【バイレード】パレルモの香水レビュー|圧倒的ベルガモット

今回は「BYREDO(バイレード)パレルモ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

パレルモは、ベルガモットが主役

目の前に果汁が広がるような強いシトラスから始まり、アニマリックでもソーピーでもない柔らかなムスクで終わっていきます。

シンプルなシトラス香水です。

 

当ページでは、パレルモの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・バイレード、パレルモの香りについて詳しく知りたい

・ベルガモットが好き

・メンズ、レディースに傾いていかないシトラス香水を探してる

BYREDO(バイレード)パレルモとは?

香水の基本情報

タイトル:PALERMO Eau de Parfum(パレルモ オードパルファン)

ブランド:BYREDO(バイレード)

香調:シトラス

調香師:ジェローム・エピネット

発表:2010年

   -AD-

BYREDO バイレード パレルモ PALERMO EDP 50ML

トップノート:シチリア産ベルガモット、ビターオレンジ、プチグレン

ミドルノート:フレッシュムスク、ローズアブソリュート

ラストノート:アンブレット、スキンムスク

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:3時間程度

放香性:★★☆☆☆+ 弱い~やや強い

【バイレード】パレルモ/オードパルファム、香水イメージチャート

パレルモって、どんな香り?

トップノート:ベルガモット、ブシャッ(20分)

苦みのある爽やかなシトラスから始まる。

ここでの主役は、圧倒的にベルガモットの香りだ。

緑色をした柑橘果実を目の前でブシャッと絞ったような、パンチの効いたフレッシュさがある。

甘さはほぼ無く、老若男女まといやすいシトラスだと思う。

ミドルノート:フレッシュさが穏やかに(1時間20分)

突き抜けたフレッシュさは消え、柔らかさのあるシトラスへと変化していく。

ムスクやローズの香りになるのではなく、あくまでも主役はグリーンシトラスのままで、爽やかな香調が続いている。

ラストノート:人肌のムスク(1時間10分)

シトラスの香りがますます穏やかになり、アンブレットのさりげない甘さが出てくる。

強い甘さやアニマリックなムスク、またソーピーなムスクでもない、人肌に顔を添えているような温もりを感じさせる柔らかなムスクだ。

ブランド公式に「スキンムスク」という名でリストされているが、これは上手い表現だと思った。

 

香りの奥にアンバーウッドが極わずかにあるようにも思うが、強いウッディーさが出てくることもなく、このままの香調で香りが霧散するように消えていく。

ややメンズ寄り、ユニセックス向けの香りといった印象だった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

バイレード パレルモ BYREDO オードパルファン 香水 お試し 1.5ml アトマイザー ミニ香水

バイレード/パレルモの解説と感想

地中海の文化が混在する「パレルモ」

2010年にBYREDO(バイレード)より登場した「PALERMO(パレルモ)」の香り。

パレルモとはイタリアのシチリア島北西部にある、島内最大の都市の名前です。

 

イタリアのブーツの先端に付くようにして地中海の真ん中に浮かぶシチリア島は、トルコ~モロッコまで沿岸で広く交易をおこなっていたフェニキア人によって、その基礎が築かれました。

その後、ローマに侵略されたり、アフリカ側のイスラム勢力に乗っ取られたり、南イタリアに侵攻してきたノルマン人によって征服されたりします。

そのような歴史的な背景を持っているため、イスラム、キリスト教が混在する”地中海異文化のるつぼ”たる都市になったのです。

 

そんなパレルモの香りは、シチリアの名産品「レモン」…ではなく、「ベルガモット」が主役となっています。

シトラスに振り切った香調で、パレルモの文化的な複雑さとは裏腹に、割と分かりやすい香りになっているように感じました。

シンプルなシトラス香水

さて、パレルモを肌に一噴き。

まずはベルガモットのほろ苦いシトラスが、ブワァッと広がります。

すごく爽やかで、夏に思いっきり浴びたいような、すっきりした香りです。

 

主役はベルガモットのままなのですが、時間経過とともにそのフレッシュさは抜けていきます。

爽やかな香調は続きますが、抜けたフレッシュさの部分をアンブレットシードの優しい甘さが埋めていく感じ。

そして、どんどんアンブレットの比重が重くなってドライダウンするといった形でした。

 

後半で、香り持ちを良くするためのウッディーが出てくるかな?と思ったのですが、そのような事も殆どなく、潔く香りが消えていきます。

持続力は3時間程度と短いものの、それがパレルモの持ち味なのです。

「ベルガモット、ドーン!アンブレットの優しさに抜けていって、はい終わり!!」という展開の速さ・潔さは、非常に好ましく感じました。

 

シトラス+ウッディーに傾くとメンズっぽさが出ますが、パレルモはそうではありません。

ジェンダーレスに使いやすい、暑い季節にお勧めの香りの一つです。

頭上から垂直に降り注ぐ、強烈な真夏の陽光。灼けた肌に冷たい化粧水を染み込ませるように、すっと体に馴染むシンプルなシトラス香水です。

まとめ

今回は「バイレード/パレルモ オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

パレルモは、ベルガモットが主役の香水です。

強いグリーンシトラスの香りから始まり、人肌のような柔らかなアンブレットシード・ムスクの香りへと変化していきます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ベルガモットの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)アクアヴィタエ コローニュ フォルテ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 アクアヴィタエ コロ[…]

メゾン フランシス クルジャン アクアヴィタエ コローニュフォルテ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「CHANEL(シャネル)チャンス オーフレッシュ オードゥ トワレット」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 チャンス オーフレッシュは、ガツンと強いシトラスから「水」を感じさせるフローラルへ、最[…]

シャネル チャンス オーフレッシュ オードゥトワレット、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:BYREDO公式ホームページ「パレルモ」https://www.byredo.com/ja_jp/palermo-eau-de-parfum-50ml

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!