【エルメティカ ヴァーティカルウード】香水レビュー『人肌ウード』

今回は「HERMETICA(エルメティカ)ヴァーティカルウード オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

ヴァーティカルウードは、ウードやアンバーのオリエンタルな甘さがはっきりと感じられる香水です。

グルマンでしょうか?と突っ込みたくなるくらいに甘く、人の肌の持つ湿り気や温もりを感じさせる、あだやかな香りです。

当ページでは、ヴァーティカルウードの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメティカ、ヴァーティカルウードの香りについて詳しく知りたい

・バニラのようなお菓子系とは違う甘さを求めている

・ウード香水を試してみたいけど、実は樹脂の香りは苦手

HERMETICA(エルメティカ)ヴァーティカルウード オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:VERTICALOUD(ヴァーティカルウード オーデパルファム)

ブランド:HERMETICA(エルメティカ)

香調:オリエンタル

調香師:フィリップ・パパレラ

発表:2018年

エルメティカ ヴァーティカルウード オードパルファム 50ml HERMETICA VERTICALOUD EDP

シングルノート:メイローズ、サフラン、ラズベリー、アンバー、レザー、ウード

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5.5時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

エルメティカ ヴァーティカルウード、香水イメージチャート

アンバーとウードの甘いコンビネーション

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:コクのあるオリエンタルな甘さ(20分)

付けたそばから、アンバーとウードの甘さが炸裂している。

中東に迷い込んでしまったのだろうか?と錯覚を覚えるほどの、オリエンタルな香りだ。

最初から、いわゆる”ウード香水”であることを確信させてくれる匂いになっている。

カラメルやサトウキビに匹敵するくらいに、かなり甘くコクのある香りだが、アニマリックな”クセ”はない。

ミドルノート:甘いラズベリー(1時間)

香りに「水のり」のような、オリエンタル系とは別の甘さが出てくる。

「何だろう?バラ???」と首をひねっていたのだが、どうやらこの部分がラズベリーらしいと思い至る。

フルーティーで甘酸っぱく「キュン」とくるラズベリーではなく、ドライフルーツのような濃厚な甘さだ。

ラズベリーを感じ始めてから更に20分もすると、甘さが最も強くなる。

何だかすごく甘いチョコレートのようにも思えてきた。

ナッツ等のフィリングは入っていないのだけど、洋酒と生クリームと砂糖をたっぷり加えた、甘ーい人工的な匂いがした。

ラストノート:パウダリーな甘さ(4時間)

香りの甘さが引いていき、ちらほらと「木」の香りが感じられるようになってくる。

香りの主役はアンバー&ウードのコンビネーションのままで、変化はない。

ただし強い甘みではなくなって、代わりにパウダリーでお化粧品的な匂いになってきたようだ。

私の肌ではレザーの香りはなく、ただひたすらにポフポフ粉っぽい感じのある甘い匂い。それが時間とともに薄れていって、香りが終わりを迎えた。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

エルメティカ ヴァーティカルウード オードパルファン お試しチューブサンプル 1.5ml【Hermetica Verticaloud EDP Vial Sample 1.5ml】

「エルメティカ ヴァーティカルウード」の感想/口コミ

ウードとアンバーの甘さが際立った香水

ブランド立ち上げと同じ2018年に登場した「VERTICALOUD(ヴァーティカルウード)」の香り。

エルメディカの分類では、「VERTICAL AMBERS(ヴァーティカル アンバーズ)」に属しており、温かみのあるオリエンタル調の香りとなっています。

 

VERTICALは直訳すると「縦の」とか「垂直な」という意味なので、ヴァーティカルウードをちょっと捻って訳すなら、「天辺ウード」となるでしょうか。

香水タイトルに相応しく、香りの方もアンバーやウードをしっかり感じさせてくれるオリエンタル調で、どっしりと甘いものになっています。

 

このアンバー&ウードが両輪となって香りが展開し続けるのですが、香り方のバランスは少しずつ変化します。

最初は両者ともにバランスよく1:1で、次第にアンバーが強くなっていき、ウードが負けてきます。

この辺りはラズベリーの甘さも出てくる頃なので、まぁ甘い!グルマン系香水に匹敵するくらいの甘さです。

 

でも、この最も甘い部分を超えると、今度はウードが優勢に立っているように思います。

オリエンタルな甘さは続いているのですが、その中に「木」の香りを感じるからです。

そして香りが全体的にパウダリーな甘さに転じ、ドライダウンするという流れになっています。

 

アンバーとウードに着目して振り返ってみると大体このような感じでしたが、目を(鼻を?)凝らして感じようとすると、「あ。アンバーが強くなってきたな。」とか「ウードが戻ってきた!」と思うものの、何気なく付けている分には「オリエンタルな甘い香り」として一本化された匂いが、終始に渡って続く香水と言えます。

官能的なウードの香り

ここまでお話ししてきたオリエンタル要員の他には、香り高いメイローズも入っているそうです。でも残念ながら、私には感じ取れませんでした。

ところが!この香水をつけていると夫が「ん?なんかお花の匂いがするなぁ。」と言うのです。

「花?どこが??」と私は思うのですが、夫には花の香りが届いているようです(私には分からない…)。

ですので、客観的に嗅いだ匂いにはローズも感じられるのかもしれません。

 

やはりこの香水の主役はアンバーとウードなのでしょう。

ウードと言っても日本語でいう「沈香」とは似て非なる香りだと思います。

ヴァーティカルウードでは沈香の持つ「静謐さ」は感じられません。もっと人の肌のような「湿り気」と「温かみ」を持つ、官能的なウード香水です。

 

エルメティカはノンアルコールということもあり、これだけ甘くても拡散性はそこまで強くはありませんが、1プッシュでも半径数メートルは香りが届き続けそうです。

ウード香水が大好きな人には物足りないくらいだと思いますが、オフィスや学校に付けていくには難しい香りかと思いました。

クセの少ないウード香水なので、「甘いのは好きだけど、ウードはあんまり…」という方には、びっくりするくらいツボにはまるかもしれません(私のことですよ!)。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ミラーハリス、ローズサイレンス オードパルファム」とレイヤードしてみました。

ヴァーティカルウードを膝裏に0.5プッシュ、ローズサイレンスを内肘に0.5プッシュ。

 

ヴァーティカルウード単独ではローズがよく分からなかったので足してみました。

どんなローズを足そうか…と考えて、ちょっと青みもあって植物らしさの強い「ローズサイレンス」をチョイス。

(あまり華やかなローズと合わせると、匂いがハデハデになってしまいそうなので…^^;)

 

ウードやアンバーの甘さを奥に、みずみずしいさっぱりローズを手前に、はっきりと遠近感を出したかったので上下に分けて付けてみました

この付け方だと、基本的にはローズサイレンスのバラの匂いがメインで香り続けます。

控えめで割とすっきりした香りですが、「ローズの匂いです!」という主張は強め。

 

でも、時おり”むわん”と甘い匂いが立ち上ります。これがたまらなく良い!

ローズサイレンスのすっきりしたバラの香りとの対比が生まれて、それぞれ単独で付けた時に比べると、さらに色っぽくなったように思いました。

オリエンタル系の甘さはローズサイレンスに抑えられているはずなのに、ちょっと不思議ですね~。

 

実はつけ始めから「この組み合わせ合ってる?なんかチグハグ?」と不安に思っていたのですが、なかなか良いレイヤードになったようです。

馴染んで香りが一つになっていくような形ではなく、別々に香りながらも調和しているようなコンビネーションだと思いました。

まとめ

今回は「エルメティカ/ヴァーティカルウード オーデパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ヴァーティカルウードは、ウードとアンバーのオリエンタルな甘さが際立った香水です。

沈香を焚いたような静けさのある「寺」系のウードではなく、中東を連想させる官能的なウードになっています。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ウードの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ヴェルベットローズ&ウード コロン インテンス」について、詳しくレビューしたいと思います。ヴェルベットローズ&ウードは、焼き菓子やカラメルのような甘みとスパイシーなローズの香[…]

ジョーマローン ヴェルベットローズ&ウード、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ダークアンバー&ジンジャーリリー コロン インテンス」について、詳しくレビューしたいと思います。ダークアンバー&ジンジャーリリーは、静かな山寺でお香を燻らせて[…]

ジョーマローン ダークアンバー&ジンジャーリリー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:HERMETICA公式ホームページ「VERTICALOUD」https://hermetica.com/collections/perfumes/products/verticaloud

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー