【モンタル シプレバニラ】香水レビュー『陽だまりポンポン』

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)シプレ バニラ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

シプレバニラは、名前に反して「シプレ」も「バニラ」も控えめ。優しく付けやすい香りの香水です。

陽だまりのようなポフポフした甘い香りは、春先によく似合う香水ですよ♪

当ページでは、シプレバニラの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・モンタル、シプレバニラの香りについて詳しく知りたい

・優しく甘い香り、ベビーパウダーのような香りが好き

・春に似合う香水が欲しい

MONTALE(モンタル)シプレ バニラ オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:Chypre Vanille Eau de Parfum(シプレ バニラ オードパルファム)

ブランド:MONTALE PARIS(モンタル)

香調:パウダリー、フローラル、ちょっとだけシプレ

調香師:ー

発表:2006年

Montale モンタル シプレ ヴァニーユ オードパルファム Chypre Vanille EDP 100ml

トップノート:ローズ、アイリス

ミドルノート:インセンス、バニラ、アンバー、チベット産ロックローズ

ラストノート:サンダルウッド、ベチバー、トンカビーン

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

モンタル シプレバニラ、香水イメージチャート

甘酸っぱいローズに、お香の匂いを加えて

トップノート:薔薇を食む(10分)

付けた瞬間、「ん?チューインガムの匂いがする?」と驚いた。2、3分すると軽やかなお花の匂いが登場して、お菓子のチューインガムの香りは遠のいていく。

しかし香りの中心は「甘酸っぱいローズ」で、やはりどこかローズ味の”ガム”を思わせる匂いになっている。

バラを嗅いでいるというよりは、バラを喰しているような香りだ。

ミドルノート:お香の香りが加わる(1時間)

純粋に甘酸っぱいローズの香りは10分程で終わり、そこからインセンス(お香)の匂いが加わる。

爽やかなローズに、お香の煙がゆらゆらと膜を張っているようだ。

 

ミドルに入ってさらに15分もすると、今度は香りに甘さが出てきた。バニラやアンバーのどっしりした甘みではなく、お香のパウダリーでこもった感じの甘みがメインとなっている。

そのような、優しくふわふわした甘い香りでミドルノートは過ぎていく。

ラストノート:優しいウッディーノート(4時間)

ラストは、サンダルウッドがお香っぽい感じで香りながらドライダウンしていく。

香水タイトルに「シプレ」とあったので、もっとベチバーがゴボウっぽく土の匂いと共に香るのかと思っていたのだけど、ミドルノートをさらに優しくしたような淡い香り立ちだった。

 

そんなわけで、シプレ感は少なく付けやすい香りに思える。

全体を通してきつくない、柔らかい甘みが続く。真夏以外は使えそうで、春先が一番似合うと思った。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

モンタル シプレ ヴァニーユ オードパルファン お試しチューブサンプル 2ml【Montale Chypre Vanille EDP Vial Sample 2ml New With Card】

「モンタル/シプレバニラ」の感想/口コミ

「シプレ」も「バニラ」も控えめな香水

2006年にMONTALE PARISから発売された「Chypre Vanille(シプレバニラ)」。日本語で表記する時に「シプレヴァニーユ」としているものもありますが、同じ香水を指しています。

 

タイトルに「シプレ」と「バニラ」が入っているので、バニラの甘ーい香りと、シプレの土っぽくこもった香りに変化していく香水なのだろうと思っていました。

しかし実際に肌に乗せてみると、バニラ感は少ないです

 

またシプレの香りは、「ティファニー オードパルファム」のように、明るいトーンが急に落ち着くというか、急カーブして突然大人びた雰囲気になることが多いと思います。

ところが、こちらの香水にはそれがないのです。

ベチバーのゴボウっぽい感じで、土臭く香ってくれるのかな?と期待して待っていたけど、特にそんなこともなく、柔らかく丸みを帯びた甘みでドライダウンしていきました。

パウダリーで、「陽だまり」みたいな香り

シプレバニラを身に纏って。

最初に鼻に届くのは、「甘酸っぱく爽やかなローズ」の明るい香りです。バラの花弁を食しているような酸味がありますが、青臭さは感じません。

 

そこにお香を焚いているような匂いが加わります。

甘さもあるのですがバニラ系の濃い甘みという感じはなく、「ロックローズ(シトローズ)の樹脂っぽい甘み」や「お香系特有のパウダリーなポフポフした甘み」でした。

 

ラストに入っても、柔らかくパウダリーな甘い香りが続きます。ベビーパウダー様の陽だまりのような香りです。

イメージとしては「ほぐした綿球にベビーパウダーを含ませて、肌に優しくポンポンしている」ような匂いだと思いました。

 

香りが消えかかった頃、一番最後まで残っていたのは「バニラ」でした。

「やっぱりバニラは強いなぁ。残るなぁ。」と思ったのですが、全体的にはバニラの主張は決して強くありません。

前項で「シプレ」+「バニラ」ではないと思うと言いましたが、私にとってこの香水は「陽だまりポンポン」と命名したくなるような、春にぴったりの香りでした。

 

後日談なのですが…。

付けている時は感じなかったのですが、お風呂に入った時にふわっと土っぽいシプレの匂いがしました。

「え?何の匂い?」と一瞬分からなかったのですが、すぐにシプレバニラの匂いだ!と気がつきました。

やはり強くはないものの、シプレらしさも感じられるようです。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、チューベローズ&アンジェリカ コロン インテンス」とレイヤードしてみました。

シプレバニラを下腹部に0.5プッシュ、チューベローズ&アンジェリカを上腹部に0.5プッシュ。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)チューベローズ アンジェリカ コロン インテンス」について、詳しくレビューしたいと思います。チューベローズアンジェリカは、植物らしい酸味・青みを感じさせる、甘いチューベローズ[…]

ジョーマローン チューベローズアンジェリカ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

インセンスの香りがしっかり出てきた頃に、チューベローズの香りが加わったら素敵かなぁと思いこちらをチョイスしてみました。

付けたては、2つの香りが似ているところがあり、よく合っていたように思います。

そこからシプレバニラはお香のこもった匂いに、チューベローズ&アンジェリカはサンオイル的な明るく甘いお花の匂いにと別れていきます。

 

シプレバニラのお香の香りが出てくると、チューベローズ&アンジェリカの甘さとの対比で、少しスパイシーに感じられました。

シプレバニラ単独でつけると、ベビーパウダーみたいな優しい香りだったのに、甘みのある香りを加えるとスパイシーになるなんて何とも不思議な感じ。

 

全体を通して振り返ってみると、この2つはよく馴染み合う香りではありました。

ただ、良さを引き立てあったり、ドラマチックに香りが変化したりということはなく、やや平凡な組み合わせになったようです。

まとめ

今回は「モンタル/シプレバニラ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

シプレバニラは、シプレ感もバニラ感も控えめ。ベビーパウダーのような甘い香りがします。

陽だまりのような優しく包み込んでくれる匂いなので、春先にもピッタリの香水ですよ!

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「春の香り」をお探しの方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ミモザ&カルダモン コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。ミモザ&カルダモンは、ミモザの優しい甘さが主役の香水です。香り立ちは穏やかですが、香り持[…]

ジョーマローン ミモザ&カルダモン、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)庭園での語らい オー トリプル」について、詳しくレビューしたいと思います。庭園での語らいは、シトラスとペパーミントから始まり、明るく[…]

ビュリー 庭園での語らい、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:MONTALE公式ホームページ「Chypré Vanillé」https://montaleparfums.com/tha/en/vanilla/37-26-chypre-vanille.html#/257-volume-100_ml

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー