MONTALE(モンタル)ウードセンスの香水レビュー『移ろいの美』

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)ウード センス オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ウードセンスは、甘いオレンジ果汁からローズへと続き、アンバー&ウード系の甘い香りへと変化していきます。

香りの移り変わりが非常に滑らかで、美しい香水になっていますよ。

 

当ページでは、ウードセンスの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・モンタル、ウードセンスの香りについて詳しく知りたい

・ウード香水って何?と思っている

・香水選びでは、香りの変化の美しさを重視している

MONTALE(モンタル)ウード センス オードパルファムとは?

香水の基本情報

タイトル:Aoud Sense Eau de Parfum(ウード センス オードパルファム)

ブランド:MONTALE PARIS(モンタル)

香調:シトラス、フローラル、オリエンタル

調香師:ー

発表:2015年

   -AD-

Montale モンタル ウード センス オードパルファム Aoud Sense EDP 100ml

トップノート:カラブリア産マンダリン、カラブリア産オレンジ、ブラックペッパー、クローブ

ミドルノート:ブルガリアンローズ、ウード

ラストノート:ハイチ産ベチバー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:9時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

【モンタル】ウードセンス、香水イメージチャート

甘いオレンジ、ローズ、アンバー&ウード、土系ウッディーと変化していく

トップノート:甘いオレンジ果汁(20分)

甘いオレンジ果汁に、ピリッと爽やかな辛さを少しだけ添えた香りから始まる。

トップは、ジューシーさの強いシトラス系ノートだ。

奥の方には樹脂系の甘さが控えているのも感じられ、シトラス中心のトップにしては、多少”重たさ”もあると思う。

ミドルノート:ローズ花弁の酸味(2時間)

ローズが出て来たら、ミドルノートに入る。

どんなタイプのローズ香かというと、花弁を揉んでギュッとエキスを絞り出したような、酸味の強い香りに感じた。

ロープヒップ(バラの実)系のフルーティーなものではなく、花弁を食べているような、青さと刺々しさのある酸味だ。

 

このバラの酸味が、トップのオレンジの酸味と上手くリンクしている。

30分程かけてゆっくり酸味は和らいでいき、トゲのない柔らかで明るいローズ香へと変化していく。

ラストノート:甘いアンバーとウード(6.5時間)

ローズの残り香に甘くウッディーな樹脂系の香りが混じり、ドライダウンに向かう。

樹脂の中でも甘いタイプのアンバーやウードが強く、オリエンタルな色気を感じさせる香りになっている。

 

ラストに入ってからさらに1時間ほどするとローズが薄れ、代わりにベチバー、パチョリ系の土っぽいウッディーが出てきた。

ほんのり湿った土に樟脳(おばあちゃんちのタンスの匂い)がちょっぴり混じった香りだ。

 

全体的にみるとユニセックスに使いやすい香りだが、酸味が強いあたりはメンズ寄り、ローズが強くなってきて甘い樹脂系が強い部分ではレディース寄り、そして土っぽいウッディーが出てくると再びメンズ寄りの香調…というように、印象が揺れ動いた。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

モンタル ウード センス オードパルファン お試しチューブサンプル 2ml【Montale Aoud Sense EDP Vial Sample 2ml New With Card】

「モンタル/ウードセンス」の感想、口コミ

ウード香水とは?

”西洋のウード大使”たる「MONTALE PARIS(モンタル パリ)」より、2015年に登場したウード香水、「AOUD SENSE(ウードセンス)」。

香水名を日本語にすると「ウードの感覚」となるでしょうか。

 

ウードとは、アクイラリア/アガーウッドに寄生する真菌や害虫などから、樹木が自分を守るために生成する樹脂によって もたらされる香料です。

日本でも「沈香」という名で古くから珍重されてきました。

 

「ウード=沈香」なのですが、香水の中での「ウード香水」と「沈香香水」では、少し違いがあるように思います。

ウード香水はウッディーさ樹脂系の甘みが強く、まったりと官能的な香りがします。

一方 沈香香水は、いわゆる「寺系」の香りで、日本の山寺に一人佇んでいるような”静謐さ”を感じさせる、木の辛味お香の甘みを混ぜたような形のものが多いと思います。

 

モンタルの創設者であるピエール・モンタル氏は、このエキゾチックなウードの香りを西洋諸国に広めた第一人者。

「ウード」は、モンタルというブランドの”核”とも言える香料なのです。

このような背景から、モンタルでは沢山の種類のウード香水が作られています。

香りの変化が滑らかで美しい

さてブランドによると、ウードセンスはこんな香りだそうです。

マンダリンとオレンジ、そしてグローブとペッパー、この病み付きになる香りの組み合わせを、楽しんでください。ウードがブルガリア産ローズの香りを一層強め、そこへハイチ産ベチバーが加わり官能的な香りを作り出しています。

ーモンタル日本公式サイトより

 

香水の説明文って、結構な確率で「それは拡大解釈しすぎやろ!」って突っ込みたくなるものに出会うのですが、ウードセンスの説明文は「おっしゃる通り!」と納得です。

 

個人的にはトップの「甘いオレンジ果汁に粗挽きブラックペッパーを少々振りかけた」ようなジューシーな香りがとても好みではありますが、この香水の素晴らしい点は「香りの移り変わりの滑らかさ」にあると思います。

 

まずは、果汁感たっぷりのオレンジで始まり、その酸味がローズの酸味へと受け継がれていきます。

そして徐々に酸味は抜け、明るいローズに。

さらにそこにウードの甘さが重なっていき、ローズが抜けるのに合わせて土っぽいウッディーさが出てくるといった流れになっています。

 

これらの変化はグラデーション的で非常に美しいと感じました。

特に「ローズ→ウード」の魅せ方は、「華やか・オリエンタル・官能的」と三拍子そろっており、いかにも”モンタルらしい”なと思いました。

まとめ

今回は「モンタル/ウードセンス オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ウードセンスは、オレンジ、ローズ、ウード&アンバー、ウッディーと滑らかに香りを変化させていきます。

西洋のウード大使たるモンタルの誇る「ウード香水」の一つです。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ウードの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)ヴァーティカルウード オーデパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ヴァーティカルウードは、ウードやアンバーのオリエンタ[…]

エルメティカ ヴァーティカルウード、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ヴェルベットローズ&ウード コロン インテンス」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ヴェルベットローズ&ウードは[…]

ジョーマローン ヴェルベットローズ&ウード、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:

MONTALE日本公式ホームページ「Aoud Sense」https://www.montale.jp/products/aoud-sense.html

MONTALE公式ホームページ「Aoud Sense」https://montaleparfums.com/tha/en/aoud/209-72-aoud-sense.html#/257-volume-100_ml

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!