【エルメティカ アンバービー】香水レビュー『グルマン、ホイホイ』

今回は「HERMETICA(エルメティカ)アンバービー オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

アンバービーは、蜂蜜と熟しきったフルーツの甘い香り。思わずフラフラ吸い寄せられてしまいそうな、人を魅了する香りです。

ノンアルコールフレグランスだからか、拡散性が割と穏やかなグルマンノートになっています。

当ページでは、アンバービーの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメティカ、アンバービーの香りについて詳しく知りたい

・ハチミツの匂いが好き

・甘くて美味しそうな香水が欲しい

HERMETICA(エルメティカ)アンバービー オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Amberbee(アンバービー オーデパルファム)

ブランド:HERMETICA(エルメティカ)

香調:フルーティー、グルマン

調香師:アリエノール・マスネ

発表:2018年

エルメティカ アンバービー オードパルファム 50ml HERMETICA AMBERBEE EDP

シングルノート:ベルガモット、アンバー、ハニー、パウダーノート、ウッディノート

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

エルメティカ アンバービー、香水イメージチャート

完熟フルーツとハチミツの香水

シングルノートですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:既にハチミツ(20分)

出だしから既に甘い。

レモンなど、酸味の強いものではなく、オレンジのような甘みの強いシトラスをハチミツで煮込んだような香りになっている。

ハニー系の香りは花蜜のようなあっさりしたタイプと、リアルな甘い蜂蜜のタイプとに匂いが分かれると思うのだが、アンバービーの香りは後者のようだ。

ミドルノート:完熟パイナップル(1時間)

さらに甘い方向へ香りが進む。

フルーティーさも残っているのだが、トップではシトラスだったものが、不思議なことにパイナップルへと変化している。青々しいパイナップルではなく、完熟した果物から漂う甘い匂いだ。

この辺りから、甘い香りに樹脂系のまったりした重さが出てくる。付け始めから「糖度」は上がっていないのだが、「粘度」が上がったような感じだ。

でもネバネバしている感じはなく、柔らかく優しい甘みだと思った。

ラストノート:まったり甘い(4時間)

最後は甘い香りを残してドライダウンに向かう。甘さが和らぎ、ウッディな方向に進むかと思いきや、甘い香りのまま消えていった

ここまでくるとシトラスやパイナップルのようなフルーティーな香りは残っておらず、キャラメルのようなまったりした甘みが香りの中心となっていた。

最後の最後、残り香のあたりでは、パウダリーでふんわりと温もりある甘い香りになった。

 

全体的に甘く温かみのある香りだが、拡散性はそこまで高くないように思う(エルメティカはノンアルコールだから?)。

TPOは選ぶ必要がありそうだが、真夏以外の季節に広くまとえる香りだと思った。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

エルメティカ アンバービー オードパルファン お試しチューブサンプル 1.5ml【Hermetica Amberbee EDP Vial Sample 1.5ml】

価格:1,532円
(2022/11/9 17:55時点)

「エルメティカ/アンバービー」の感想/口コミ

グルマンホイホイ

ブランド立ち上げの2018年に登場した「Amberbee(アンバービー)」の香りは、ハチミツ+フルーツの甘い匂いの香水です。

エルメティカはいくつかにシリーズが分かれていますが、こちらは「Vertical Ambers(バーティカル アンバーズ)」(直訳すると「縦のアンバー」「頂上アンバー」)の中の一本。

 

付けてみると、結構甘い!

花の蜜のような柔らかい甘さではなく、しっかり蜂蜜の濃い甘さがあります。そこにフルーツの果汁が加わって、蜂蜜を薄めているような形です。

しかもトップからだんだんフルーツの香りは減っていくので、後半に向けて甘さが加速するような感じになっています。

「きみ、持久力すごいね…。」と、「ミツバチは1日に40キロメートル飛行する」という話を思い出しました。

 

そんな訳で、香りを分類するなら分かりやすい「グルマンノート」と言えるでしょう。

柔らかく温かみがあって、何より美味しそうな蜂蜜の香り。「これはグルマン好きホイホイやな…。」と、私もあっさり捕獲されてしまいました。

女王蜂の香り

アンバービーの香りですが、「ティファニー オードパルファム インテンス」に少し似ているように思います。

でもティファニーインテンスの方はもう少し花の蜜っぽく、アンバービーの方はハチミツの匂いという違いがあるのですが、全体的な香りの雰囲気はよく似ています。

 

アンバービーの香りも前半では果物の匂いがあります。

すっきりみずみずしい果物ではなく、完熟していて、触れるとムニュっと柔らかくなっているような、甘いフルーツの香りです。

そこに蜂蜜や樹脂のまったりした甘みが加わります。

「もう、ベタベタしてるやん…」と思いきや、これがそうでもないんです。

香りの粘度は高いのですが、ネッチョリ体に張り付いてくるのではなく、「ふかふかタオルで覆っている」ぐらいの、まさかの柔らかさを感じます。

この辺りはエルメティカの「ノンアルコールフレグランス」という特性がうまく活きているのかなと思いました。

とにかく鼻にツンツンこないのです。

 

アンバービーを付けると、甘い香りなのになぜか「半袖の白いTシャツ+デニム姿」の、ラフな出で立ちの大人の女性が脳裏に浮かびます。

こちらを見つめて微笑まれたら最後。ホイホイ付いていってしまいそうです。

アンバービーの香りは”グルマンホイホイ”だと思ったのですが、あぁそういうことか。

女王蜂のような特別感を感じ、それに惹き付けられているのだなと納得しました(そして私は働き蜂…)。

アンバービーは甘く人を魅了し、なのに優しく包み込むような香り。思わず「ホイホイされちゃう」香りなのです。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ゲラン、アクアアレゴリア ペラグラニータ オーデトワレ」とレイヤードしてみました。

アンバービーを腹部に0.5プッシュ、ペラグラニータを内肘に0.5プッシュ

 

付けた瞬間、ペラグラニータのグレープフルーツジュースのような香りとアンバービーのハチミツの香りが重なって、「はい、これ美味しい!!」と五体投地したくなります

フルーツの果汁感あふれるシャーベットにハチミツをとろりとかけたような香りです。合わないわけがない。

 

付けてから30分ほどすると、ペラグラニータの洋梨やオスマンサスの甘い香りが出てきます。

アンバービーもどんどん甘さが進むので、すごく糖度の高いデザートになってきました。

その後は甘い香りはそのままに、香りがマイルドになっていきます。

 

全体を通して”カロリー高め”のレイヤードとなりました。かなり甘いので、お家で過ごす時の方が似合うかも。

まとめ

今回は「エルメティカ アンバービー オーデパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

アンバービーは、甘い蜂蜜と完熟フルーツの香り。グルマン(美味しそうな香り)好きさんを魅了して止まない”グルマンホイホイ”香水だと思います。

甘さは十分ですが、それほど拡散性はないので意外と付けやすい香りになっていますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「美味しそうな甘い香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)バニラ ケーキ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。 バニラケーキは、そのまんま「バニラケーキ」の匂いがします。アーモンドの焼き菓子→ホ[…]

モンタル バニラケーキ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)スカーレット ポピー コロン インテンス」について、詳しくレビューしたいと思います。スカーレットポピーは、練乳や杏仁豆腐のようなミルキーで甘い香りの香水です。「ポピー[…]

ジョーマローン スカーレットポピー、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:HERMETICA公式ホームページ「AMBERBEE」https://hermetica.com/products/amberbee?variant=34966201991329

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー