パルファンサトリ/ハナヒラクの香水レビュー『奇想、鼻より落つ』

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ハナヒラク オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ハナヒラクは、フルーティーな匂いから始まりホワイトフローラルへ、そして甘じょっぱさとスモーキーさのあるウッディーノートへと変化していく香水です。

付け始めで登場する「メロンキャンディー」の香りや、「味噌餡」「焦がし醤油」といった香りがラストノートには挙げられており、とても面白い香水だと思います。

 

当ページでは、ハナヒラクの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンサトリ、ハナヒラクの香りについて詳しく知りたい

・メロンやチューベローズの香りが好き

・意外性のある香水を探している

PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ハナヒラク オードパルファンとは?

香水の基本情報

タイトル:Hana Hiraku Eau de parfum(ハナヒラク オードパルファン)

ブランド:PARFUM SATORI(パルファンサトリ)

香調:フルーティー、フローラル

調香師:サトリ・オオサワ(大沢さとり)

発表:2016年

トップノート:クリーミィメロン、ベルガモット、ガルバナムエッセンス

ミドルノート:マグノリアエッセンス、チュベローズアブソリュート、ジャスミンアブソリュート、イリスバター、 ローズエッセンス、イランイラン、カモミールブルー

ラストノート:味噌餡、焦がし醤油、ビーズワックス、サンダルウッド、グアイヤックウッド

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5.5~6時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【パルファン サトリ】ハナヒラク、香水イメージチャート

“メロン味”からチューベローズへ、ラストはスモーキーな独特の香り

トップノート:ペコちゃんの棒付きキャンディー・メロン味(20分)

付けた瞬間「これは…メロンだ…。」とびっくりする。

しかも、ペコちゃん棒付きキャンディー・メロン味のような感じ。

リアルなメロンではなく、お菓子等に香り付けとして使われている”メロン味”の匂いだ。

深く香りを吸い込むと、奥の方には”焦げ感”のあるウッディーがあるのが分かる。

ミドルノート:チューベローズとマグノリア(1.5時間)

メロンだと思っていたものが、気付けばチューベローズの香りに変わっている。

チューインガム様の、”人工的”なフルーティーさが強いタイプのチューベローズ香だ。

ミドルノートはホワイトフローラルの花々が中心となっているようだが、中でも「フルーティーなチューベローズ」と「酸味の強いマグノリア」がしっかりと感じられた。

ラストノート:甘じょっぱさとスモーキーウッディー(4時間)

ミドルまでのフルーティーフローラルに、しょっぱさとスモーキーなウッディーが加わってくる。

ラストノートには味噌餡や焦がし醤油といった香りがリストされているが、「塩気」は感じられるものの、味噌や醤油の匂いはしない。

 

スモーキーウッディーはガイアックウッド由来なのかと思うが、これはトップからずっとベースにあるのが感じられる。

それがここに来て、しっかり前に出てきた形。

最後は仄かに甘く、スモーキーで乾いた香りが肌に残っていた。


▼▼ メロン香水色々・AD ▼▼

FERNANDA リッチオーデコロン メロンスムージー★この商品は日本国内販売の正規品です★《お買い物合計金額6,800円で送料無料》

ディメーター ハニーデューメロン コロン 120ml Demeter Honeydew Melon Cologne 120ml 送料無料 【楽天海外通販】

「パルファンサトリ/ハナヒラク」の感想、口コミ

冬を越える花の生命力

2016年10月に登場した「Hana Hiraku(ハナヒラク)」の香り。

こちらはフルーティーな匂いから始まり、ホワイトフローラルへと続き、そして甘じょっぱさとスモーキーさを備えたウッディーな香りで終わっていく香水です。

 

ブランドによると、こんなイメージの香りだそうです。

辛夷(コブシ)、白木蓮(ハクモクレン)、そして朴(ホオ)の花
冬を耐え、固いつぼみの殻がはじけて白い花が咲く
なよやかな草花の上で、力強い木の花がどんどんと開いていく
朴(ホオ)の花の蕊は、花開く意思を持つ
「ハナヒラク」とき、道がひらける

ーパルファンサトリ公式ホームページより

 

コブシもハクモクレンも3~4月頃に開花する、春を告げる花の一つ。

(ホオは5~6月だそうで、ちょっと時期が違うけど。)

 

冬を超えて花を咲かせる、自然の生命力をイメージしているのですね。

「ハナヒラク」という名前だけを見ると どこか華奢で儚げな印象を抱くのですが、実際に付けてみると 香りの変化もダイナミックで、確かにパワフルな香水だと感じました。

 

また、ブランドによると「ドライオリエンタル」という香調に分類されるそうです。

(抜粋)「ドライオリエンタル」は、日本人調香師が思い描くマットな「和のオリエンタル」。味噌や醤油にあるアニマリックな香りは、イリス、ウッディでドライな香ばしさに仕上げられ、フローラル、バルサミック、シトラスと調和しています。

ーパルファンサトリ公式ホームページより

 

なるほど、これが「ドライオリエンタル」とな。

私はハナヒラクを付けていても、「オリエンタルな香り」とは感じません。

「アニマリックなねっとり感」や「樹脂系の官能的な甘さ」といった要素を感じないからです。

ですので、私たちが知っている「オリエンタル」と「ドライオリエンタル」では、結構違いがあるのかもしれませんね。

メロンと味噌・醤油の組み合わせが非常にユニーク

さて、特に印象に残った2点についてお話ししたいと思います。

まずは冒頭で登場する「メロン」について。

このメロンは、かなりインパクトが強いと思いました。

 

これが、まさかの「ペコちゃんキャンディー・メロン味」みたいな匂いがするのです。

私の中で最もメロン味キャンディーに近い香水は、「ディメーター/ハニーデューメロン」。

ハニーデューメロンは「まんま、メロンキャンディー」という香りですが、ハナヒラクは一味違います。

焦げ感のあるスモーキーウッディーが奥で香っており、ちょっと不思議な感じ。

 

もう一点は、やはり「味噌餡」や「焦がし醤油」といった香りがリストされている事です。

子どもの頃、味噌は家で作っており、醤油も蔵元から大容器で買って保管していました。

これらの味噌樽や醤油、他には梅干などを置いている土蔵があり、壁材などの古い木の香りや酸っぱさを含んだ発酵臭がその中には充満していました。

(結構クセのある匂いなんですが、私はこれが大好きでした。)

 

私にとっての味噌や醤油というのは、この蔵の香りなのですが、ハナヒラクの中にはそんな発酵臭はありません。

ラストではホワイトフローラルの甘さに「塩気」が混じり、”甘じょっぱい”香りにはなるのですが、味噌や醤油の風味とは違うかなぁというのが正直な感想です。

 

私の肌では、ハナヒラクの主役はチューベローズになっていましたが、他のどんなチューベローズ香水とも違っています。

トップのメロンキャンディーの香りも、ラストの甘じょっぱさ&スモーキーウッディーな香りもユニークでした。

面白い香水だと思います。

まとめ

今回は「パルファンサトリ/ハナヒラク オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ハナヒラクは、ペコちゃんキャンディー・メロン味から始まり、ホワイトフローラルへと変化します。

最後は甘じょっぱいスモーキーウッディーになり、とてもユニークな香りだと思いました。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「メロンの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)ジャドール オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。 ジャドールEDPは、果汁がしたたる完熟フルーツと、ジャスミンを中心としたホワイトフローラルのブーケ。[…]

【DIOR・ディオール】ジャドール/オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ ウララ オードトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ウララは、フルーツの香りと軽いフローラルの匂いが組み合わさった、[…]

コスメデコルテ キモノ ウララ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:PARFUM SATORI公式ホームページ「ハナヒラク -Hana Hiraku-」https://parfum-satori.com/?pid=107980749

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!