【ゲラン/アクアアレゴリア ベルガモットカラブリア】香水レビュー

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ベルガモット カラブリア オーデトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

ベルガモットカラブリアは、爽やかなベルガモットのグリーンシトラスから始まり、「レモン風味のラムネ菓子」のような香りへ変化していきます。

ラストは、ムスキーな甘さをしっかり感じられる香水です。

 

当ページでは、ベルガモットカラブリアの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ゲラン、アクアアレゴリア ベルガモットカラブリアの香りについて詳しく知りたい

・ベルガモットの香りが好き

・さっぱりシトラス香水でも、甘さもしっかり感じたい

GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア/ベルガモット カラブリア オーデトワレ

香水の基本情報

タイトル:BARGAMOTE CALABRIA(ベルガモットカラブリア オーデトワレ)

ブランド:GUERLAIN(ゲラン)

香調:シトラス、ムスキー

調香師:ティエリー・ワッサー、デルフィーヌ・ジェルク

発表:2017年

   -AD-

ゲラン GUERLAIN アクア アレゴリア ベルガモット カラブリア 75ml EDT/SP

トップノート:カラブリアン ベルガモット、プチグレン、グリーンノート

ミドルノート:カルダモン、ジンジャー、ピンクペッパー

ラストノート:アンバー、ホワイトムスク、バニラ

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:4時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ゲラン/アクアアレゴリア ベルガモットカラブリア、香水イメージチャート

ベルガモットの強いシトラス、最後は温もりある甘さ

【ゲラン/アクアアレゴリア ベルガモットカラブリア】香水レビュー

トップノート:フレッシュなシトラス(10分)

フレッシュで苦みのあるシトラスから始まる。

甘味は殆どなく、緑色の柑橘果実の皮をすりおろしたような、すっきりした香りだ。

ウォータリーな雰囲気で、ひんやりした匂いになっている。

ミドルノート:水に溶けた「ハイレモン」(30分)

短いトップノートは過ぎ去り、香りが変化してくる。

ミドルの主役はカルダモンの持つレモン様の酸味と、ジンジャーの辛味も少し。

ノートを確認するとスパイシーな香料が名を連ねているが、肌の上では甘さも感じる。

 

レモン味のタブレット菓子「ハイレモン」をご存じだろうか。

あれを水に溶かしたみたいな香り、というのが近いと思う。

(私はヨーグレット派だけどね。)

 

甘さの源は、ムスクを嗅ぎ取っているのかな?と思う。

私の肌は甘さが出やすいので、他の方が付けると、もっとスパイシーな香り立ちになるかもしれない。

ラストノート:温かみのあるムスク(3時間30分)

シトラスやスパイスの爽やかさが遠のき、甘さが強くなってくる。

甘さの中心にあるのはホワイトムスク。

石けん的なホワイトムスクに、シダーのような透明感のあるウッディー(プチグレンの残りかな?)と、シトラス、スパイスが薄く重なっている感じ。

 

トップはひんやりした香りだったが時間の経過とともに温もりが出てきて、最終的には人肌程度のほんのり温かい温度感に至る。

最後は、この温かく柔らかいムスクの甘さが残る。

全体的に、香り立ちは穏やか。持続時間も短めの香水となっている。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

ゲラン GUERLAIN アクア アレゴリア ベルガモット カラブリア オーデ トワレ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 レディース 人気 ミニ

ゲラン GUERLAIN アトマイザー 選べる2本セット 各1.5ml 香水 お試し レディース アクア アレゴリア

「ゲラン/ベルガモットカラブリア」の感想/口コミ

ベルガモットって何?どんな香り?

2017年に登場した、アクアアレゴリアシリーズ「Bergamote Calabria(ベルガモットカラブリア)」。

この年のアクアアレゴリアはこちらの一種のみの発売で、入れ替わりのテンポが速いシリーズですが、この香りは現在も販売されています。

 

この香水の主役はもちろんベルガモットなわけですが、この柑橘果物はイタリアが原産で、ライムとレモンを交配することで誕生したと言われています。

果肉は苦みが強すぎて食べることはできず、精油を採取したり、紅茶などの香り付けをしたりといった用途で使われます。

生まれはミラノに近いイタリア北部の街「ベルガモ」ですが、現在では、世界のベルガモット精油の90%はイタリア半島の南部、ブーツのつま先にあたる「レッジョ・カラブリア」で作られているそうです。

 

ベルガモットの香りは、ライムにも似たグリーンシトラス系で、少し苦みも含んでいるのが特徴。

最古の香水と言われる「ケルンの水」の主要原料でもあるこの香料は、古くから様々な香水に用いられてきました。

ベルガモットカラブリアでは、そんなベルガモットの爽やかな香りを、トップノートで存分に楽しむことが出来ます。

ミドルノートがとても良い

さて、ベルガモットカラブリアを纏って。

出だしはかなり爽快感のある、フレッシュなシトラスです。

ベルガモット全開。

 

アクアアレゴリアのスプレーはファサーっと細かく出るので(私が使っているのは1つ前のボトル)、思わず何プッシュも浴びるように付けたくなります。

でもこの香りは後半で思ったより甘さが出てくるので、付けすぎには注意が必要。

 

ミドルに入ると、カルダモン&ジンジャーの酸味と辛味が加わります。

このあたりから少しずつ甘さも出てきて、「ハイレモン(レモン風味のラムネ菓子)」や「クラフトコーラ」っぽさを感じさせる香りに。

でも「美味しそう」とか「パンチ力のある強い香り」ではなく、瑞々しさや柔らかさも持ち合わせています。

ハイレモン”水割り”や、クラフトコーラ”水割り”といった感じです。

個人的には、ここの部分が一番好きなところ。

 

香りの展開がとても速く、また香りの変化も大きい香水です。

トップはひんやり爽やかなので、真夏の汗だくになった時に浴びたい!と思うような香りですが、ラストではムスキーな甘さがしっかり出ます。

ですので、真夏よりは「朝晩はまだ少し肌寒さが残る晩春」の頃が、最も似合うシトラス香水だと思います。

まとめ

今回は「ゲラン、アクアアレゴリア ベルガモットカラブリア オーデトワレ」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ベルガモットカラブリアは、フレッシュなグリーンシトラスの爽やかさから始まりますが、時間の経過とともにムスキーな甘さも出てきます。

付け始めはかなりさっぱりしているのでたっぷり付けたくなるのですが、付けすぎるとラストで結構甘いのでご注意を。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ベルガモットの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「BYREDO(バイレード)パレルモ オードパルファン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 パレルモは、ベルガモットが主役。目の前に果汁が広がるような強いシ[…]

【バイレード】パレルモ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「Maison Francis Kurkdjian(メゾン フランシス クルジャン)アクアヴィタエ コローニュ フォルテ オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。&nbs[…]

メゾン フランシス クルジャン アクアヴィタエ コローニュフォルテ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:ゲラン公式ホームページ「ベルガモット カラブリア – オーデトワレ」https://www.guerlain.com/jp/ja-jp/p/aqua-allegoria-bergamote-calabria—eau-de-toilette-P014384.html

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!