【ニシャネ/カラギョズ エキストレドパルファム】香水レビュー

今回は「NISHANE(ニシャネ)カラギョズ エキストレ ド パルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

カラギョズは、ジューシーなパイナップルから始まり、だんだん落ち着いた木の香りへとトーンダウンしていく香水です。

トルコの伝統的な影絵劇、「カラギョズ」の主人公へのオマージュ作品。

 

当ページでは、カラギョズの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ニシャネ、カラギョズの香りについて詳しく知りたい

・「カラギョズ」って何?香水名の意味が知りたい

・「パイナップルの香り」や「落ち着いた木の香り」が好き

NISHANE(ニシャネ)カラギョズ/エキストレド パルファム

香水の基本情報

タイトル:KARAGOZ Extrait de Parfum(カラギョズ エキストレドパルファム)

ブランド:NISHANE(ニシャネ)

香調:フルーティー、ウッディー

調香師:ホルヘ・リー

発表:2017年

トップノート:パイナップル、黒ブドウ、ブーケガルニ

ミドルノート:ネロリ、ジャスミン、パチョリ

ラストノート:ベチバー、アガーウッド(ウード)、アンバー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:6.5時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【ニシャネ】カラギョズ/エキストレド パルファム、香水イメージチャート

明るくフルーティーな香りから、どんどん暗く変化する

トップノート:明るめフルーティー(20分)

付けたてはとてもフルーティー。特にパイナップルが効いている。

5分もすると、香りがハーバルな方向に変化してくる。

ベースにウッディーな香りがあるのも分かる。

トップノートは「木」「湿った土」「草」「パイナップル果汁」の混ざった匂いがした。

ミドルノート:パイナップル、ジャスミン、パチョリ(1時間20分)

香りが”くぐもった”感じに変化してくる。

ネロリやジャスミンのお花の要素はあまり感じられない。それよりは、パチョリの方が強い。

パイナップルの甘酸っぱい残り香とジャスミンの香りが、パチョリのジメッとした暗い香りを明るく、優しく見せている感じ。

アーモンドのようなナッツ系の匂いもあった。

ラストノート:ウッディーな香りが残る(5時間)

パイナップルの香りは消え去り、ウッディーな香りが残る。

ミドル後半から強く感じていたアーモンドのような香りもある。

 

メンズ向けのフレグランスだが、ミドルノートあたりまでは「あんまりメンズっぽくないな~」とのほほんと構えていた。

しかし、ここにきてものすごく”ダンディー”な香りに変化してきた。

香り立ちはそこまで強くはないが、ウード・アンバー系の香りが長時間肌に残った。

「ニシャネ/カラギョズ(エキストレドパルファム)」の感想/口コミ

トルコの影絵劇「カラギョズ」の香水

2017年に発表された「SHADOW PLAY(シャドウプレイ)」コレクションの中の1つ、「KARAGOZ(カラギョズ)」の香り。

「カラギョズ」とは、トルコの伝統的な影絵劇のことです。

そして劇中の主人公の名前でもあります。

 

物語の中では、正直者で一般大衆の代表たる「カラギョズ」と、知的な相棒「ハジワット」が面白おかしく哲学・道徳・風刺を交えてストーリーを展開していきます。

ちなみにカラギョズやハジワットは、オスマントルコ時代に実在した人物なんですって。

 

調香はJorge Lee氏。

同コレクションの「ハジワット」「ゼン」の香りも彼の作品です。

また、お名前をカタカナ表記するならば「ホルヘ・リー」さんとなるかと思います。

(ホルヘ・リーさんはスペイン語圏、コロンビアのご出身です。)

 

日本取扱い店・大手含め色々なサイトで「ジョージ・リー」とか「ジョルジュ・リー」と表記があるのがずっと気になっているのですが、「ホルヘ・リー」さんではなかろうか…。

(それとも当て字でJorgeを「ジョージ/ジョルジュ」と読むのかな?「小鳥遊/タカナシ」さん的な?)

 

さて、香調は明るめのフルーティーから始まり、だんだん暗く落ち着いていく形です。

トップノートに「ブーケガルニ」が入っているのも面白いなと思いました。

 

「ブーケガルニ」とは、ハーブや香味野菜を束にした物のことです。

(煮込み料理などに使われます。)

私はトップでセージ、タイム、セロリをブレンドしたような「草」っぽい香りとして感じました。

コーヒーの香りとよく合います

前項でもお話しした通り、明るい香りからスタートします。

パイナップルやブドウのフルーティーさ、そこに土や草木の香りを混ぜ込んだような匂いです。

イメージ的には「青空の下、軽快な足取りで散歩している」ような伸びやかな香りとなっています。

 

20~30分もすると香りに「曇り」が出てきます。

どんどん暗くなっていき、「薄暗いバーの中でランプが灯っている」くらいにまでトーンダウン。

 

そしてさらにパイナップルやジャスミンなどの明るい香りも消えてしまい、ほんのり甘い木の香りだけが残ります。

あまり軽やかな香水ではありませんが、一年を通して使えそうだと思いました。

 

余談ですが、この香水を付けている時、ミドル~ラストにかけてコーヒーを飲むとめちゃめちゃ美味しく感じます

スーパーマーケットで買った何の変哲もないコーヒーでも、専門店で飲むコーヒーのように非常に香りが豊かになるんです!

(香りの力って凄いですね!)

コーヒー好きの香水好きさんは、是非お試しくださいませ。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、オレンジブロッサム コロン」とレイヤードしてみました。

カラギョズを腹部に0.5プッシュ、オレンジブロッサムを内肘に0.5プッシュ。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)オレンジブロッサム コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。オレンジブロッサムは、青みかんのような熟す前のシトラスから始まり、瑞々しく明るいフローラルへ、最後には花[…]

ジョーマローン オレンジブロッサム、詳しい香水レビュー/口コミ

 

なんだこれは、かなり良いぞ!

付け始めから素晴らしいコンビネーションを見せます。

カラギョズの温もりのある木や土、パイナップルの香りにオレンジの皮の香りが加わって、シトラス・フルーツの爽やかさ甘さ苦みが押し寄せてくるようです。

 

後半はカラギョズのウッディーな香りが強く出てきて、メンズ寄りの香調に。

最終的に、オレンジブロッサムはカラギョズに飲み込まれるように消えていき、カラギョズだけが残るような形になっていました。

まとめ

今回は「ニシャネ カラギョズ エキストレドパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

カラギョズは、パイナップルやブドウなどの明るめフルーティーな香りから始まり、だんだん暗く落ち着いたウッディーな香りに変化していく香水です。

影絵劇「カラギョズ」に登場するカラギョズさんのように、チャーミングでのびのびした部分と落ち着きがあって暗い部分を含んでいます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「パイナップルの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)アンバービー オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。アンバービーは、蜂蜜と熟しきったフルーツの甘い香り。思わずフラフラ吸い寄せられてしまいそうな、人を魅了する香りです。[…]

エルメティカ アンバービー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)サンダルサン オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。サンダルサンは、ヘーゼルナッツの焼き菓子のような、甘い香りの香水です。「太陽の下でのんびりすごす甘い休日」と[…]

エルメティカ サンダルサン、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:NISHANE公式ホームページ「KARAGOZ」https://nishane.com/product/karagoz/

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー