだけど、甘さはかなり控えめですっきりしている。

全体を振り返ってみても、爽やかで透明度の高い香りが続いていた。

クリーンらしく、清潔感のある香りだと思う。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

クリーン ウォームコットン オードパルファム 1.5ml アトマイザー CLEAN お試し 香水 メンズ レディース ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

価格:800円
(2022/11/10 18:10時点)

「クリーン/クラシック ウォームコットン」の感想/口コミ

「ウォーム」な「コットン」の香りではない

北米のフレグランスブランド、CLEANのクラシックコレクションの中の一つ、「WARM COTTON(ウォームコットン)」の香り。

こちらは、ブランドを代表する香りの一つです。(ウォームコットンの香りは、リザーブコレクションにもあります。)

 

香水タイトルの「WARM(暖かい)」、「COTTON(綿)」だけを見ると、なんとなく「お日様の光をたっぷり浴びたシーツ」のような香りを想像してしまうのですが、それとは少し違っています。

もっと瑞々しくてピュアなイメージ。

香調としては、ハーバルさが最も目立ちます。

 

「~ウォーター」とか「~マリン」のような、あからさまな水系統ではないのですが、”水分”を感じさせる香りです。

しかも川や海のような流れのある水ではなく、水盆に溜めた水。

そこにコップで水をツーと注ぎ、静かな波紋を描くイメージの「水」です。

 

そんなわけで「ウォームなコットン」というよりは、ひんやりしていて瑞々しい香りのように思えます。

でも私は同コレクションの「クールコットン」の方を試したことがないので、もしかしたらこの両者を比較することで「ウォーム」な香りに感じられるのかもしれませんね。

主役は「ラベンダー」?

さて、上の項で「コットン系に感じない」ということを言っていましたが、ではこの香水の主役は何なのか…。

それは「ラベンダー」の香りです。

色々情報を探してみても「ラベンダーの香りがするよ!」と誰も言っておらず、不安でしかないのですが、私にはかなりしっかりしたラベンダー香水のように思えます。(自分の鼻に自信なし!)

 

特にミドルの辺りで、ラベンダー一色に。

海の香りの苦い部分とライラック系のピュアなフローラルノートが混じって、ラベンダーのように感じているのかしら…??などと考えたりもしました。

ラベンダーが入っているのか、それとも何かの香りをラベンダーとして嗅ぎ取っているのか分かりませんが、「このままフゼアっぽい匂いに進んでいくのだろうか?」と思うくらい、ハーバルさの強い花の香りになっています。

 

でも、ラストに至ってもモス(苔)やパチョリなどのウッディーな香りは出てこず、さっぱりしたムスクで全体をまとめるている形。

ですので、フゼア系の香水というわけではないのですが、フゼア特有の「透明感」の部分は近いものがあるのではないかなと思いました。

 

香り持ちは意外にも良いのですが、香り立ちは穏やかです。

TPOを選ばず、スッキリ使いやすいお香りだと思います。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、スカーレットポピー コロン インテンス」とレイヤードしてみました。

スカーレットポピーを腹部に1プッシュ、ウォームコットンを内肘に0.5プッシュ。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)スカーレット ポピー コロン インテンス」について、詳しくレビューしたいと思います。スカーレットポピーは、練乳や杏仁豆腐のようなミルキーで甘い香りの香水です。「ポピー[…]

ジョーマローン スカーレットポピー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

ウォームコットンに「温もり」を足したくて選びました。

付けたては、ウォームコットンのレモンのような酸味が強く出ます。

でもスカーレットポピーの練乳のような甘さも主張が強いので、”海外のお菓子”に使われていそうなレモンクリームの香りがします。

 

ミドルに入ると、ウォームコットンのラベンダーがしっかり香ります。

思いのほかスカーレットポピーが負けている…。(付けた位置が悪かったか?)

ここではラベンダーの香りがめちゃめちゃ効いている「ラベンダーソフトクリーム」みたいになっていました。

 

そしてそのまま、ほんわか甘い感じになってドライダウン。

最初から最後まであまり馴染まず、別々で香っていました。

ウォームコットンを「温かい香り」にしたというよりは、「美味しそうな香り」にしたような組み合わせでした。

まとめ

今回は「クリーン クラシック ウォームコットン オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ウォームコットンは「ラベンダー」の香りが主役。

前半ではレモンのような酸味が、終盤ではピュアで清潔感あふれるムスクが重なります。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ラベンダーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ラベンダーエクストリーム オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ラベンダーエクストリームは、普段ハーバルなフローラルとして表現されることの多いラベンダーを、濃厚クリーミー[…]

トムフォード ラベンダーエクストリーム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)バニラエクスタシー オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。バニラエクスタシーは、ベルガモット→ラベンダー→バニラ+ウッディと主役が移り変わっていく香水です。[…]

モンタル バニラエクスタシー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:CLEANホームページ「CLEAN CLASSIC Warm Cotton」https://www.cleanbeauty.com/collections/clean-classic/products/clean-classic-warm-cotton

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー