【セルジュルタンス/アンブルスュルタン・アンバーの王】香水レビュー

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)アンブルスュルタン オードパルファム」について、詳しくお伝えしたいと思います。

 

アンブルスュルタン(アンバーの王)は、西アジアの寺院を思わせる静謐さ、樹脂系の甘い香り

付け始めはお線香のような香りや酸味・スパイシーさも強いですが、次第に柔らかな甘さに落ち着く香水です。

 

当ページでは、アンブルスュルタンの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・セルジュルタンス、アンブルスュルタンの香りについて詳しく知りたい

・寺系のオリエンタルな香りが好き

・樹脂系の甘い香りが好き

SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)アンブルスュルタン/オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Ambre sultan Eau de parfum(アンブルスュルタン オードパルファム)

ブランド:SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)

香調:オリエンタル、ウッディー

調香師:クリストファー・シェルドレイク

発表:1993年

   -AD-

セルジュルタンス SERGE LUTENS アンブルスュルタン EDP 50ml [123365/122074]

シングルノート:

オレガノ、マートル、コリアンダー、ベイリーフ、アンジェリカルート、アンバー、ベンゾイン、ミルラ、パチョリ、サンダルウッド、バニラ

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【セルジュルタンス】アンブルスュルタン/オードパルファム、香水イメージチャート

甘さの強い、寺系の香水

シングルノートとのことですが、時間の経過による香りの変化がわかりやすいよう、トップ、ミドル、ラストの形でお伝えします。

トップノート:一癖ある、強い寺系(20分)

お寺の中に居るような香りで始まる。

お線香の匂いと、濃い飴色に輝く古い床や柱の木の匂い。

付けてすぐは木の酸味が強く、なめし皮のような一癖ある匂いも感じるのだが、5分ほどで落ち着いてくる。

ベースにあるバニラの温かい甘味と、サンダルウッド系の辛い木の香りも感じる。

ミドルノート:香木を焚いた後の部屋(40分)

オリエンタルな雰囲気、樹脂・お香のスパイシーで甘い香りが主役になる。

甘く温もりのあるアンバー、バニラがそれを下支えしている形だ。

香木を焚いた後の部屋のような、「室内に残る甘い香り」といったイメージ。

付け始めよりも、乾いた香りになってきた。

ラストノート:バルサミックな甘さ(3.5時間)

ほんわりとしたバルサミックな甘さでドライダウンに向かう。

相変わらず、粉っぽいバニラの甘さも感じる。

乾いた甘さが強いが、香り立ちはかなり淡くなっており、くどい香りとは思わない。

 

全体を通して香りの変化は少なく、寺系のオリエンタルな香調が続く。

付け始めが最もパワフルで、時間の経過とともに甘さが出てきてマイルドになる。

また甘さだけでなく、「温もり」や「乾いた感じ」も時間が経つほどしっかり出てくる香水だった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

セルジュルタンス SERGE LUTENS アンブルスュルタン オードパルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

セルジュルタンス SERGE LUTENS アトマイザー 選べる3本セット 各1.5ml香水 お試し メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

「セルジュルタンス/アンブルスュルタン(アンバーの王)」の感想/口コミ

スルタンとは

1993年に登場したノワールコレクションの中の1本、「Ambre sultan(アンブルスュルタン)」の香り。

2000年にセルジュルタンスという香水ブランドは立ち上がるのですが、その前に1992年から始まった、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・シセイドーの頃に作られた香りの一つ。

「Feminite du bois/フェミニテデュボワ(1992年)」に次ぐ、2作目の香りとなっています。

 

この香水の邦題は「アンバーの王」ですが、sultan(スルタン)とはイスラム国家における「支配者」「権力者」という意味です。

元々はカリフ(イスラム教の宗教的な権威)によって、地域における政治権力を与えられた者をスルタンと呼びましたが、次第にスルタン=カリフへと切り替わり、スルタンの持つ力は増していきました。

 

この香水は「モロッコで出会ったアンバー」をテーマに作られていますが、モロッコもイスラム教の国の一つです。

こちらは「モロッコに吹き付ける風」がテーマ

関連記事

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)シェルギイ オードパルファム」について、詳しくお伝えしたいと思います。 シェルギイ(モロッコの砂漠の熱風)は、漢方のような独特な苦さから始まり、タバコの苦み&白[…]

【セルジュルタンス】シェルギイ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

 

モロッコは地理的に「ヨーロッパに近いアフリカ大陸の国」なので、古来から色々な地域・国から侵攻を受けてきました。

近現代ではフランスやスペインからも、保護領として支配されています。

1956年にフランスから(後にスペインからも)独立したことで、今のモロッコ王国の形となりました。

ですので、独立時のスルタン「ムハンマド5世」が、1957年にスルタンの称号を廃し「国王」と名乗ったことは、モロッコにとってはただ肩書が変わっただけではない、非常に重要な意味を持つ、歴史の転換点でもあるのです。

 

香水・アンブルスュルタンは、隆盛した喜びも、支配された不条理も経験した、スルタン時代の古のアンバーの香りなのですね。

「東アジアの寺院」から「西アジアの寺院」へ

ブランドによる香りの説明は、このようになっています。

はるか昔、モロッコはマラケシュの旧市街。 ざわめきのなかで出会ったひとかけのアンバー。 その心地よい香りの記憶は鮮明なまま、 時を経て一瓶の香水となった。 その贅沢さ、純粋さ、類まれな魅力。 抗うことのできない、アンバーの王。

ーSERGE LUTENS公式ホームページより

 

この香水を一言で表すのなら、「スパイシーで、樹脂の甘さが強い寺系」となります。

最初の方は木の辛い香りが強いですが、時間の経過とともにバルサミックな甘さが強くなっていきます。

ですので、出だしは日本のお寺でも感じる「お線香」や、「本堂のお香の匂いが染み込んだ空間」を思い浮かべる香りです。

しかし徐々にそのイメージは変化し、最終的には「甘いお香が香る、西アジアの寺院」へと繋がりました。

 

オレガノ、マートル、コリアンダー、ベイリーフ等のスパイシーハーバルな香りは、はっきりとは出てきません。

私の肌の上では、うまく木の香りの中に溶け込んでいるようです。

 

寺系香水ならではの「静謐さ」と、背筋が伸びるような「凛とした力強さ」を持つ香りです。

静かにリラックスして過ごしたい時だけでなく、正装でお出かけするような場面にも似合う香水だと思います。

まとめ

今回は「セルジュルタンス/アンブルスュルタン オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

アンブルスュルタンは、「香木を焚いたあとの西アジアの寺院」をイメージさせる、樹脂の甘い香り。

前半は酸味やスパイシーさも強く一癖ある寺系の香りですが、最終的にはとても柔らかくまろやかな香りに着地します。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「寺系の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ダークアンバー&ジンジャーリリー コロン インテンス」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ダークアンバー[…]

ジョーマローン ダークアンバー&ジンジャーリリー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)さとり オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 さとりは、伽羅(キャラ)の香りを表現した「寺系」の香[…]

【パルファン サトリ】さとり/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:SERGE LUTENS公式ホームページ「アンブルスュルタン」https://www.sergelutens.jp/ja_JP/105000000030000.html?cgid=fragrance-allfragrance-collectionnoire

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!