【エルメス】オスマンサスユンナンのレビュー|冷たい白茶に金木犀

今回は「HERMES(エルメス)オスマンサス ユンナン オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

オスマンサスユンナンは、ホワイトティーのような明るく爽やかなお茶の香りと、最後にうっすらと出てくるキンモクセイが主役の香水です。

”芳香剤”っぽさは一かけらもなく、アロマティックで淡い香りが続きます。

 

当ページでは、オスマンサスユンナンの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・エルメス、オスマンサスユンナンの香りについて詳しく知りたい

・金木犀の香りは好きだが、”芳香剤”っぽくなるのは嫌

・爽やかで瑞々しいお茶の香りも好き

HERMES(エルメス)エルメッセンス オスマンサスユンナンとは?

香水の基本情報

タイトル:OSMANTHE YUNNAN  Eau de Toilette(オスマンサス ユンナン オードトワレ)

ブランド:HERMES(エルメス)

香調:ティー、ウォータリー、フルーティー

調香師:ジャン=クロード・エレナ

発表:2005年

   - AD –

【ミニサイズ】エルメス HERMES オードトワレ EDT オスマンサスユンナン 15mL【100g】【香水】誕生日 プレゼント ギフト

トップノート:ティー、オレンジ

ミドルノート:オスマンサス、フリージア

ラストノート:レザー、アプリコット

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:3~3.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【エルメス】エルメッセンス/オスマンサスユンナン オードトワレ、香水イメージチャート

エルメッセンス オスマンサスユンナンって、どんな香り?

【HERMES(エルメス)オスマンサス ユンナン】香水レビュー

トップノート:ホワイトティーとアロマティック・フルーティーの香り(15分)

とてもフレッシュで、瑞々しい香りから始まる。

トップはオレンジとティーとのことだが、私には酸味の効いた赤リンゴとホワイトティーのブレンドのように感じられた。

リンゴに包丁の刃を立てたら、水風船のようにパンっと弾け、果汁が飛び散ったような、躍動感ある香りだ。

アロマティックで、甘さは控えめになっている。

ミドルノート:「濁り」が加わる(30分)

付け始めから15分程すると「植物のエグミ」のようなものが加わり、真水のように無色透明だった香りに「濁り」が生まれる。

言葉としては良い表現には聞こえないかもしれないが、この「濁り」があるおかげで香りに奥行きが現れた。

オスマンサスやフリージアが香るとのことだが、私の肌ではフローラル要素は分からない。

奥の方にほんのりと甘みを持った、ホワイトティーの匂いがした。

ラストノート:わずかに色っぽい(2.5時間)

少しだけアーシーな落ち着きが出てきて、ドライダウンに向かう。

私の肌ではレザー系にはならず、ごく少量のパチョリと、ごく少量のモスの湿り気が加わったような香りになっている。

 

パチョリやモスというと、ジメジメと濡れた森の黒い土をイメージするかもしれないが、そういった暗い匂いではない。

チョロチョロと森にわき出す清らかな水辺のように、透明度が高く、明るい匂いになっている。

 

そしてラストまで来ると、ようやくオスマンサスの甘い香りが見えてくる。

しかしこれは「オスマンサス」というよりも、「アプリコット」のフルーティーな甘さを感じ取っているのかもしれない。

 

トップ・ミドルまでは「ユニセックスど真ん中」といった香調だったが、ラストでは多少の色気が出て、レディースに傾く。

付け始め~終わりまで、軽やかな香りが続いた。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

エルメス HERMES エルメッセンス オスマンサス ユンナン オーデトワレ ナチュラルスプレー 2ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

エルメス HERMESアトマイザー 選べる3本セット 各1.5ml香水 メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】コロン エルメッセンス シリーズ /ローズ イケバナ /ベチパー トンカ /アンブル ナルギレ /ポワブル サマルカンド /オスマンサス ユンナン…

エルメス/オスマンサスユンナンの解説と感想

中国の金木犀の香り

HERMES(エルメス)の香水の中でも高級ラインにあたる「エルメッセンス」シリーズより、2005年に登場した「OSMANTHE YUNNAN(オスマンサス ユンナン)」の香り。

OSMANTHEは、オスマンサス・金木犀のこと。

そしてYUNNANは中国南西部にある、雲南省(ウンナン省)のことを指しています。

 

北京の故宮を訪れた時、どこからともなく漂ってくる魅惑的な香り。香りに導かれ、故宮を奥の方に進んで行くと満開のオスマンサス(キンモクセイ)が目の前に現れました。11月、その花は小さな外見に合わずアプリコットのような、存在感があるフリージアのような香りを放っていました。風光明媚な雲南(ユンナン)省のお茶に香りのイメージが重なってこのフレグランスが生まれました。

ージャン=クロード・エレナ

 

オスマンサスユンナンは、金木犀とお茶が主役となって生み出された香りではありますが、金木犀の要素はかなり控えめです。

「オスマンサス香水は芳香剤っぽくて苦手」という方も多いと思うのですが、この香水ではそうはなりません。

 

いや、そもそもオスマンサス香水というより、分類的にはティー系香水に入るのではなかろうか…。

それくらいに、変則的なオスマンサスになっているのです。

冷たい白茶に花を浮かべて

さて、オスマンサスユンナンを肌に一噴き。

まずは透明感のあるアロマティックなフルーティーさと、ホワイトティー系の明るいお茶の香りが勢いよく広がります。

この透明感は多少の”濁り”を加えながらも、最後まで続きます。

 

この”濁り”ですが、これは植物をちぎった時にじわっと出る液体のように、少し「えぐみ」を持っているように感じます。

それが加わることで、冷たいお茶に花を浮かべたような香りにイメージが変化していきました。

 

ただし、ここではまだこの「花」がオスマンサスとは分かりません。

金木犀かもしれないし、サンバックジャスミンかもしれない。

菊や、カモミールかも。

 

そしてラストに至って、アプリコット系の甘さがうっすらと出てきます。

それによって「あぁ、この花の正体はオスマンサスだったんだ。」と分かる仕掛けになっているのです。

 

でもこのオスマンサスも強くは主張せず、本当に淡い。

オスマンサスユンナンにおいて、”芳香剤”と感じさせる香りは、一瞬たりともありません。

 

また、この頃には少しだけアーシーな香りも加わることで、僅かな色気がにじり出てきます。

全体的に軽やかで、アロマティックな香りです。

香りは淡く、香調も大きく変化していかないのですが、不思議と印象に残る香水です。

まとめ

今回は「エルメス/オスマンサスユンナン オードトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

オスマンサスユンナンは、爽やかで透明感のある白茶のようなティーの香り。

最後の方では、少しだけオスマンサスも重なります。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ホワイトティーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「Kilian(キリアン)バンブーハーモニー オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 バンブーハーモニーは、軽やかなホワイトティーの香りを中心に、前半ではシトラスのフレッシュさが、後[…]

【キリアン】バンブー ハーモニー/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール テ カシミア オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 テカシミアは、爽やかさと優しく丸みを帯びた「お茶」の香り。個人的[…]

メゾンクリスチャンディオール テカシミア、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:HERMES公式ホームページ「オー ド トワレ 《オスマンサス ユンナン》」https://www.hermes.com/jp/ja/product/%E3%82%AA%E3%83%BC-%E3%83%89-%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%AC-%E3%80%8A%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9-%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%80%8B-V21069/

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!