【モンタル】ホワイトウードの香水レビュー|白くない

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ホワイト ウード オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ホワイトウードは、ウイスキーのようなお酒っぽい香りから始まり、パウダリーなローズ、スパイシーなローズと樹脂やお香の甘さといった香りに変化していきます。

WHITEと冠された香水ですが、”純白”のようなピュアな香りではなく、モンタルのウード香水らしく艶やかな香りになっています。

 

当ページでは、ホワイトウードの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・モンタル、ホワイトウードの香りについて詳しく知りたい

・お酒っぽい香りが好き

・ウードの官能的な香りが好き

MONTALE(モンタル)ホワイトウードとは?

香水の基本情報

タイトル:White Aoud Eau de Parfum(ホワイト ウード オードパルファム)

ブランド:MONTALE PARIS(モンタル)

香調:オリエンタル

調香師:ー

発表:2006年

   -AD-

モンタル ホワイト ウード オードパルファン 100ml【Montale White Aoud Eau de Parfum 100ml】

ノート:

インド産サフラン、カルダモン、ラブダナム、ダマスクローズ、ジャスミン、ウード、サンダルウッド、ベチバー、パチョリ、アンバー、バニラ

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:7.5~8時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

【モンタル】ホワイトウード、香水イメージチャート

ホワイトウードって、どんな香り?

トップノート:ウイスキーの香り(20分)

ウイスキーのような、アルコール度数の高いお酒の香りから始まる。

カルダモンの影響か 酸味もあるのだが、これがストレートのウイスキーが喉を通る時の”キュッ”となる感覚を思わせる。

 

付け始めから5分ほどで、ウイスキーの入っていた木樽のウッディーさも出てくる。

この頃にはもう酸味は和らいでおり、「口当たりのまろやかなウイスキー」に変化していた。

ミドルノート:パウダリーなローズ(1.5時間)

ローズの香りが出てきたらミドルノートに入る。

ここまで来ると、もう「ウイスキーの香り」ではなくなっている。

「ウッディーな香り」に「樹脂の柔らかな甘さ」、それを覆うようにして「化粧品のようなパウダリーさを持ったローズ」が重なっている。

時間の経過と共に、このパウダリーローズは強まっていく。

ラストノート:スパイシーなローズと樹脂・お香の甘さ(6時間)

樟脳のような香りを持ったパチョリが重なって、パウダリー&スパイシーなローズ香へと変化していく。

ミドルのあたりでは「明るい香りだな」と思っていたが、パチョリの暗さのおかげで、香りに”陰り”が帯びて 色気が増した。

 

ラストに入ってさらに1.5時間ほど経った頃には、甘くウッディーな樹脂がメインで香っていた。

パウダリーなローズとパチョリの香りも、そこに混じる形で残っている。

 

パウダリーな甘さがあるからか、「お香」の香りにも思える。

モンタルらしく、こちらの香水もロングラスティング。

7~8時間ほどしっかり続いた。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

モンタル ホワイト ウード オードパルファン お試しチューブサンプル 2ml【Montale White Aoud EDP Vial Sample 2ml New With Card】

モンタル/ホワイトウードの解説と感想

「白のウード」の真実、ウイスキーとローズが織り成す色と香り

沢山のウード香水を生み出している「MONTALE Paris(モンタル パリ)」より、2006年に登場した「Whitw Aoud(ホワイトウード)」の香り。

「ウード」や「ウード香水」の説明は、こちらのページに載っています。

関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ウード センス オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ウードセンスは、甘いオレンジ果汁からローズへと続き、アンバー&ウード系の甘い香りへと変[…]

【モンタル】ウードセンス、詳しい香水レビュー/口コミ

 

ホワイトウードは、公式ではこんな風に説明されています。

凛としたシルクのようになめらかな「おとなの白」を連想させるエレガントな香り。ナチュラルでありながら、控えめに主張する個性が、ピュアでクリーンな「白」をイメージさせる。

ーMONTALE日本公式サイトより

 

香水名を日本語に直すと「白のウード」となります。

しかし、私にとってこちらの香水は”白い”香りではありません。

 

この香水を色に例えるのなら、トップは「熟成させたウイスキーの茶褐色、ミドルは「ローズの褐色~暗いピンク、ラストは「スパイシーローズの暗く淡いピンクに、お香のザラリとした白が相応しいと思います。

説明にあるような、ピュアでクリーンな”純白の香り”は、この香水の中には一かけらもありません。

モンタルの裏切り?ホワイトウードの真の香りとは

さて、ホワイトウードを肌に一噴き。

まずは、ウイスキーのような「お酒っぽい香り」から始まります。

初めてこちらの香水を試した時「どれ程に、クリーンで清潔感のある”白い”ウードなんだろう?」とワクワクしていたのですが、付けた瞬間「ウイスキーやん。白ちゃうやん。思てたんと違うやん。」としょんぼりしてしまいました。

 

そこから「パウダリー系ローズ+ウッディ+樹脂の甘み」に変化し、さらに「スパイシー系ローズ+樹脂+お香のようなパウダリーさ」へと続いていきます。

この「パウダリー」な部分がWHITEたる所以なのだと思いますが、「純白」というほどの明度はなく、「アイボリー」くらいの かなりくすんだ白さに感じました。

 

名前に騙されることなかれ。

ホワイトウードもまた、モンタルらしく官能的影のあるウード香水なのです。

まとめ

今回は「モンタル/ホワイトウード オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ホワイトウードは、その名に反して「白い」香りではなく、ウイスキーとローズが交わる独自の色と香りを持った香水です。

Whiteと言えどもやはり、”モンタルらしく”官能的な香りが広がるウード香水となっています。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ウードの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)ヴァーティカルウード オーデパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ヴァーティカルウードは、ウードやアンバーのオリエンタルな甘さがはっきりと感じられる香[…]

エルメティカ ヴァーティカルウード、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ヴェルベットローズ&ウード コロン インテンス」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ヴェルベットローズ&ウードは、焼き菓子やカラメルのような甘み[…]

ジョーマローン ヴェルベットローズ&ウード、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:

MONTALE日本公式ホームページ「White Aoud」https://www.montale.jp/products/white-aoud.html

MONTALE公式ホームページ「White Aoud」https://montaleparfums.com/tha/en/aoud/83-62-white-aoud-blanc.html#/volume-100_ml

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!