【シャネル】チャンス オーフレッシュEDT|ドレスを脱いで

今回は「CHANEL(シャネル)チャンス オーフレッシュ オードゥ トワレット」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

チャンス オーフレッシュは、ガツンと強いシトラスから「水」を感じさせるフローラルへ、最後はそれらの爽やかさを残しつつ、優しく甘い香りに落ち着く香水です。

チャンスEDTのエレガントな香りから一転、ずいぶん活発で躍動的な印象になっています。

 

当ページでは、チャンス オーフレッシュEDTの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・シャネル、チャンス オーフレッシュの香りについて詳しく知りたい

・シトラスや瑞々しい花の香り、爽やかな香水が好き

・「チャンスEDT」と「チャンス オーフレッシュEDT」の違いが知りたい

関連記事

今回は「CHANEL(シャネル)チャンス オードゥ トワレット」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 チャンス オードゥトワレットは、「ヒヤシンス」の香りが主役(だと、私は思う)。シンプルでエレガ[…]

シャネル チャンス オードゥトワレット、詳しい香水レビュー/口コミ

CHANEL(シャネル)チャンス オーフレッシュ オードゥトワレットとは?

香水の基本情報

タイトル:CHANCE EAU FRAICHE Eau de Toilette (チャンス オーフレッシュ オードゥトワレット)

ブランド:CHANEL(シャネル)

香調:シトラス、フローラル

調香師:ジャック・ポルジュ

発表:2007年

   -AD-

シャネル CHANEL チャンス オーフレッシュ 35ml EDT SP fs 【香水 レディース】【あす楽】

トップノート:シトロン、レモン、シダー

ミドルノート:ジャスミン、ヒヤシンス、ピンクペッパー

ラストノート:チークウッド、アイリス、ホワイトムスク、ベチバー、パチョリ、アンバー

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4~4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

シャネル チャンス オーフレッシュ オードゥトワレット、香水イメージチャート

チャンス オーフレッシュって、どんな香り?

【シャネル/チャンス オーフレッシュ オードゥトワレット】香水レビュー、口コミ

トップノート:ガツンとシトラス(15分)

強いシトラス感からスタートする。

シトロン(丸仏手柑・まるぶっしゅかん)やレモンの果汁を炭酸で割ったような爽やかな香りだ。甘さはない。

(シトロンは、レモンとベルガモットの中間のような爽やかな香り。)

 

5分ほどすると、ウォータリーな透明感に少し甘みを足したような花の香りが出てくる(ヒヤシンスかな?)。

そのおかげでパンチの効いた酸味は和らぎ、ほんのり甘いシトラス系のトップノートとなっていた。

ミドルノート:ウォータリーなヒヤシンス(1時間)

すっきりした香調のまま、主役がシトラスからフローラルへと切り替わる。

チャンスEDT」同様に、ヒヤシンスが最も強く感じられるように思う。

でもグリーンな香りではなく、瑞々しい感じ。

ウォーターリリー(睡蓮)系の爽やかフローラルが1時間ほど続いた。

ラストノート:アイリスの粉っぽい甘さ(3時間)

爽やかな花の香りを残したまま、優しく甘い匂いに落ち着く。

ほんの少しだけ、パウダリーな要素も感じる。

香料だけを確認するとシプレっぽい香りに思えるが、ラストノートに至ってもパチョリやベチバー系の「土っぽさ」「湿っぽさ」は強く出てこない。

それらは、香り全体を落ち着かせる程度の役割にとどまり、むしろ主役は「アイリス」や「ホワイトムスク」のクリーンな甘さの方だった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

シャネル CHANEL チャンス オー フレッシュ オードゥ トワレット 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ【メール便送料無料】

シャネル 香水 人気 お試し 各1ml アトマイザー 2個セット 20種類より組合せ自由! レディース メンズ 選べる サンプル フレグランス 【メール便 追跡無し】

シャネル/チャンス オーフレッシュの解説と感想

「チャンス」に続く、シリーズ2作目

2003年の「チャンス(オードゥトワレット)」に続き、2007年に登場した「Chance Eau Fraiche(チャンス オーフレッシュ)」の香り。

調香はもちろん三代目シャネル専属調香師のジャック・ポルジュ氏です。

 

オーフレッシュは、チャンスのエレガントで控えめなシプレの香りを、そのままシトラス寄りにシフトしたような感じ。

「チャンス」もあまりシプレ感の強い香水ではありませんが、ことオーフレッシュに至っては、シプレの香調というよりはシトラス×フローラルと言って良いと思います。

ラストの、パチョリをはじめとする湿っぽい香りはかなり控えめで、明るい香調のままドライダウンするからです。

 

◆「シプレ系って何?」については、こちらの記事をどうぞ。

関連記事

今回は、香水の香りを表す言葉についてお話していきたいと思います。グルマン系、シプレ系、オリエンタル、ウッディ…etc。香りを表現するのに色々な言葉が使われているのですが、これって結構わかりにくいですよね。 […]

【香水、香りの用語】~系、表現する言葉、カタカナ英語の意味を紹介!

 

ただ、「チャンスEDT」と共通しているなぁと感じる部分もあります。

それは「ヒヤシンス」の爽やかなフローラルノートの存在感。

チャンス オーフレッシュを付けていると、「白く反り返った花弁を持つ、小花をたわわに付けたヒヤシンス」を思い浮かべます。

このヒヤシンスに対するイメージは、チャンスEDTを付けている時と、とてもよく似ているのです。

エレガンスからの解放

さて、香りを振り返ってみたいと思います。

まずは、強いシトラスがガツンとやって来ます。

 

シャネル公式では、次のように説明されています。

まるいボトルに入ったフローラル スパークリング ノートのフレグランス。はじけるエネルギーが、ハッピーとファンタジーあふれる世界への扉を開きます。

ーシャネル公式ホームページより

 

このトップノートは、確かに「スパークリング」で「はじけるエネルギー」を感じさせるシトラスの香りです。

「シトロンが良い仕事してるよね!」とサムズアップしたい気持ち。

 

そして、ミドルでは「シトラス」→「ウォータリー」な香りに、爽やかさのバトンが繋がっていきます。

それにかぶさるように、上の項で述べたような「ヒヤシンス」が重なっている形。

 

ラストノートは、トップ・ミドルの爽やかフローラルに、アイリスのパウダリーさムスクの甘さが加わります。

ほんのり甘く、スッキリ明るい香りで終わるのです。

 

ですので、チャンスEDTよりもエレガントさは失われ、代わりに躍動的な印象を与えてくれます。

チャンスEDTが「体に沿って流れるような、サテンのロングドレス」なら、オーフレッシュは「そのドレスを太ももあたりで勢いよく引き裂いて、素足で駆け回っている」みたいな香りです。

「エレガンスのからの脱皮、解放」を表現した香水なのだと、私は思いました。

まとめ

今回は「シャネル、チャンス オーフレッシュ オードゥトワレット」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

チャンス オーフレッシュは、ガツンとくるシトラスと瑞々しいフローラルの香水。

チャンスEDTのエレガントな雰囲気を脱ぎ捨てて、躍動的な印象に変化させた香りです。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「躍動的な印象の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「FREDERIC MALLE(フレデリック マル)オードゥマグノリア オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 オードゥマグノリアは、上品で爽やかなフローラル「マグノリア」をメインに据え[…]

フレデリックマル オードマグノリア、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ ウララ オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ウララは、フルーツの香りと軽いフローラルの匂いが組み合わさった、シャンプーのような香りの香水です[…]

コスメデコルテ キモノ ウララ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:CHANEL公式ホームページ「チャンス オー フレッシュ オードゥ トワレット(ヴァポリザター)」https://www.chanel.com/jp/fragrance/p/136420/chance-eau-fraiche-eau-de-toilette-spray/

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!