【モンタル バニラエクスタシー】香水レビュー『蠱惑するバニラ』

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)バニラエクスタシー オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

バニラエクスタシーは、ベルガモット→ラベンダー→バニラ+ウッディと主役が移り変わっていく香水です。

「バニラ」とタイトルに入っていますが、グルマン系というよりはフゼア系。ジェンダーレスに使いやすい香りになっていますよ!

当ページでは、バニラエクスタシーの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・モンタル、バニラエクスタシーの香りについて詳しく知りたい

・バニラ系の甘いフゼア香水が好き

・あっさりして使いやすいバニラ香水が欲しい

MONTALE(モンタル)バニラエクスタシー オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Vanilla Extasy Eau de Parfum(バニラ エクスタシー オードパルファム)

ブランド:MONTALE PARIS(モンタル)

香調:フゼア、グルマン

調香師:―

発表:2008年

Montale モンタル バニラ エクスタシー オードパルファム Vanilla Extasy EDP 100ml

トップノート:ベルガモット、ピーチ、アプリコット

ミドルノート:ラベンダー、ジャスミン、イランイラン

ラストノート:サンダルウッド、カシュメラン、バニラ、ベンゾイン、マホガニー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5~5時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

モンタル バニラエクスタシー、香水イメージチャート

ベルガモット→ラベンダー→バニラ+ウッディーと変化

トップノート:強いベルガモット(20分)

トップノートでは、かなりベルガモットの香りがしっかり出る

トップで感じるベルガモットは、私の場合はたいてい「シトラス系、爽やか」と感じる程度で、ベルガモットそれ自体の香りをはっきり嗅ぎ取れることは少ない。

でもこちらの香水では、”シトラス系”の匂いでなく、ベルガモットの精油を嗅いでいるくらいはっきりとしている。

 

5分ほどすると、このベルガモットは輪郭がぼやけていって、ピーチやアプリコットの甘い果実の香りと馴染んでいった。

ミドルノート:ラベンダーが出てくる(1時間20分)

ラベンダーの独特な花の香りがしてきたら、ミドルノートに入る。

イランイランの甘いお花の匂いもあるが、ラベンダーの香りがベールのようにかかっているので、鼻にツンとくる感じのフローラルだ。

 

ミドルに入ってから40分程すると、だんだんラベンダーが薄まっていき、背後にあったお花の香りを感じられるようになってくる。

さらにその奥にはバニラ系の香りが控えているのが見えはじめる。ツンとした花の香りから、ミドル最後の方では甘いフローラルの香りに変化していった。

ラストノート:バニラ系の甘さ+ウッディー(3時間)

ラストでは「バニラやベンゾインの甘さ」と「カシュメラン(カシミアムスク)やマホガニーのウッディーな香り」がメインとなる。

でもやはり、ラベンダーの匂いも引きずっていて、”こってりバニラ”の香りではない。

 

全体的にラベンダーの要素が強く、グルマン系の香水というよりはフゼア系の香りに思えた。

フゼア系はメンズな香りが多いが、こちらは柔らかくしっとりした甘みが充分にあるので、レディース向けとしても使いやすいと思う。

▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

モンタル バニラエクスタシー オードパルファン お試しチューブサンプル 2ml【Montale Vanilla Extasy EDP Vial Sample 2ml New With Card】

「モンタル/バニラエクスタシー」の感想/口コミ

「グルマン系」というよりは「フゼア系」の香水

2008年に登場した「Vanilla Extasy(バニラエクスタシー)」は、フルーツやお花、バニラや樹脂といった様々な甘みが絡む、なんともセンシュアルな香りとなっています。

 

タイトルに「バニラ」と含むので、グルマン系(お菓子のような甘さ)の香水のように思えるのですが、実際に纏ってみるとフゼア系の香りだとわかります。

トップのベルガモットからミドルのラベンダー、そしてラストのウッディ+バニラへと匂いの主役は移り変わっていくのですが、終始ラベンダーの特徴的な香りが見え隠れして、「割としっかりしたフゼアだな」という印象を受けました。

 

ただ、フゼアといっても理髪店やポマードのようなカッチリした雰囲気ではありません。柔らかく温和な匂いです。

フゼアの甘い要素も、トンカビーンやクマリンではなく、バニラやベンゾインが担っているので、”クセ控えめ”の使いやすいフゼアに思えます。

通常メンズっぽくなりがちなフゼア系フレグランスですが、このような理由から女性にも使いやすい、ジェンダーレスな香りとなっているようです。

「香水らしい」香りが続く

バニラエクスタシーを身に纏って。

トップノートではかなりベルガモットの香りがしっかり出ています。シトラスなのですが、プチグレンやジュニパーベリーぐらい青々しさも感じさせるフレッシュな匂いです。

それだけだとポマード的な香りに匂いが進んでいきそうなところを、ピーチやアプリコットといった果物が濃く甘い方向に引っ張って、上手にバランスをとっているように思います。

 

だんだんラベンダーのツンとした匂いがしっかり出てきて、「あら。とってもフゼアなのね。」と感じるようになってきます。

でも、そこでもイランイランのお花の甘い匂いや、その後ろに控えるバニラ系の甘い匂いが、香りを濃厚なものに印象づけているようです。

 

カシミヤムスクやマホガニーの木の香りも強くはありません。バニラやラベンダーの香りと混ざりあい、”甘じょっぱい”ような、なんとも魅惑的なバランスで香っています。

 

全体的に「香水らしい香水」といった香りが続きます。ですので、苦手な人も多いかもしれません。

でも、女性も付けやすく、うっとり色っぽいこちらのフゼア香水は、バニラ好きさんやフゼア好きさんにはオススメしたい香りだと思いました。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、グレープフルーツ コロン」とレイヤードしてみました。

バニラエクスタシーを内腿に0.5プッシュ、グレープフルーツを腹部に0.5プッシュ。

 

付けてすぐ、グレープフルーツの爽やかでほろ苦いシトラスが広がります。そして、それをすぐに追いかけるようにして、バニラ系の甘い匂いがやってきました。

 

バニラエクスタシー単独で付けると、割とすぐにラベンダーの香りが目立ってきてフゼア感が出ます。

でもグレープフルーツのシトラス×ウッディな香りの影響で、ラベンダーがぼやけるようです。

ですので、この2つを掛け合わせると、フゼアというよりは、オリエンタル×グルマンの香調に感じられました。

 

メンズな方向に、さっぱりした香りになるかと思って選んだ組み合わせだったのですが、逆にレディースな雰囲気に変化しました。良いレイヤードだったと思います。

まとめ

今回は「モンタル バニラエクスタシー オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

バニラエクスタシーは、ラベンダーがしっかり効いている「バニラ系フゼア」の香り。

バニラと名の付く香水にしてはあっさり使いやすく、男性・女性ともに色っぽく纏っていただける香水です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「フゼアの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ラベンダーエクストリーム オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ラベンダーエクストリームは、普段ハーバルなフローラルとして表現されることの多いラベンダーを、濃厚クリーミー[…]

トムフォード ラベンダーエクストリーム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「diptyque(ディプティック)オードミンテ オードパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。オードミンテは、カッチリした”出来る男”系の香りから、高級シャンプーのような香りまで楽しめる香水です。ラベン[…]

ディプティック オードミンテ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:MONTALE公式ホームページ「Vanilla Extasy」https://montaleparfums.com/tha/en/vanilla/79-200-vanilla-extasy-argent.html#/257-volume-100_ml

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー