HERMES(エルメス)ローズイケバナのレビュー『都会に咲く』

今回は「HERMES(エルメス)ローズ イケバナ オードトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ローズイケバナは、日本の文化・生け花にインスピレーションを受け、誕生した香りです。

ローズ花弁の華やかなフローラルに、ルバーブの酸味やフレッシュさが重なります。

 

当ページでは、ローズイケバナの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメス、ローズイケバナの香りについて詳しく知りたい

・明るく瑞々しいローズの香りが好き

・青葉のような香り、フレッシュでアロマティックな香りも好き

HERMES(エルメス)エルメッセンス ローズ イケバナ/オードトワレとは?

香水の基本情報

タイトル:ROSE IKEBANA  Eau de Toilette(ローズ イケバナ オードトワレ)

ブランド:HERMES(エルメス)

香調:フローラル、ハーバル

調香師:ジャン=クロード・エレナ

発表:2004年

   - AD –

〔12/1 限定!エントリーで店内全品ポイント最大6倍〕【ミニサイズ】 エルメス HERMES ローズイケバナ EDT 15ml [539401/051526/898385]

ノート:ローズ、ルバーブ、ティー、レモン、オレンジ、ペッパー、ムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5.5~6時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【エルメス】エルメッセンス/ローズイケバナ、香水イメージチャート

ルバーブの爽やかさと青葉のようなグリーンさを含んだ、ローズの香水

HERMES(エルメス)ローズイケバナのレビュー『都会に咲く』

トップノート:酸味と青さ、爽やかな香り(15分)

ルバーブの酸味とレモンの爽やかさ、若葉のようなフレッシュで青々しい香りからスタートする。

つけてから5分ほどで、生花のようなローズの香りもうっすらと重なってくる。

背後には、石けん調の「クリーンなムスク」が控えているのも感じられる。

ミドルノート:バラの花弁をたっぷりと(1.5時間)

ルバーブとシトラスの酸味が和らぎ、ローズが主役へと変化していく。

イメージとしては「濃いピンクのバラの花弁(大量)を、勢いよくプワァァァーッと撒いた」ような感じ。

 

生花様のフレッシュさや、バラの茂み・葉のような青々しい香り、また植物らしい”エグみ”もたっぷり含んでいるのだが、バラの花の持つ「ボリューム感」や「華やかさ」も損なわれてはいない。

ラストノート:最後はローズ石けん調に着地(4時間)

ローズ花弁の華やかな香りが落ち着き、植物の”エグみ”や青々しさを中心にドライダウへ向かう。

草の葉を磨りつぶした時のような、「フレッシュな酸味」もまだ感じられる。

ラストに入って さらに1時間半ほどすると、「ローズ石けん」のような香りに移行していく。

柔らかで「清潔感」を伴ったローズ香だ。

 

全体を振り返ってみると香りの変化は少なめで、シングルノート様に展開した。

レディース向け、明るいフローラル香水になっている。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

Hermès エルメス ローズイケバナ オードトワレ 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 メンズ レディース ユニセックス 30プッシュ 送料無料

エルメス HERMESアトマイザー 選べる3本セット 各1.5ml香水 メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】コロン エルメッセンス シリーズ /ローズ イケバナ /ベチパー トンカ /アンブル ナルギレ /ポワブル サマルカンド /オスマンサス ユンナン…

「エルメス/ローズイケバナ」の感想、口コミ

「生け花」にインスパイアされて生まれた香水

2004年にスタートしたエルメス香水の高級ライン、「エルメッセンス」シリーズ。

「ROSE IKEBANA(ローズイケバナ)」は、エルメッセンス誕生時の4つのトワレのうちの一本です。

(他3つは「ベチバー トンカ」「ポワーヴル サマルカンド」「アンブル ナルギレ」。)

 

ローズイケバナの「イケバナ」とは、そのまま「生け花」のことです。

この香水は日本の文化・生け花にインスピレーションを受け、誕生した香りなんですね。

 

日本の伝統芸術である生け花は、花や枝など選りすぐった素材を使って美を表現します。そんな生け花を、フレグランスという形にしました。

ージャン=クロード・エレナ

 

私は少しだけお華を習っていたのですが、師事していた流派・先生からは「花が生き生きと野に咲いているように活けなさい」と教わりました。

ですので、花の顔を正面に向けるだけではなく、天に向ける形でも入れたりしていました。

(でも別の先生からは「ちゃんと正面向けろ」とも言われたので、教える人によって色々みたいだけど…。)

 

そんな訳で、私の中での生け花は「自然に咲く花の美しさ」を表現するもの。

ローズイケバナは、「生け花」のイメージとは違うかなと思います。

「自然なバラの咲き姿」というよりは、「豪華に敷き詰められたバラの花びら」を想像させる香りなのです。

都会的でモダンなローズ香

ローズイケバナの主役はもちろん「ローズ」なのですが、もう一つのキーノートである「ルバーブ」の酸味とフレッシュさが、非常に良い仕事をしてくれます。

華やかなローズ花弁の香りを”軽やか”にし、フェミニンに傾きすぎない「都会的でモダンなフローラル」に変えているのです。

 

ところで、ローズ香水の表現の幅も、とても広いですよね。

「パチョリの効いたスパイシーなローズ」や「ティーっぽさを感じさせるローズ」、「リアルな生花・バラ園のようなローズ」などなど…。

ローズイケバナは、「明るく みずみずしいローズ」「若葉をすり合わせたような青々しいローズ」「バラ石けんのような清潔感のあるローズ」といった香りになっています。

 

実は私、ローズイケバナが「マイベスト・ローズ香水」なんです。

ルバーブはじめ「ローズ以外」の要素もしっかり香るので、「ローズ香水っぽくないな…」と物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、明るく軽やかなローズ香がお好きな方には、是非お試しいただきたい一本です。

まとめ

今回は「エルメス/ローズイケバナ オードトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ローズイケバナは、ルバーブの酸味やフレッシュさと青葉のようなグリーンな香りを含んだローズ香水です。

最後は「ローズ石けん」のような、清潔感ある香りに落ち着きますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「明るいローズの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー オードゥパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローズジプシーは、香り豊かなメイローズ[…]

メゾンクリスチャンディオール ローズジプシー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ローザ ロッサ オーデトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローザロッサは、カシスやライチの軽いフルーツの香りに[…]

ゲラン アクアアレゴリア ローザロッサ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:HERMES公式ホームページ「オードトワレ 《ローズ イケバナ》」https://www.hermes.com/jp/ja/product/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%AC-%E3%80%8A%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%90%E3%83%8A%E3%80%8B-V38165/

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!