【セルジュルタンス】ラフィーユドゥベルラン・ベルリンの少女

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)ラ フィーユ ドゥ ベルラン オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

ラフィーユドゥベルラン(ベルリンの少女)は、華やかでスパイシーな薔薇の香り。

途中から青々とした香りが加わり、最後は蜂蜜の甘さを残してドライダウンしていきます。

 

この記事はこんな方にオススメ!

・セルジュルタンス、ラフィーユドゥベルランの香りについて詳しく知りたい

・「凛とした」イメージの香水を探している

・薔薇の香りが好き

SERGE LUTENS(セルジュルタンス)ラフィーユドゥベルランとは?

香水の基本情報

タイトル:La fille de Berlin Eau de parfum(ラフィーユドゥベルラン オードパルファム)

ブランド:SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)

香調:フローラル

調香師:クリストファー・シェルドレイク

発表:2013年

   -AD-

【10日P10倍】セルジュルタンス SERGE LUTENS ラフィーユドゥベルラン (ベルリンの少女) EDP SP 50ml【送料無料】【あす楽対応_お休み中】【香水 レディース】

トップノート:ローズ、ゼラニウム、ベルガモット

ミドルノート:パルマローザ、クラリセージ

ラストノート:ハニー、モス、パチョリ、アンバー

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【セルジュルタンス】ラフィーユドゥベルラン/オードパルファム、香水イメージチャート

ラフィーユドュベルラン(ベルリンの少女)って、どんな香り?

トップノート:凛としたバラの香り(30分)

華やかなローズの香りから始まる。

フルーティーな、あるいは爽やかなキラキラ系のローズ香ではなく、生花の強い香りに、ピンクペッパー系の酸味&スパイシーさを加えたような匂いになっている。

この時点では「明るく可憐なローズ香水」なのか、それとも「暗くかっこ良いローズ香水」なのか判断が付かない。

どっちに転んでもおかしくないような、”凛と咲くバラ”の香りに思えた。

ミドルノート:青々しい匂いが加わる(1時間50分)

香調に大きな変化はないが、葉のような青い香りが増してきたようだ。

「軽快なハーブの香り」や「植物の透明感あふれる青さ」ではなく、もっと重みがある。

色で言ったら深緑。

先ほど「葉のような」と言ったが、バラではなく椿の葉のように肉厚で、てらりと光沢がある葉っぱが香りのイメージにマッチする。

ラストノート:蜂蜜+ローズ(2.5時間)

ラストは淡いローズの残り香に、蜂蜜の甘さを足した感じ。

蜂蜜の香りはミドル終盤から少しずつ強くなっていく。

甘さを感じ始めたあたりでは「花の蜜」のようにサラサラで癖のない甘さだったのだが、最終的には蜂蜜の持つ特徴的な”クセ”のある甘さに変化した。

ここまでくるとスパイシーさも青さも消えている。

 

どちらかと言うと暗いイメージのローズ香水かと思うが、「重々しい香り」とまではいかない。

一年中使えそうだけど、冬の冷たい空気に映えそうな香り。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

セルジュルタンス SERGE LUTENS ラフィーユドゥベルラン オードパルファム 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

セルジュルタンス SERGE LUTENS アトマイザー 選べる2本セット 各1.5ml香水 お試し メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

ラフィーユドゥベルラン(ベルリンの少女)の解説と感想

純白に広がる、血の花弁

2013年に登場した「La fille de Berlin(ラフィーユドゥベルラン)」は、ノワールコレクションの中の一本です。

その意味は「ベルリンの少女」。

青々しく、強いバラの香りが主役の香水です。

 

ブランドは、この香りについて次のように説明しています。

いにしえのベルリン。幻想の都市。 ディナージャケットを着てたたずむ少女の姿。 彼女は棘を持つ花。干渉しない方がいい。 雪の上、銀色の薔薇が放つ慰めと情熱の香り。

ーSERGE LUTENS公式ホームページより

 

ラフィーユドゥベルランは紫がかった赤い液色をしているのですが、雪の上の銀色のバラとは「血」のことでしょうか。(高純度の鉄は銀白色に輝いています。)

それが白い雪に広がり、花弁のような模様を描く。

恐らくその少女ではなく、彼女にディナージャケット(タキシード)をかけてくれた人物の血液なのでしょう。

 

私は、『モノクロの街。腕のちぎれたクマのぬいぐるみを抱く少女が、道の真ん中に独り佇む。』シーンが脳裏に浮かびました。

「美しさ」だけでなく、「悲しみ」や「切なさ」を感じさせる薔薇の香りがします。

剣呑で強い、バラの香水

さて、香りについて。

この香水はバラが華やかに香ります。

フルーティーな感じや石けん調、あるいはローズウォーターのような透明感ある感じではなく、真っ赤なバラの花弁の香りをギュッと濃縮しような「強い薔薇」の匂いです。

 

そこに青々しさも加わっていくのですが、この「青さ」も強い!

「ちょっとだけハーバルな香りが出てくる」とかではなく、深緑色の濃い青さをドーンと加えた感じ。

やや過剰演出なんじゃないかと思うくらいに、薔薇の「美しさ」「凛と強い感じ」が表現されていると思いました。

 

ラストでは蜂蜜の甘さがしっかりと出てきます。

少しだけ許された幼い甘さは、パチョリの暗さに引っ張られて、やはり大人びてしっとりした香りに仕上がっているようです。

 

この香水の評の中で「血の香り」というのをよく見ますが、私の肌では金属っぽい”キーン”とした香りはありません。

でもスパイシーで尖ったこちらのバラは確かに剣呑な印象で、「血」のイメージにそぐわしい香りだと思いました。

まとめ

今回は「セルジュルタンス/ラフィーユドゥベルラン オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ラフィーユドゥベルランは、「凛と強い」ローズの香水。

生花のバラの香りに濃いグリーンさが加わり、最後は蜂蜜系の甘さでドライダウンしていきます。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「バラの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)レッドローズ コロン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 レッドローズは、朝のバラ園を散歩しているような、フレッシュなローズの香りの香水です。[…]

ジョーマローン レッドローズ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール ラ コル ノワール オードゥパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ラコルノワールは、クリスチャン・ディオール氏が愛したバラ園の香り。[…]

メゾンクリスチャンディオール ラコルノワール、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:SERGE LUTENS公式ホームページ「ラフィーユドゥベルラン」https://www.sergelutens.jp/ja_JP/105000000050000.html?cgid=fragrance-allfragrance-collectionnoire

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!