【ゲラン アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ】香水レビュー

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ジンジャー ピカンテ オーデトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。

ジンジャーピカンテは、ショウガの辛さやシトラスの酸味をしっかり感じる香り。その後につづくスパイシーなローズの香りが、一点の色気を添えています。

全体的にすっきり爽やかで、元気な香調の香水です。

当ページでは、ジンジャーピカンテの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・ゲラン、アクアアレゴリア ジンジャーピカンテの香りについて詳しく知りたい

・辛みや酸味のあるもの、スパイシーな香りが好き

・すっきりした香り、爽やかで元気な香りが欲しい

GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ジンジャー ピカンテ オーデ トワレ

香水の基本情報

タイトル:GINGER PICCANTE(ジンジャーピカンテ オーデトワレ)

ブランド:GUERLAIN(ゲラン)

香調:フレッシュスパイシー

調香師:デルフィーヌ・ジェルク

発表:2019年

トップノート:ジンジャー、レモン、ベルガモット

ミドルノート:ローズ、ペッパー

ラストノート:シダーウッド、ホワイトムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4~4.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ゲラン アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ、香水イメージチャート

ジンジャーやペッパーのスパイシーさ、すっきりした香り

ゲラン アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ、75mlスプレー ボトル

トップノート:シトラス+ジンジャー(30分)

つけた途端に、シトラスとジンジャーの爽やかな香りが広がる。ジンジャーの辛み、そしてレモンやベルガモットのギュッとした酸味をしっかり感じる匂いだ。

どちらかというと、弾けるような”パンチの効いた”匂いなのだが、攻撃的なわけではない。

香りの奥にほんのりと甘みもあって、クールなだけではない、どこかウキウキとした明るいスパイシーさになっている。

ミドルノート:主役がローズに切り替わる(1時間15分)

徐々に、スパイシーなローズの香りに移り変わっていく。トップからミドルへの香りの変化はグラデーション的で、非常に美しい切り替わり方を見せた。

付け始めから15分ぐらいからローズの香りが感じられ、さらに15分ほどすると「あぁ。主役がローズに変化してきているな」とふと気が付く。

 

スパイシーなバラの匂いなのだが、暗く重い香りではない。辛味と酸味、また少しだけお化粧品的な甘い匂いも含んでいるようだ。

バラと言っても華やかでゴージャスな雰囲気ではなく、スッキリとまといやすい香りになっていると思う。

ラストノート:ほのかな甘み(2時間)

最後はスパイシーさが抜けて、ほんのり甘く丸みを帯びた香りでドライダウンしていく。

しっかり香りを吸い込むと、ミントのようなスッとした清涼感はあるものの、スパイスの辛味は感じない。

 

ほんのり甘いのはホワイトムスクなのかな?と思うが、あまり強く主張してこないのでムスクがあまり好きではない人でも大丈夫そうだ。

全体を通して、弾けるような爽やかさのある香りだった。暑い季節に似合いそうだ。

「ゲラン/アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ」の感想/口コミ

ジンジャーピカンテ!!!2022年に廃盤…

2019年に登場し、2022年に廃盤となってしまった「GINGER PICCANTE(ジンジャーピカンテ)」の香り。ゲランのアクアアレゴリアシリーズの中の一本です。

アクアアレゴリアは入れ替わりのテンポが速いですが、たった4年でいなくなってしまったのは非常に寂しい…。

ちなみに、同年に発売されたココナッツフィズの香りも2022年に廃盤になってしまいました。

香水にも出会いと別れがつきものですが、時々「仕方ないよねぇ」と簡単には割り切れない寂しさに覆われる時があります。私の中では、ジンジャーピカンテもそんな”割り切れない”香りの一つでした。

 

のっけから湿っぽい話をしてしまいましたが、ジンジャーピカンテは「元気の出る香り」です。

おろしたての生姜を炭酸水で割ったような、シュワシュワと鼻の中で泡が爆ぜるような、はしゃいでいるような、笑っているような、そんな明るくて健康的な香りがします。

 

「PICCANTE」はイタリア語で「辛い」という意味です。なので「GINGER PICCANTE」を日本語にすると「辛い生姜」となります。

ジンジャーピカンテはフレッシュでスパイシーな香りなので、「そのままやん!」と思ったりもするのですが、個人的には香水タイトルの最後に「!」を3つくらい付け足したい

それくらいチアフルな香りなのです。

老若男女に似合う、元気な香り

さて、ジンジャーピカンテを肌にまとってみます。

まず初めにやって来るのは、ジンジャー×酸っぱいシトラスの弾けるような香り。続いて、スパイシーなローズにグラデーション的に切り替わっていきます。

ジンジャーピカンテの主役は、やはり生姜の匂いだと思います。でもこのミドルのローズが、香水全体を少し色っぽい雰囲気にしているようです。

この香水はヘルシーな香りなのですが、そこに一滴だけ色気を滲ませているようなイメージです。

 

ですので元気で明るいだけではなく、ふとした時に優しさも見せてくれるような香り方をします。単調そうに見えて、意外なほどに複雑さを持っているのです。

ジンジャーピカンテの香りって、ティーンエイジャーが付けていてもお年を召した方が付けていても似合うよなぁと思います。

そしてそれは、この香りが「複雑さ」と「安心して纏える元気な香り」という性質を兼ね備えているからこそなのでしょう。

 

香り立ちも穏やかなので、付けるシーンも選びやすいです。

朝まとえばシャキッと気持ちを前向きにしてくれそうですし、夜寝る前に付ければ開放感を得られそう。

またレイヤードするのにも使いやすく、甘い香りをさっぱりさせたい時や爽やかな香りに刺激を加えたいときにもオススメしたい一本です。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「BDKパルファム、グリシャーネル オードパルファム」とレイヤードしてみました。

グリシャーネルを下腹部に0.5プッシュ、ジンジャーピカンテを上腹部に0.5プッシュ。

 

割とどんな香水とも合わせやすいジンジャーピカンテ。

何と合わせようか迷ったのですが、「ふと目に付いたから」という理由でグリシャーネルにしてみました。

 

まずはグリシャーネルのちょっとくぐもった感じのフィグの香りと、ジンジャーピカンテの生姜のピリッとした香りが広がります。

なんかちょっとお寺の匂いみたいになっているようです。寺院の古い木の床をギュッギュッと磨いているような、心がリセットされる香りです。

 

次第に、グリシャーネルに温もりあるクリーミーな甘さが出てきます。この辺りはグリシャーネルが主役で、ジンジャーピカンテはスパイシーさを添えているような役割に収まっていました。

そのままグリシャーネル優位の状態でドライダウン。最後の方は丸みのある優しい甘さで、軽やかなのにまったりとした香りになっていました。

ジンジャーピカンテではなく、グリシャーネルのための組み合わせという感じですが、良いレイヤードになっていたと思います。

まとめ

今回は「ゲラン、アクアアレゴリア ジンジャーピカンテ オーデトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ジンジャーピカンテはショウガのスパイシーさや、シトラスの酸味が効いた爽やかな香り。

ミドルで出てくるスパイシーな薔薇の香りがほんの少しの色気を加えて、爽やかなだけではない複雑な香りにしてくれます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「スパイシーな香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ローズ ド リュスィー オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。ローズドリュスィーは、コショウや木のスパイシーな香りが、フルーティなローズに重なるように香る香水です。ダーク[…]

トムフォード ローズドリュスィー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール スパイスブレンド オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。スパイスブレンドは、「ジンジャー」「ブラックペッパー」「ナツメグ」「クローブ」を中心としたス[…]

メゾンクリスチャンディオール スパイスブレンド、詳しい香水レビュー/口コミ

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー