【パルファンサトリ】Satori(さとり)のレビュー|伽羅の香

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)さとり オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

さとりは、伽羅(キャラ)の香りを表現した「寺系」の香水。パルファンサトリの代表作です。

香木を焚いているような香りが続きますが、ラストでは「湯上がりの和肌」のような色香が漂います。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンサトリ、さとりの香りについて詳しく知りたい

・お寺の中に居るような香りが好き

・パルファンサトリを代表する香りに興味がある

PARFUM SATORI(パルファン サトリ)Satori(さとり)とは?

香水の基本情報

タイトル:Satori Eau de parfum(サトリ オードパルファン)

ブランド:PARFUM SATORI(パルファンサトリ)

香調:オリエンタル、ウッディー

調香師:サトリ・オオサワ(大沢さとり)

発表:2006年

トップノート:ベルガモット、コリアンダー

ミドルノート:シナモン、クローブ、カカオ、バニラ

ラストノート:オリバナム、サンダルウッド、アガーウッド、オークモス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【パルファンサトリ】さとり/オードパルファム、香水イメージチャート

サトリって、どんな香り?

トップノート:甘い木と柑橘の酸味(10分)

付けた瞬間、ウード系の甘い木の香りが広がる。

深く香りを吸い込むと、柑橘の酸味も少しある。

5分程すると、奥の方からシナモンの香りが出てくる。

出だしはひんやりした温度感に思えたが、香りに温もりが出てきた。

ミドルノート:シナモンの辛味が強い(50分)

シナモンの癖のある辛い香りが強く主張し始め、このあたりからミドルノートと言えそう。

シナモン、クローブ、カカオ、バニラ…。

これだけを見ると美味しそうな香りなのか?と思えるかもしれないが、全然違う。

香の焚かれた寺院の中に居るような香りだ。

 

シナモンのスパイシーさの背後でバニラが香る。

甘さはほとんど感じず、バニラの役割は「温もり」「優しさ」を香りに付け加えるに留まっている。

ラストノート:ほんのり甘いウッディー(3時間)

ほんのり甘く、ウッディーな香りでドライダウンに向かう。

どこか「石けん」や「お風呂上がり」のような匂いがする。

ホワイトムスク系の石けんの匂いではないのだが、「湯上がりに化粧水を付けたあとの和肌」を思わせる、ほのかな色気がある。

パルファンサトリの香水らしく香り立ちは非常に穏やかで、一年中どんなシーンでも使いやすいと思う。


▼▼ 寺系香水いろいろ♪AD ▼▼

【送料無料】ジョー マローン ロンドン ダーク アンバー & ジンジャー リリー コロン インテンス(50mL)(ギフトボックス入り)【ジョーマローン ジョーマローンロンドン】(香水 フレグランス)(ギフト)

ディプティック DIPTYQUE タムダオ EDT 50ml [425676/405746]

パルファンサトリ/さとりの解説と感想

パルファンサトリの代表作、伽羅(キャラ)の香り

パルファンサトリを代表する香り、「Satori(サトリ)」は2006年に登場しました。

「サトリ」とは、ブランド創設者で調香師の大沢さとり氏のお名前です。

 

(抜粋)辛・苦・甘・酸・鹹(しおからい)の五味を持つといわれる伽羅の香。一の辛味は肉桂(シナモン)・丁子(クローブ)のスパイシー、苦味は可可阿(カカオ)、甘味を香草蘭(バニラ)でそれぞれ表現。酸と鹹は、苦橙(ベルガモット)と樫の木の苔(オークモス)のシプレーをわずかに使うことで陰翳を深めました。

ーパルファンサトリ公式HPより

 

この香水は「伽羅(きゃら)」、即ち最高級の沈香(じんこう)の香りを表現しています。

沈香とはウード/アガーウッドとも呼ばれていますが、この香水は海外メゾンが生み出す「ウード系香水」とは雰囲気が全然違います。

 

ウード系はウードやその他の樹脂の甘さが重なり合い、重厚でセクシーな印象を残しますが、サトリは寺院の中でお香や香木を焚きしめているような香り、つまり「寺系」の香水です。

 

どちらもオリエンタルでミステリアスな雰囲気がありますが、「ウード系は中東あたり、寺系は東洋」といったイメージの違いがあるように思います。

★「ウード香水」「寺系香水」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ。

関連記事

今回は、香水の香りを表す言葉についてお話していきたいと思います。グルマン系、シプレ系、オリエンタル、ウッディ…etc。香りを表現するのに色々な言葉が使われているのですが、これって結構わかりにくいですよね。 […]

【香水、香りの用語】~系、表現する言葉、カタカナ英語の意味を紹介!

温もりのある”寺系”香水

上の項で「サトリは寺系の香水」とお話ししましたが、私は寺系の香りを纏うと「この世界にただ一人だけ居る」ような静寂さを感じます。

でも、サトリは少し違うようです。

 

バニラの温もりあるノートのお陰か、孤独で内省的な香りではなく、家族や友人など大切な人と一緒にいるような、ほっこりする香りだと感じるのです。

寒々とした山寺ではなく、よく手入れされ、香の匂いが染み込んだ柱や床の「木の温もり」に包まれているみたい。

 

ラストでは「石けん」や「お風呂上り」の香りがあるように感じます。

ほかほかと肌から湯気が上がっているような…。

ですので、石けんそのものの匂いがする訳ではありません。

もしかしたら私の湯上がりの香りの記憶と結びついているだけで、一般的には石けん系の匂いとは言えないのかもしれません。

(「石けんの匂いなんてしないよ!?」と思う人の方が多いかも…。)

 

パルファンサトリらしく、とても繊細で「0.1mmの誤差も許さない」ような几帳面さも感じます。

個人的に寺系の香水はあまり得意ではないのですが、サトリは大好きな香りの一つです。

まとめ

今回は「パルファンサトリ/さとり オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

さとりは、香の焚かれたお寺に居るような香りです。

お香の香りの中にほんのりとした温もりや色気が混じる、パルファンサトリの代表作品。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「寺系の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ダークアンバー&ジンジャーリリー コロン インテンス」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ダークアンバー&ジンジャーリリーは、静[…]

ジョーマローン ダークアンバー&ジンジャーリリー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「NISHANE(ニシャネ)ゼン エキストレ ド パルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ゼンは綿あめのような甘さと薬草のようなクセから始まり、お香・ローズの酸味・もったり系の甘さをミック[…]

【ニシャネ】ゼン/エキストレドパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:PARFUM SATORI公式ホームページ「サトリ -Satori-」https://parfum-satori.com/?pid=24444828

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!