【キリアン】バンブーハーモニーの香水レビュー|竹取物語

今回は「Kilian(キリアン)バンブーハーモニー オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

バンブーハーモニーは、軽やかなホワイトティーの香りを中心に、前半ではシトラスのフレッシュさが、後半ではあっさり穏やかな甘さが重なります。

「竹取物語」に着想を得て生まれましたが、”神秘的”というよりは、付けやすく”優等生”な香りになっていますよ。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・キリアン、バンブーハーモニーの香りについて詳しく知りたい

・あっさりしたティー系の香りが好き

・軽やかで、TPO問わず使いやすい香水が欲しい

Kilian(キリアン)バンブーハーモニーとは?

香水の基本情報

タイトル:Bamboo Harmony Eau de parfum(バンブーハーモニー オードパルファム)

ブランド:Kilian Paris(キリアン パリ)

香調:シトラス、ティー、ウォータリー

調香師:カリス・ベッカー

発表:2012年

   -AD-

By Kilian Bamboo Harmony バイ キリアン バンブーハーモニー EDP スプレー 50ml

トップノート:ビターオレンジ、ベルガモット、ネロリ

ミドルノート:ホワイトティー、バンブー、ミモザ、ペッパー

ラストノート:フィグリーフ、マテ、オークモス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4~4.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【キリアン】バンブーハーモニー/オードパルファム、香水イメージチャート

バンブーハーモニーって、どんな香り?

トップノート:ウォータリーなシトラス(20分)

フレッシュなシトラスノートから始まる。

グレープフルーツ果汁を、モス入りの水で割ったような匂いだ。

とてもウォータリーな雰囲気。

 

だがしかし、フレッシュなだけでは終わらない。

シトラス・モス水の中に、植物の茎や若葉のような青さと、ムスキーな温もりのある甘さが漂っているような香りになっていた。

ミドルノート:ホワイトティーの香りが主役(50分)

香りの主役が、シトラスからティーに移り変わる。

日本の緑茶の香りでも、紅茶でも、ウーロン茶でもない。ハーバルで透明感のある軽やかな白茶の香りだ。

ざっくりしたタイプ分けで言うと、エリザベスアーデン/グリーンティーで登場するような系統の、クセの少ないさっぱりしたティーが近いと思う。

 

やはりここでも、穏やかな甘さを含んでいるようだ。

この甘い部分がミモザなのかもしれないが、私の肌では粉っぽくはならず、フレッシュな香りになっていた。

ラストノート:優しい甘さ(3時間)

「ほわほわした優しい甘さ」がラストノートの主役。

フレッシュでハーバルなティーもまだ残っており、非常にあっさりした甘さになっている。

最後まで肌に残ったのは、モスの香りだった。

 

トップからモスはずっとベース部分で香っており、この香水全体の”湿度”を高めてくれているが、シトラスやティーの香りに上手く隠れて強くは主張してこない。

なので、フゼア系のような「強く主張してくるモス」が苦手な方でも大丈夫そう。

 

全体を通して、香り立ちは穏やか。

多少の甘さはあるけれど、夏でも くどくはならない香り。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

バイ キリアン BY KILIAN バンブー ハーモニー オードパルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

キリアン/バンブーハーモニーの解説と感想

「竹取物語」の香水

2012年に「Asian Tales(アジアの物語)」シリーズの一作として登場した、「Bamboo Harmony(バンブーハーモニー)」の香り。

現在は「THE FRESH (ザ フレッシュ)」コレクションの中の一本として販売されています。

香水名を直訳すると「竹の調和」ですが、この香水は日本の「竹取物語(かぐや姫の原作)」に着想を得て誕生しました。

 

竹取物語は平安前期に書かれた、日本最古と言われる物語です(作者は不明)。

竹の中に入っていた9cmほどのかぐや姫がみるみる絶世の美女になり、5人の貴公子からの求婚を無理難題を提示してかわし、月に帰ってしまうというお話です。

中学生の時に、国語の古典の授業で登場した方も多いかと思います。

 

竹は僅か3か月ほどで筍から木に成長し、その後は背も伸びず幹も太くなりません(かぐや姫も3か月で大人の大きさになります)。

中は空洞で、マダケの場合は120年に一度 花と実を付け、辺り一帯の竹藪全体が枯れてしまうという不思議な植物です。

竹取物語も不思議なお話ですが、そんな竹の性質と重ね合わせて作られたのかもしれませんね。

 

では、香水・バンブーハーモニーはどうでしょうか?

残念ながら、こちらは「神秘的な香り」とは違うように思います。

荘厳な雰囲気はなく、フレッシュさとほんわかした甘さが調和した、軽やかで優しい香り。

 

キリアンの香水って「悪い子の香り」というイメージが強いのですが、こちらは「真面目な優等生」といった印象です。

裏表がなく純粋に付けやすい、安定感のある「良い子の香り」なのです。

フレッシュさと優しい甘さが調和した、ティー系の香水

バンブーハーモニーという名前なのだから、「竹」がメインで香るのかな?と思うかもしれませんが、この香水は「ティー」が主役となっています。

クセも苦みも殆どないような軽やかなティーを中心に、前半ではシトラスのフレッシュさが、後半はあっさりした甘さが重なります。

竹の持つ、青く筋張った匂いはありません。

 

ノートを確認すると甘さの部分は「ミモザ」がリストされていますが、ミモザ香料の持つパウダリーさは強く出ません。

「ほわほわしたマイルドさ」と「フレッシュなグリーンさ」を併せ持つ、甘い匂いになっています。

香料として組み込まれているミモザではなく、フサアカシアの大木から春先に漂う「ミモザの花の匂い」そのものに近い香りだと思いました。

 

もう一つ。

この香水の名脇役となっているのが、「モス」の香りです。

トップからベースに感じられて、全体を「湿度の高い香り」に仕立てています。

個人的にモスの香りは得意ではないので、これが強いと「うぉー。肌がモスモスしてるよー!」と叫びたくなるのですが、この香水ではそれがありません。

強すぎず弱すぎず、背後の方でひっそりと香るモスが、非常に良い仕事をしていました。

 

軽くフレッシュで、適度な甘さもあります。

クセがなく、非常に調和のとれた人好きのする香りだと思います。

まとめ

今回は「キリアン/バンブーハーモニー オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

バンブーハーモニーは、クセのないティーとほわほわした優しい甘さが香ります。

「竹取物語」のような神秘的な香りではありませんが、フレッシュで適度な甘さもあり、非常に調和のとれた香りになっていますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ティー系の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ひょうげ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ひょうげは、渋さや苦みを含んだ「煎茶」の茶葉を嗅いでいるような香り。静かで[…]

【パルファン サトリ】ひょうげ/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール テ カシミア オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 テカシミアは、爽やかさと優しく丸みを帯びた「お茶」の香り。個人的[…]

メゾンクリスチャンディオール テカシミア、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:Kilian公式ホームページ「Bamboo Harmony」https://www.bykilian.com/product/19797/52767/perfume/bamboo-harmony/the-fresh#/sku/115036

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!