【ディオール】MCDバニラディオラマの香水レビュー|飛んで跳ねて

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール/バニラ ディオラマ オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

バニラディオラマは、チョコレートラム酒、コクのあるバニラが香る、温かなグルマンノートの香水。

色々な香りが目まぐるしく入れ替わるトップノートは、まるでデザートの一口目のように表情豊かで面白いです。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・メゾンクリスチャンディオール、バニラディオラマの香りについて詳しく知りたい

・チョコレート、ラム、バニラの香りが好き

・ジェンダーレスに使いやすいバニラ系香水を探している

DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール バニラディオラマとは?

香水の基本情報

タイトル:VANILLA DIORAMA Eau de Parfum(バニラ ディオラマ オードゥパルファン)

ブランド:CHRISTIAN DIOR(クリスチャン・ディオール)

香調:グルマン、オリエンタル

調香師:フランソワ・ドゥマシー

発表:2021年

   -AD-

【テスター】 クリスチャンディオール Dior メゾンクリスチャンディオール バニラディオラマ 125ml [095929]

トップノート:オレンジ、ピンクペッパー、レモン

ミドルノート:ラム、カルダモン、カカオ

ラストノート:マダガスカル産バーボンバニラ、サンダルウッド、パチョリ

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:7時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

【ディオール】バニラディオラマ/オードパルファン、香水イメージチャート

メゾンクリスチャンディオール バニラディオラマって、どんな香り?

【メゾン クリスチャンディオール バニラディオラマ】香水レビュー

トップノート:酸味、スパイシー、ウッディー(20分)

肌に乗せると、一瞬”火薬”のような刺激的な香りが通り抜ける。

すぐに香りが変化し始め、酸味、スパイシー、ウッディーを掛け合わせた匂いに落ち着く。

ここまでが約5分。

 

体全体から昇ってくるのは、甘くないチョコレートや、パチョリの暗いココアパウダー様の匂い。

すぐさまラムの甘いお酒の香りも出てくる。…と思ったら、今度は酸味を感じさせるチョコレートだ。

色々な香りが代わる代わる登場し、とても面白いオープニングだと思う。

ミドルノート:ラム&チョコレート(1時間40分)

香りに仄かな甘みが出てきて、ミドルノートに入る。

ここではラム酒とチョコレートソースを混ぜたような香りになっている。

甘さは控えめで、砂糖ではなくラムの甘みのように感じた。

ミドルに入って20~30分もすると、徐々にバニラの香りが出てきた。

ラストノート:バニラが主役(4.5時間)

ラストノートの主役はバニラの香りだ。

といっても、「明るくキュートな甘さ」や「バニラエッセンスのような香り」はしない。

トップから続くラムの香りやウッディーさを含む、落ち着いたバニラのノート。

 

サンダルウッドが効いているのか、「寺系」の香りにも思える。

★「寺系」って何?と思った方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事

今回は、香水の香りを表す言葉についてお話していきたいと思います。グルマン系、シプレ系、オリエンタル、ウッディ…etc。香りを表現するのに色々な言葉が使われているのですが、これって結構わかりにくいですよね。 […]

【香水、香りの用語】~系、表現する言葉、カタカナ英語の意味を紹介!

 

香り立ちは強めで持続力も高い。

ジェンダーレスに使いやすい、バニラ系香水だと思う。


▼▼ バニラ香水いろいろ♪AD ▼▼

サンタ マリア ノヴェッラ バニラ オーデコロン 100ml Santa Maria Novella Vaniglia EDC [10431/6015]

ゲラン GUERLAIN シャリマー EDP オーデパルファン 50mL【香水】 誕生日 プレゼント ギフト

ディオール/バニラディオラマの解説と感想

マキシムのデザート「ディオラマ グルマン」に捧ぐ

メゾンクリスチャンディオールの中の一本、「VANILLA DIORAMA(バニラディオラマ)」の香り。

こちらはチョコレートやラム酒、コクのあるバニラが香る、温かなグルマンノートの香水となっています。

 

クリスチャン・ディオールが愛したデザート「ディオラマ グルマン」にオマージュを捧げた香り。名高いパリの老舗レストラン「マキシム」が、クチュリエのために作り出したこのミステリアスなデザートの姿形やレシピは謎に包まれたまま。バニラ ディオラマという名は、この伝説のスイーツに由来しています。

ーDior公式ホームページより

 

ディオールの「ミスディオール(1947年)」に次ぐフレグランス、「ディオラマ(1948年)」が2010年にフランソワ・ドゥマシー氏の手によって再調香され、オードトワレとして販売されているのですが、それらとこの「バニラディオラマ」は関係がないようです。

 

(ちなみにディオラマのオリジナルと現行版を比較すると、「現行版の方はクミンが強い」という評をよく見かけます。

日本では未発売なので、入手されたい場合は並行輸入品or個人輸入という形になります。)

\ワンダフルデー!全品P10倍!/ クリスチャン ディオール ディオラマ EDT SP 100ml CHRISTIAN DIOR【送料無料】 レディース【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日

価格:11,990円
(2023/2/1 17:36時点)

デザートの一口目と同じ

さて、バニラディオラマを肌に一噴き。

まずは先陣を切るように、火薬のような力強いノートが駆け抜けます。

後を追うようにしてチョコレートやラム、ココア…。

スポットライトがパッパッと切り替わるように、香りが表情豊かにどんどん変化していきます。

 

このあたりの香りはとても刺激的で、カットグラスを通して乱反射した光のように、飛んだり跳ねたり。

エネルギーに溢れているのを感じます。

それは、デザートを食べる時の”一口目”によく似ています。

初めて口に運んだ時の「思いもよらない味が色々出てくる!」という喜びや驚き、それをこの香水のトップノートでも味わえます。

 

”二口目、三口目…”たるミドルノート以降では、香りの焦点が「ラム」「チョコレート」「バニラ」に絞られていきます。

そしてその比重がバニラに傾いていき、ドライダウンするという形。

 

バニラの香りは、もちろんバニラディオラマの中核を担っていますが、「バニラ一辺倒」な香水にはなっていません。

また、キャラメルのような豊かで甘い芳香を持つ「バーボンバニラ」が使われているとのことで、バニラエッセンスのような「明るいバニラの香り」でもありません。

 

ウッディーでお酒っぽさもある、落ち着いた”大人向け”のバニラ香水となっていました。

まとめ

今回は「メゾンクリスチャンディオール/バニラディオラマ オードゥパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

バニラディオラマは、「ラム・チョコレート・バニラ」が主役の香水。

酸味やスパイシー、ウッディー、お酒っぽさ、チョコ…と、次々と香りが切り替わるトップノートが面白いです。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

 

★「バニラの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)バニラファタール オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 バニラファタールは、濃厚なバニラの香りとキャラメリゼしたような香ばしい香りが続く香水です。[…]

トムフォード バニラファタール、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ダーク バニラ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ダークバニラは、プリンのカラメルのような、ほろ苦さを含んだ甘い香りの香水です。[…]

モンタル ダークバニラ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:DIOR公式ホームページ「バニラ ディオラマ」https://www.dior.com/ja_jp/beauty/products/Y0996344-%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%8B%E3%83%A9-%E3%83%86%E3%82%99%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%99%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!