【パルファンサトリ】シルクイリスの香水レビュー|曇りガラスの光

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)シルク イリス オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

シルクイリスは、すりガラスを通して見た光のように柔らかな香りがします。

パウダリーさはあまり強くなく、”ポフポフ”ではなく”サラサラ”とした質感のアイリス香水です。

 

当ページでは、シルクイリスの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンサトリ、シルクイリスの香りについて詳しく知りたい

・アイリスの香りが好き

・すりガラスを通した光のような、柔らかな香りが好き

PARFUM SATORI(パルファン サトリ)シルクイリスとは?

香水の基本情報

タイトル:Silk Iris Eau de parfum(シルク イリス オードパルファン)

ブランド:PARFUM SATORI(パルファンサトリ)

香調:パウダリー、ムスキー

調香師:サトリ・オオサワ(大沢さとり)

発表:2010年

トップノート:レモン、ベルガモット、エレミ、リーフィグリーン

ミドルノート:イリスバター、バイオレット、ミモザアブソリュート、ローズアブソリュート

ラストノート:オリバナム、サンダルウッド、ホワイトムスク

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5.5時間程度

放香性:★★☆☆☆+ 弱い~やや強い

【パルファン サトリ】シルクイリス、香水イメージチャート

シルクイリスって、どんな香り?

トップノート:シトラス・グリーンと香木(15分)

爽やかでさっぱり酸味のあるレモン系のシトラスと、ガルバナムのような苦み・グリーンさ。

そして香木のような”静けさ”を伴った、樹脂の仄かな甘みとウッディーさを感じる。

この樹脂っぽさがあるお陰で、シトラス&グリーンのキラキラ明るい感じではなく、ひっそりと”落ち着き”を感じさせる香りになっていた。

ミドルノート:ニベアの優しい甘さ(1.5時間)

シトラスが遠のき、ガルバナムのようなグリーンさと樹脂香は残る。

そして、そこにパウダリーさも重なりだす。

化粧品的なパウダリーさと、お香のようなパウダリーさを半分ずつ混ぜた感じ。

 

そして体の動きに合わせて、ふと甘い香りが立つのだが、これは「ニベアクリームの優しい甘さ」が最も近い匂いだと思った。

パウダリーで少し甘さもあるが、「ポフポフと温もりある香り」ではなく「しっとり滑らかで、僅かにひんやりした香り」という印象を受けた。

ラストノート:サンダルウッドとムスク(4時間)

ミドルからラストにかけての香りの変化は少なく、それまでの香りが淡くなるような形でドライダウンに向かう。

 

徐々にパウダリーさは薄れ、お香っぽさのあるマイルドなサンダルウッドとムスクの甘みが、一本の糸のように細く長く香っている。

そして、最も長く肌に残ったのはムスクの香りだった。

 

全体を通して香り立ちはマイルドだが、持続性はまずまずしっかりしている。

一年を通して、TPO問わず使いやすい香水だと思う。


▼▼ アイリス香水色々・AD ▼▼

ソンボン 香水 100BON シダー&イリス EDP・SP 50ml 【あす楽 送料込み(沖縄・離島を除く)】【フレグランス ギフト プレゼント 誕生日 ユニセックス・男女共用】【シダー&イリス CEDRE & IRIS SOYEUX EAU DE PARFUM SPRAY】

PRADA プラダ インフュージョン ドゥ プラダ イリス オードパルファム Infusion d’Iris EDP 30ml

パルファンサトリ/シルクイリスの解説と感想

透明な光の粒、柔らかな香りの瞬間を楽しむ

日本の香水メゾン「PARFUM SATORI(パルファンサトリ)」より、2010年に登場した「Silk Iris(シルクイリス)」の香り。

ブランドによると、こんなイメージの香水だそうです。

 

シンプルなシルクのシャツに、パールのネックレスをさらりと着けた美しいひと。
月のきらめきのように細やかな光の粒子が、白いオーラとなって、その素肌から匂い立ちます。

ーパルファンサトリ公式ホームページより

 

実際に肌に纏ってみると、この説明にある「光の粒子」という言葉が、驚く程にしっくりきます。

「透明なガラスに映るキラキラした光」ではなく、「すりガラスを通して見た柔らかな光の粒」

こういった静かで柔らかな美しさは、いかにもパルファンサトリの香水だなぁと、思わずにんまりしてしまいました。

 

イリス(アイリス/オリス)の香料はその根から抽出され、スミレにも似た清楚なフローラルや石けん系のパウダリーな優しい甘さを感じさせる香りがしますが、シルクイリスの中では”ポフポフ”と粉っぽい感じではなく、”サラサラ”とした肌触りを思わせます。

 

例えばサラリと流れる、絹糸のような女の長い髪。

あるいは細やかなフェイスパウダーをブラシに含ませて、肌を撫でる瞬間。

 

香りの中にはアイリスやミモザのパウダリーフローラルも登場するものの、”粉っぽさ”は強すぎず、サラサラと滑らかな香りになっているのです。

爽やかなシトラスから優しいアイリスへ、絹糸のような繊細なフィニッシュ

ブランドによると、シルクイリスの香りは大きく3つの要素から成るそうです。

「残香性のあるシトラス」「うぶ毛が光る白桃のような香り」「フレッシュな木材と白いスミレの間のようなイリス」の3つです。

 

この香水を肌に纏うと、まずは爽やかなレモン系のシトラス香が広がります。

でもこの強いシトラス感は15分程で薄れていくので、「残香性が強い」というようには感じません。

 

また「桃の香り」も、私にはよく分かりませんでした。

ただ、トップ~ミドル前半くらいでガルバナム様の苦みやグリーンさを感じたので、それが「固く若い桃の青々しさ」のようだと言えんこともない…かもしれない。

 

アイリスの要素は上の項でも話した通り、”ポフポフ”というよりは”サラサラ”系。

優しい甘味は感じますが、私には「石けん」というより「ニベア」の香りに思えました。

 

ラストに至ると「お香のようなサンダルウッド」や「清潔感あるクリーンなムスク」が、細い線を描きます。

まるで一枚の白い絹布から”ツー”と糸を引き出しているような、繊細なラストノートです。

 

シルクイリスでは、香木ような「和」の雰囲気がトップからラストまで加わっているように思います。

これのお陰で、「軽やか」であっても「落ち着き」のあるアイリス香水になっているのだと思いました。

まとめ

今回は「パルファンサトリ/シルクイリス オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

シルクイリスは、「光の粒子」という言葉がしっくりくる、柔らかで優しいアイリス香水です。

香木のような「和」の雰囲気もあり、ひっそりとした静けさや落ち着きも感じさせる香りだと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「アイリスの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール/コローニュブランシュ オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 コローニュブランシュは、パウダリーな”白い”香りが主役の香水です[…]

【ディオール】メゾンクリスチャンディオール/コローニュブランシュ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「Rirana Parfume(リラナパフューム)アイリス アンブレット オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 アイリスアンブレットは、ベルガモットのような苦み・酸味を伴ったラベン[…]

【rirana parfume・リラナパフューム】アイリスアンブレット/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:

PARFUM SATORI公式ホームページ「シルクイリス -Silk Iris-」https://parfum-satori.com/?pid=21476782

パルファン サトリの香り紀行「シルクイリスのできるまで。 Silk Iris,」https://parfum-satori.hatenablog.com/entry/silk_iris_1

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!