パルファンサトリ/ニュアージュローズのレビュー『薔薇と菫の狭間』

今回は「PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ニュアージュ ローズ オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ニュアージュローズは、夜明けや夕暮れの空のような、バラ色からスミレ色へと続く”切ない”グラデーションを感じさせる香りです。

爽やかな酸味からローズの香りへと変化していき、最後は石けん調のイリスクリーンなムスクに抜けていきます。

 

当ページでは、ニュアージュローズの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・パルファンサトリ、ニュアージュローズの香りについて詳しく知りたい

・爽やかなローズの香りが好き

・「儚さ」や「切なさ」を感じさせてくれる香りが欲しい

PARFUM SATORI(パルファン サトリ)ニュアージュローズ オードパルファンとは?

香水の基本情報

タイトル:Nuage Rose Eau de parfum(ニュアージュローズ オードパルファン)

ブランド:PARFUM SATORI(パルファンサトリ)

香調:フローラル

調香師:サトリ・オオサワ(大沢さとり)

発表:2011年

廃盤:2023年 販売終了

トップノート:ピンクペッパー、ラ フランス

ミドルノート:ローズ ド メ、ダマスク ローズ、バイオレット、ジャスミン、ミモザ

ラストノート:イリス(ニオイアヤメ)サンダルウッド、アンブレットシード

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【パルファン サトリ】ニュアージュローズ、香水イメージチャート

爽やかな酸味とローズ、最後は淡く穏やかなムスク

パルファンサトリ/ニュアージュローズのレビュー『薔薇と菫の狭間』

トップノート:赤じその酸味(20分)

酸味のある爽やかな香りから始まる。

梅干と一緒に入っている「酸っぱさの染み込んだ 赤じそ」の香りが、知っている中で最も近い。

付けてから5分程すると、奥の方にパウダリーフローラルとムスクを混ぜたような、石けん感のある甘さが出てくる。

ミドルノート:明るいローズ香(1時間)

少し酸っぱさが和らいで、「梅干・赤じそ」系から「ローズ花弁の酸味を含んだ香り」に変化していく。

それと同時に、ミモザやイリスの柔らかなパウダリーフローラルは増す。

でも主役はあくまでも爽やかなローズの方で、全体的なバランスとしては粉っぽさは少ない。

明るくすっきりとした、ローズ系フローラルとなっている。

ラストノート:石けん調のイリスやクリーンなムスク(2時間)

香り立ちが淡くなり、酸味はどんどん遠のいていく。

ここではイリスの石けん調のやや粉っぽい香りや、ムスク系の明るくクリーンな甘さが主役だ。

最終的にはムスキーな香りが肌に残り、消えて行った。

 

全体を通して香り立ちは穏やか。

持続力も少なめなので、「夜に食事の予定がある」など、香りを残したくない日にも向いていると思う。


▼▼ ローズ香水色々・AD ▼▼

【公式】ロクシタン L’OCCITANE ローズ オードトワレ 75mL/ 香水 EDT フレグランス レディース フローラル

【ミニサイズ】エルメス HERMES オードトワレ EDT ローズイケバナ 15mL【100g】【香水】誕生日 プレゼント ギフト

「パルファンサトリ/ニュアージュローズ」の感想、口コミ

バラ色からスミレ色へとグラデーションを描く空

調香師の大沢さとり氏が立ち上げた香水ブランド「パルファンサトリ」より、2011年5月に登場した「Nuage Rose(ニュアージュローズ)」の香り。

こちらの香水名には、「バラ色の雲」という意味が込められています。

 

さて、ブランドによると、ニュアージュローズはこんな香りだそうです。

南仏コートダジュールの夜明けや夕暮れどき、空のキャンバスいっぱいにバラ色とスミレ色が交差し、やわらかな雲の波間から海へと光が差し込む…そんな美しい情景を香りに託しました。

ーパルファンサトリ公式より

 

バラ色とスミレ色が混じる、空の色。

小学生のころ、図工のグラデーションの学習の一環として「夕焼け空の絵」を描いたことを思い出します。

 

私はこの色合い――”夜に足を踏み入れようとする”時間帯の切ない色合いが好きだったので、こちらでグラデーションを作ったのですが、何故か「夕焼けはもっとオレンジだよ?」と注意を受けてびっくりした事もよく覚えています。

もちろんそんな忠告は綺麗さっぱり無視して、自分の好きな空を描いたわけですが。

 

燃えるようなオレンジ色の空も美しいですが、バラ色から藤色、スミレ色へとグラデーションを描く空も綺麗ですよね。

私にとってニュアージュローズは、そんな色合いの「儚さ」「切なさ」を感じさせてくれる香水なのです。

繊細な印象をもたらすローズ香水

ところで、私のベストローズ香水は「エルメス/エルメッセンス ローズイケバナ」です。

ニュアージュローズは今年(2023年)に買ったばかりなのですが、ローズイケバナに迫る勢いで大好きな香り。

関連記事

今回は「HERMES(エルメス)ローズ イケバナ オードトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローズイケバナは、日本の文化・生け花にインスピレーションを受け、誕生し[…]

【エルメス】エルメッセンス/ローズイケバナ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

まずは、「トップの酸味」の部分からして大好きです。

私が付けると「梅干と一緒に漬かっていた赤じそ」の匂いがするのですが、これはピンクペッパーやローズヒップを混ぜたような、フルーティーな酸味を感じているのかと思います。

そう言えばローズイケバナもルバーブの酸味が効いているので、おそらく私は「シトラス以外の酸味」をしっかり感じられる物が好きなんでしょうね。

 

そこから「ローズ花弁の酸味」に変形していき、ミモザとアイリスのパウダリーフローラルが、スミレ色の空に粉砂糖を掛けるように、キラキラと細やかな光を放ちます。

 

そしてラストノートは、クリーンな雰囲気のムスク香に抜けていく形。

これもローズイケバナと似ています。

ただ全体的に見て、ニュアージュローズの方がローズイケバナよりも繊細で華奢な印象をもたらすローズ香水だと思いました。

 

個人的な好みではありますが、どのタイミングを切り取っても「良い匂いだなぁ」と素直に思える香水です。

こちらは既に廃盤となってしまったのですが、パルファンサトリさんには今「THE・ローズ香水」といった香りがないので、2024年は新しいローズ香水が登場するのではないかと期待しています。

まとめ

今回は「パルファンサトリ/ニュアージュローズ オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ニュアージュローズは、「夜になる一歩手前」のような、切ない空の色合いを感じさせる香りです。

私の肌では梅干と共に漬かっていた赤じそのような酸味からローズ、そしてムスキーな香りへと変化していきますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「明るいローズの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ローザ ロッサ オーデトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローザロッサは、カシスやライチの軽いフルーツの香りに[…]

ゲラン アクアアレゴリア ローザロッサ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー オードゥパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローズジプシーは、香り豊かなメイローズ[…]

メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:パルファン サトリの香り紀行「ニュアージュローズ(バラ色の雲)パルファンサトリ新作香水」https://parfum-satori.hatenablog.com/entry/post_505

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!