【ビュリー】大工の聖ヨセフ(ルーブル)の香水レビュー|穏やかな木

今回は「OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)大工の聖ヨセフ オー トリプル」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

大工の聖ヨセフは、インセンスを中心とした「甘さ」と「木」の香り。

香調の変化はほとんどなく、一貫してふんわり優しく穏やかな香りになっています。

 

当ページでは、大工の聖ヨセフの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ビュリー、大工の聖ヨセフの香りについて詳しく知りたい

・木の香り(ウッディーな香調)が好き

・穏やかで控えめな、甘い香水を探している

ビュリーの香水、レビュー一覧はこちらからどうぞ!(他のルーブルコレクションも載ってます。)

BULY(ビュリー)大工の聖ヨセフとは?

香水の基本情報

タイトル:Saint Joseph Charpentier(大工の聖ヨセフ オー トリプル)

ブランド:OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)

香調:ウッディー

調香師:シドニー・ランセッサー

発表:2019年

販売終了:2023年

ノート:ピンクペッパー、ヴァーベナ、ビターオレンジ、オレンジブロッサム、シダーウッド、ベチバー、インセンス、アンバー

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

ビュリー 大工の聖ヨセフ、香水イメージチャート

大工の聖ヨセフ(ルーブル コレクション)って、どんな香り?

【ビュリー 大工の聖ヨセフ オー トリプル】香水レビュー

トップノート:甘みのある木の香り(20分)

まず初めに感じるのは、甘みのある木の香り。次に、ピンクペッパーのフルーティーさが出てくる。

その次の瞬間には、「あっ!ホームセンターの角材の匂い!」と思うのに、「ん?なんだかリコリスみたいな甘い匂いがするぞ?」と変化していく。

ここまでがおよそ5分の間に起こる。

トップのあたりは、ピンクペッパー、インセンスが主役の甘い香り。それに加え、ウッディなパートをベチバーの匂いが担っているようだ。

ミドルノート:さらに甘い方向へ(1.5時間)

香調に大きな変化はないが、香りが甘い方向へ進む。私の肌では、バニラやヘリオトロープのような甘い匂いがした。

しかし、強くねっとり濃いわけではない。ミルキーな感じもあるのだが、「練乳」というよりは「牛乳」のような、サラサラしたイメージだ。

甘みの源はインセンスがメインで、アンバーが少しといった感じだろうか。

この辺りでオレンジブロッサムのお花の香りが出てくるかなと思ったけど、私には感じ取ることができなかった。

ラストノート:香調の変化なく薄まる(2時間)

香りの変化はないまま、どんどん匂いが薄まっていく形で終わりを迎える。

最後まで「甘い木の香り」だった。

香りを振り返ってみるが、ヴァーベナやオレンジといったシトラス系の清涼感は感じなかった。

水性香水ということもあり、香り立ちは穏やか。柔らかい甘みもあるが、夏でも大丈夫そうだ。


▼▼ ウッディー香水いろいろ♪AD ▼▼

最大400円OFFクーポン配布中!ディプティック DIPTYQUE タムダオ EDT 50ml [425676/405746]

パルル モア ドゥ パルファム シダー ウッドペッカー オードパルファム 50ml Parle Moi de Parfum

ビュリー/大工の聖ヨセフの解説と感想

絵画では「十字架」を暗示しているが…

©ルーブル美術館「Saint Joseph charpentier」https://collections.louvre.fr/en/ark:/53355/cl010063817

ビュリー×ルーブル美術館のコラボコレクションの1つ「Saint Joseph Charpentier(大工の聖ヨセフ)」の香り。

こちらの香水は、インセンスの甘みと木の穏やかな香りがします。

 

ルーブル美術館に収められている絵画「大工の聖ヨセフ」は、1645年頃にジョルジュ・ド・ラ・トゥールによって制作されました。

キリストの持つ「ろうそくの灯り」と背後の「影」。「あどけないキリスト」の表情と「険しい聖ヨセフ」。

この絵には、幼いキリストと地上の父親である聖ヨセフが、コントラスト豊かに描かれています。

 

私は宗教にも美術にも疎いので、「え?キリストってお父さんいたの?そして大工さんなの?」と単純に驚いたし、この絵を見ても「働き者のお父さんに仕事を教えてもらっている、無邪気な息子の微笑ましい場面」としか思いませんでした。

しかし、キリの形状や木材の配置など十字架を暗示するものが描かれ、後の磔刑を予感させる、厳かで悲しい意味を含んでいるそうです。

 

では、香りの方も、試練を予感させるような厳しいものなのでしょうか。

いいえ、そんな風にはなっていません。

優しくほわんと漂う、木の甘い香り。ピンクペッパーの匂いでさえ、材木を嗅いだ時に感じるフルーティーな香りのように思えます。

そしてお香(インセンス)の穏やかな甘味は、キリストの持つ蝋燭が燃え、ジュワリと垂れる蝋の匂いを表しているようです。

 

決して、厳格な雰囲気の香りではないと思います。

むしろ、私がこの絵を初めて目にした時に感じたような、「寡黙な父と仕事場で過ごす、静かで穏やかなひととき」を香りに落とし込んだ、それが香水「大工の聖ヨセフ」なのではないでしょうか。

穏やかな木、家族との時間を思い出す

私はこの香水をつけると、亡き祖父を思い出します。

田舎で育ったのですが、祖父からは、逆立ちの仕方やヘビの見分け方、タケノコの見つけ方など様々なことを教わりました。

そしてこの香水をつけると、「木の削り方」を教えてもらっていた時間を思い出します。

 

一つの角材からジョリッジョリッと削り出し、手元に溜まった木くずから漂う匂い。

もしくは、仕事帰りの祖父に抱き上げて貰った時の匂い。

「土」と「埃っぽさ」と「汗」と「太陽」の匂いがしました。働き者の匂いです。

私にとっての「大工の聖ヨセフ」はそんな思い出の香りなのです。

 

最後になってしまいましたが、調香したシドニー・ランセッサー氏の言葉をご紹介します。

(抜粋)この絵画の明度の低いパートを表現するのは、強めのウッディの温かい香り。そして魅惑的な光のパートはイノセントで朗らかな香りで表現したいと思いました。コントラストの強い香りです。まさにこの絵のように。

ーシドニー・ランセッサー

まとめ

今回は「ビュリー/大工の聖ヨセフ オー トリプル」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

大工の聖ヨセフは、インセンスを中心とした「甘み」と「木」の香り。香調の変化はほとんどなく、穏やかで優しい香りが続きます。

香り立ちの控えめな水性香水なので、甘さはあっても暑い季節も大丈夫そうです。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「木の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「diptyque(ディプティック)タムダオ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 タムダオは、熱帯雨林の森のような湿度を感じさせる、生き生きとした木の香りの香水。オードト[…]

ディプティック タムダオ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ダークアンバー&ジンジャーリリー コロン インテンス」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ダークアンバー&ジンジャーリリーは、静[…]

ジョーマローン ダークアンバー&ジンジャーリリー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:OFFICINE UNIVERSELLE BULY公式ホームページ「オー・トリプル『大工の聖ヨセフ』」https://www.buly1803.com/jp/louvre/25743-eau-triple-saint-joseph-charpentier.html

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!