【フエギア1833】ムスカラアピスの香水レビュー|生蜂蜜の香り

今回は「FUEGUIA 1833(フエギア 1833)ムスカラアピス パルファン(Ⅲ-ⅩⅩⅡ)」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ムスカラアピスは、ハチミツそのまんまの香りがします。

終始ハチミツの匂いが続く、シングルノートの香水です。

 

当ページでは、ムスカラアピスの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・フエギア1833、ムスカラアピスの香りについて詳しく知りたい

・ハチミツの匂いが好き

・複雑な香りより、シンプルに美味しい匂いが好き

FUEGUIA 1833(フエギア 1833)ムスカラアピスとは?

香水の基本情報

タイトル:Muskara Apis Parfum(ムスカラアピス パルファン)

※当ページのレビューでは、3-22エディションを使用しています。

ブランド:FUEGUIA 1833(フエギア 1833)

香調:グルマン

調香師:ジュリアン・ベデル

発表:2017年

トニックノート:アピスメリフェラ(セイヨウミツバチ)

ドミナントノート:ムスカラフェロジェイ

サブドミナントノート:ー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:7.5~8時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

【フエギア1833】ムスカラアピス、香水イメージチャート

ムスカラアピスのトップ・ミドル・ラストの変化

【フエギア1833】ムスカラアピスの香水レビュー|生蜂蜜の香り

トップノート:生蜂蜜の香り(20分)

付けた瞬間「わぁ!ハチミツの匂いがする!」と感嘆の声が漏れる。

スーパーなどで売られている透明度の高い蜂蜜ではなく、濁りや結晶化が見られる生蜂蜜の匂いに近い。

精製度が低く、雑味や豊かな風味を持ったハチミツだ。

ミドルノート:花や土の香りが出てくる(2時間20分)

トップではハチミツのクセある甘さが力強く香っていたが、それが少し落ち着いてくる。

ハチミツが和らいだことで、それ以外の香りも見えてきた。

「花粉っぽさのある花の匂い」や「少し湿った花壇の土」のような匂いが混じっているのが分かる。

それでも まだまだ主役は蜂蜜の甘い香り。

ラストノート:蜂蜜のままドライダウン(5時間)

香りの変化は少ないが、ハチミツのこってりした甘さが さらに和らぐ。

もったりとした粘稠度の高い「蜂蜜そのもの」ではなく、さらさらした「蜂蜜味シロップ」に変化したイメージ。

時間が経ってもムスク系の香りにはなっていかず、ハチミツ系のままだった。


▼▼ ハチミツ香水いろいろ♪AD ▼▼

LUSH ラッシュ 公式 みつばちマーチ ボディスプレー A フレグランス 香水 はちみつ ベルガモット シトラス 柑橘系 爽やか プレゼント いい匂い アロマ コスメ

【J-SCENT 香水】ジェイセント はちみつとレモン W11 蔦屋家電 ギフト 誕生日 プレゼント フレグランス 和の香り

フエギア1833/ムスカラアピスの感想、口コミ

最も「蜂蜜」に近い香水

2017年に「FUEGUIA1833(フエギア1833)」より登場した「Muskara Apis(ムスカラアピス)」の香り。

フエギアの香水は400本単位で生産され、各ロット(エディション)ごとに香りが微妙に異なります。

本ページでご紹介しているのは、ムスカラアピス(Ⅲ-ⅩⅩⅡエディション)のレビューです。

 

ムスカラアピスは「ムスカラ シングルノート フェロモンズ」の中の一本。

このムスカラシリーズの軸となっているのは「ムスカラフェロジェイ」という香水で、こちらは「ヒトフェロモンに類似した香り」として売られています。

(現在、ヒトが発するフェロモン物質は特定されていないので、個人的には”フェロモン”を謳う香水は眉唾物だと思っています。)

 

ムスカラシリーズは「ムスカラ○○」という形で香水名が付けられており、Apis(アピス)とは「ミツバチ属」という意味。

その名が示す通り、ムスカラアピスは「蜂蜜」の匂いがする香水なのです。

 

ハチミツ香水も色々ありますが、私が知っている中ではムスカラアピスが最も「ハチミツそのもの」の匂いに近いと思います。

時間の経過と共に、多少「花粉感のある花の匂い」や「湿り気のある土の匂い」も出てくるのですが、基本ずっとハチミツの香りが続くシングルノートの香水です。

ムスカラフェロジェイの香りは分からない

さて、ムスカラアピスを肌に一噴き。

付けた途端に、ハチミツの特徴的な香りが広がります。

少し白く結晶化した生ハチミツを匙で取り、口に入れた時の香りが鼻に抜けていくようです。

 

ブランドによると「トニックノート:アピスメリフェラ(セイヨウミツバチ)、ドミナントノート:ムスカラフェロジェイ、サブドミナントノート:なし」とのこと。

フエギアの香りはトニック、ドミナント、サブドミナントという形で表現されるのも特徴的。

私は、トニックノートは香りの主役、ドミナントノートは主役に寄り添う香り、サブドミナントノートは香りの脇役という風に理解しています。

 

フエギアのトニックノート・ドミナントノート・サブドミナントノートについては、こちらのページに詳しく載っています。

関連記事

今回は「FUEGUIA 1833(フエギア 1833)アマリア パルファン(Ⅰ-ⅩⅩⅠ)」について、詳しくレビューしたいと思います。 アマリアは、キラキラと明るいジャスミンサンバックが主役の香水。ジャスミン[…]

【フエギア1833】アマリア/パルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

 

ですのでムスカラアピスは、「ムスク系の心地よいベースに主役のハチミツが香る香水」と言えるかと思います。

ただし実際に付けてみると「ムスカラフェロJの香りは捉えられず、ひたすらハチミツが続く」という印象です。

(ムスカラフェロJは単独で付けても殆ど匂いがしない香水なので、ハチミツの強い香りに完全に隠れてしまっている感じ。)

 

ところで、22エディションまでは上記のノートになっていたのですが、23エディションから「トニックノート:フェロモンファミリー、ドミナントノート:アピスメリフェラ、サブドミナントノート:なし」に変更されたようですね。

え…?フェロモンの方が主役になったの?

 

おそらく香りはそこまで大きく変わらないと予想しているのですが、機会があれば23エディションも試してみたいものです。

まとめ

今回は「フエギア 1833/ムスカラアピス パルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ムスカラアピスは、「ムスカラ シングルノート フェロモンズ(ムスカラ コレクション)」の中の一本です。

ハチミツそのもののような、強く甘い香りがしますよ。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「ハチミツの香り」が好きな方はこちらの香水もオススメです。

関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)アンバービー オーデパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 アンバービーは、蜂蜜と熟しきったフルーツの甘い香り。[…]

エルメティカ アンバービー、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「HERMES(エルメス)アンブル ナルギレ オードトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 アンブルナルギレは、アップルパイから流れ出てきた「蜜」のような香り。[…]

【エルメス】エルメッセンス/アンブルナルギレ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:FUEGUIA 1833公式ホームページ「Muskara Apis」https://fueguia.jp/products/muskara-apis

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!