【バイレード】ナイトヴェールズ タバコマンダリン|絡まる昼と夜

今回は「BYREDO(バイレード)タバコ マンダリン エキストレ ド パルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

タバコマンダリンは、スパイシーさ」と「スモーキーで甘い樹脂の香り」が主役の香水です。

スパイス、マンダリンの甘さ、タバコ、樹脂が綺麗に混じり合い、それらが時間の経過とともにバランスを変えつつ香っていきます。

 

当ページでは、タバコマンダリンの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・バイレード、タバコマンダリンの香りについて詳しく知りたい

・スパイスの香り、スモーキーで甘い香りが好きな方

・香水に「香りの変化の美しさ」を求める方

BYREDO(バイレード)ナイトヴェールズ タバコマンダリンとは?

香水の基本情報

タイトル:Tobacco Mandarin Extrait de Parfum(タバコ マンダリン エキストレドパルファム)

ブランド:BYREDO(バイレード)

香調:スパイシー、オリエンタル

調香師:ジェローム・エピネット

発表:2020年

   -AD-

BYREDO バイレード ナイト ヴェールズ タバコ マンダリン エクスライト ドゥ パルファム Night Veils Tobacco Mandarin Extrait de Parfum 50ml

トップノート:クミン、コリアンダー、マンダリン

ミドルノート:タバコ、ラブダナム、レザー

ラストノート:オリバナム、ウード、サンダルウッド

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:6.5時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【BYREDO・バイレード】ナイトヴェールズ/タバコマンダリン、香水イメージチャート

ナイトヴェールズ タバコマンダリンって、どんな香り?

トップノート:クミンを中心としたスパイス(20分)

スパイシーな香りから始まる。

私の肌ではクミンがしっかり出ているからか、若干「カレーっぽい香り」にも感じられる。

その他、ジンジャー系の「土っぽくビリッと辛い匂い」もあるようだ。

付けてから5分ほどで強いスパイシーさは落ち着き、蜂蜜を思わせるコクのある甘さが出てきた。

ミドルノート:ハチミツ様の甘さとタバコリーフの苦み(1.5時間)

トップ~ミドルへの香りの変化は、滑らかで美しい。

蜂蜜を思わせる”コクある甘さ”は健在だが、そこにタバコリーフの苦味が加わったように思う。

レザーの要素は、私の肌では感じられなかった。

ラストノート:お香のような、スモーキーな甘さ(4.5時間)

ミドルからラストの香りの変化は少なめで、グラデーション的にゆっくりと変わっていく。

ラストではお香を焚いているような、「甘くほんのりスモーキーな香り」が主役になっている。

 

タバコの苦味も少し残っている。

トップ~ミドル前半あたりまでは香り立ちも強めだが、ここまで来ると肌のそばで柔らかく香りが漂っている感じ。

 

全体を振り返っても、タバコもマンダリンも強く香らず、「スパイス」と「スモーキーで甘い樹脂の香り」が主役になっていると思った。

ややメンズ寄り、ほの暗い印象を受ける香調だった。


▼▼ バイレードお試し香水いろいろ♪AD ▼▼

バイレード イレヴンスアワー BYREDO オードパルファン 香水 お試し 1.5ml アトマイザー ミニ香水

バイレード ラ テュリップ BYREDO オードパルファン 香水 お試し 1.5ml アトマイザー ミニ香水

バイレード/タバコマンダリンの解説と感想

モロッコ・タンジェールに着想を得た香水

2020年に発売された「ナイトウェールズ」コレクションの中の一本、「Tobacco Mandarin(タバコマンダリン)」の香り。

ナイトウェールズは、”夜のために”デザインされたコレクション。

バイレードの中のインテンス ラインにあたり、香水の液色は赤系で統一されています。

 

さてタバコマンダリンは、モロッコ・タンジェールの景色にインスパイアされ、誕生した香りだそうです。

モロッコは地中海・ジブラルタル海峡を挟んで、アフリカ大陸側にある国。

その中でもタンジェールは、海に臨した最北端の位置にあります。

地理的にスペインにとても近いため、アフリカとヨーロッパが交わる要所として、古来より様々な国から支配を受けた地でもあります。

 

そういった地理的・歴史的理由から、複雑に絡み合うアフリカとヨーロッパの文化。

こういった背景を、コントラスト豊かな香りとして表現したのが「タバコマンダリン」という香水なのです。

 

ちなみに、同コレクションで出ている「カサブランカリリー」も、モロッコがテーマの香水ですね。

こちらは「フルーティー×ホワイトフローラル」の香りになっています。

 

カサブランカリリーについては、こちらのページに詳しく載っています。

関連記事

今回は「BYREDO(バイレード)カサブランカ リリー エキストレ ド パルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 カサブランカリリーは、華やかなホワイトフローラルに、煮詰めたプルーンジュースと蜂蜜[…]

【バイレード】ナイトヴェールズ/カサブランカリリー、詳しい香水レビュー/口コミ

昼と夜が交錯する

さて、タバコマンダリンを肌に一噴き。

ブランド的には「スパイシーさとマンダリンの甘いシトラスが”昼”」、「タバコとレザーのダークさが”夜”」みたいな形で、コントラスト豊かに描いた香りになっているということなのですが、個人的には「香りは綺麗にブレンドされており、変化もグラデーション的でゆったり美しい流れだな」という印象を受けました。

スパイシーさもマンダリンの甘さも、タバコも樹脂の香りも混じり合っていて、それがトップ・ミドル・ラストと時間の経過とともに、バランスを変えながら香っていく感じ。

 

特にそのことを強く感じるのは、トップ後半からミドル前半で「蜂蜜のような甘さ」を感じる点です。

おそらく、「クミンを中心としたスパイスの”ツン”とした癖」「マンダリンオレンジのフルーティーな甘さ」「樹脂の甘さ」、こういったものがブレンドされて、私にはまるで蜂蜜のように感じられたのではないかと思いました。

ですので「コントラストがはっきりしている」というよりは、「綺麗にミックスされた香り」というイメージが強いです。

 

香りの変化の仕方も、グラデーション的で非常に滑らかです。

タバコマンダリンは、「昼の香り」から「夜の香り」へと、”パキッと香調が変わる”ような香水ではありません。

「昼と夜」、相反するものが互いに浸食し合い、もつれ合うような「交錯」の香りがするのです。

まとめ

今回は「バイレード/タバコマンダリン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

タバコマンダリンは、私の肌ではタバコもマンダリンも強くは出ず、むしろ主役はスパイスと樹脂の香りになっていました。

「昼と夜」のように相反するものが互いに浸食し合うような、香りの混じり具合・変化の仕方が美しい香水だと思います。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「タバコの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)タバコバニラ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 タバコバニラは、イギリスの紳士クラブをイメージした香水です。ゆるく立ち上る、シガーの煙[…]

トムフォード タバコバニラ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)シェルギイ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 シェルギイ(モロッコの砂漠の熱風)は、漢方のような独特な苦さから始まり、タバコの苦[…]

【セルジュルタンス】シェルギイ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:BYREDO公式ホームページ「タバコ マンダリン」https://www.byredo.com/ja_jp/tobacco-mandarin-night-veils-perfume-extract-50-ml

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!