【バイレード/ナイトヴェールズ カサブランカリリー】香水レビュー

今回は「BYREDO(バイレード)カサブランカ リリー エキストレ ド パルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

カサブランカリリーは、華やかなホワイトフローラルに、煮詰めたプルーンジュースと蜂蜜のフルーティーさをミックスしたような香水です。

インテンスラインにあたる、ナイトヴェールズコレクションの中の1本。モロッコをイメージした香水です。

 

当ページでは、カサブランカリリーの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・バイレード、カサブランカリリーの香りについて詳しく知りたい

・蜂蜜や煮詰めたプラムのような、甘い香りが好き

・ジャスミンなどのホワイトフローラルが好き

BYREDO(バイレード)ナイトヴェールズ カサブランカリリー/エキストレド パルファム

香水の基本情報

タイトル:Casablanca Lily Extrait de Parfum(カサブランカリリー エキストレドパルファム)

ブランド:BYREDO(バイレード)

香調:フローラル、グルマン

調香師:ジェローム・エピネット

発表:2019年

BYREDO バイレード ナイト ベール カサブランカ リリー エクストラ ド パルファン NIGHT VEILS CASABLANCA LILY EXTRAIT DE PARFUM 50ml

トップノート:ブラックプラム、ガーデニア

ミドルノート:インド産チューベローズ、カーネーション

ラストノート:ハチミツ、ローズウッド

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:6時間程度

放香性:★★★☆☆+ やや強い~強い

【バイレード】ナイトヴェールズ/カサブランカリリー、香水イメージチャート

蜂蜜とプラム、甘いホワイトフローラルの香り

【バイレード/ナイトヴェールズ カサブランカリリー】香水レビュー

トップノート:プラムのフルーティーさと蜂蜜の甘さ(30分)

付け始めは予想以上にフレッシュ。プラムのフルーティーな甘さが主役になっている。

フルーティーといっても酸味はほとんどなく、とろみのある甘さが際立つ。

そして、5分程するとガーデニアの香りが出てきた。バナナのようなもったり感はなく、割とフルーティーなガーデニアだ。

 

体からふわっと上がってくる香りには、ハチミツの匂いを含んでいる。

「液状プルーンに蜂蜜を加えて作ったドリンクの香り」が近いと思った。

ミドルノート:ハチミツ入り、ホワイトフローラル(1時間10分)

付けたから30分ほどすると香りが落ち着いてくる。

チューベローズが出てきて派手になるのでは?と思うかもしれないが、意外とそうはならない。

甘ーいチューベローズの香りではなく、少し酸味がある。

 

ホワイトフローラル特有の甘さももちろんあるのだけど、それよりは蜂蜜の印象の方が強く、インドール臭のようなエグみは気にならない。

私の肌ではカーネーションのスパイシーな香りは見当たらず、「マイルドなホワイトフローラル」+「ハチミツ」の香りでミドルノートは過ぎて行った。

ラストノート:(4.5時間)

だんだん香りが淡くなってくる。

ローズウッドのウッディーな要素はあまり感じない。

くすんだ感じ・乾いた感じがして、「これは何の匂いだろうか…」とずっと考えているのだけどよく分からない。

 

知っている中では「乾いた土の匂い」が近いかなと思う。

ベチバーのような根っこっぽい土ではなく、パリパリに乾燥した土。そこにハチミツ水を混ぜたような香りだと思った。

最初から最後まで、蜂蜜がしっかり香っている香水だった。

「バイレード/ナイトヴェールズ カサブランカリリー」の感想/口コミ

複雑でカラフル、モロッコの香水

BYREDO(バイレード)のナイトヴェールズ・コレクションの1つ「Casablanca Lily(カサブランカリリー)」の香り。

ナイトヴェールズ・コレクションは「夜のために」デザインされた、バイレードのインテンスラインの香水です。

 

(抜粋)朝の香りの儀式と同じように、夜のためにデザインされたのがナイトヴェールズ・コレクション。黄昏時に最も華やかな香りを放つ花々のように、厳選された高貴な原材料から作られています。

ーバイレード公式HPより

 

カサブランカリリーは、アフリカ北西部にあるモロッコをイメージした香りです。

モロッコは地中海を挟んでスペインの隣国にあたり、アフリカ、アラブ、ヨーロッパなど多様な文化が入り混じった国。

 

また、11~12世紀頃にベルベル人がモロッコに起こした王朝は、サハラ砂漠や海を越えてイベリア半島(スペイン)にまで支配を広げ隆盛を見せました。

その後ヨーロッパによる植民地支配を受けるなど、歴史的にも非常に複雑な国の一つです。

 

そんなモロッコの、力強くカラフルな、そしてエキゾチックな空気を香りに落とし込んだのが、「カサブランカリリー」という香水なのです。

「エキストレ」でも強すぎず、マイルド

さて、カサブランカリリーを肌に纏います。

するとすぐに、スモモのフルーティーさと蜂蜜のコクある甘さが広がります。

 

そこにホワイトフローラルの甘さも加わっていくのですが、この「花の甘さ」と「蜂蜜の甘さ」のバランスが非常に良いです。

「カサブランカリリー」というタイトルですが、カサブランカの花粉感の強い百合の甘さとは違っていて、蜂蜜の独特の甘さが香りのベースに在り続けます。

 

インテンスラインのナイトヴェールズコレクションと言えど、香りが強烈なわけではありません。

むしろ柔らかくて鼻に優しい(笑)。

香料の良さゆえか、頻回に香りを確認しても鼻が痛くなりにくい印象があります。

 

実は、こちらのカサブランカリリーは、より濃度の高いパルファンもあるのです。

バイレード カサブランカ リリー エクストレ ドゥ パルファム 30ml BYREDO CASABLANCA LILY EXTRAIT DE PARFUM [0950]

価格:60,587円
(2022/12/11 20:24時点)

 

日本では公式に扱いはないのですが、並行輸入品なら扱っている所もあります。

バイレードのパルファムは30mlで6~7万円くらいなので(並行輸入品だと少し安いです)、「グフッ…。買えない…。」と血を吐きそうなのですが、こちらもいつか試したいなぁ。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「フエギア1833、アマリア パルファン」とレイヤードしてみました。

カサブランカリリーを下腹部に0.5プッシュ、アマリアを上腹部に0.5プッシュ。

 

カサブランカリリーの蕩けるような蜂蜜フローラルに、手持ちの中でも特にキラキラ感のあるジャスミン「アマリア」を重ねてみました。

どちらもホワイトフローラルの香水ですが、それぞれ単独で付けている時にはインドール臭(ホワイトフローラルのツンとくる臭い)はあまり気になりません。

 

ところが、合わせてみるとトップからインドール感強めになります。

私はこのツンとくる匂いが好きなので、大変好ましく感じたのですが、苦手な人は結構「うっ」とくるかもしれません。

 

カサブランカリリー単独だと「ゆったりまろやかで、ダークな蜂蜜と花の香り」という雰囲気ですが、アマリアを加えることで「お花の瑞々しさや植物らしいグリーンさ」をプラスして、「夜の花」から「朝の花」にイメージチェンジしたように思います。

まとめ

今回は「バイレード カサブランカリリー」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

カサブランカリリーは、コクのある”蜂蜜フローラル”といった香り。

夜に相応しい香り「ナイトヴェールズ・コレクション」の中の一本です。

インテンスではありますが「強すぎて付けにくい」ということはなく、まろやかな香り立ちが特徴です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「蜂蜜の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)アンバービー オーデパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。アンバービーは、蜂蜜と熟しきったフルーツの甘い香り。思わずフラフラ吸い寄せられてしまいそうな、人を魅了する香りです。[…]

エルメティカ アンバービー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「NISHANE(ニシャネ)ネフス エキストレ ド パルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。 ネフスは、樹脂系の甘い香りが中心の香水。そこに蜂蜜や花の香り、ウイスキー等の要素が重なります。[…]

ニシャネ ネフス エキストレドパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:BYREDO公式ホームページ「カサブランカ リリー」https://www.byredo.com/ja_jp/casablanca-lily-night-veils-perfume-extract-50ml

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー