トムフォード/チェリースモークの香水レビュー『燻煙チェリー』

今回は「TOM FORD(トムフォード)チェリースモーク オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

チェリースモークは、甘酸っぱいチェリーサフランのレザリーさ、甘いアプリコット樹脂系の甘みとスモーキーさ、干し草や土っぽいアーシーな匂い等が組み合わさった香りになっています。

ページ後半では、ロストチェリーとチェリースモークの香りの違いも載せています。

 

当ページでは、チェリースモークの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・トムフォード、チェリースモークの香りについて詳しく知りたい

・甘酸っぱいチェリーの香水が欲しい

・樹脂系の柔らかな甘さやスモーキーな香りが好き

TOM FORD(トムフォード)チェリー スモーク オードパルファムとは?

香水の基本情報

タイトル:CHERRY SMOKE Eau de Parfum(チェリースモーク オードパルファム)

ブランド:TOM FORD(トムフォード)

香調:フルーティー、オリエンタル

調香師:ルイーズ・ターナー

発表:2023年

   -AD-

チェリー スモーク オード パルファム スプレィ 50mL| トムフォード 公式 tomford beauty tom ford トム フォード ビューティ トム・フォード 香水 フレグランス プレゼント ギフト トムフォードビューティ 男性 女性 メンズ レディース いい匂い 海外 コスメ ブランド

トップノート:サワーチェリー、サフラン

ミドルノート:オスマンサス、アプリコット、オリーブ、レザー

ラストノート:スモークウッド、ナガルモタ

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:6.5時間

放香性:★★★★☆ 強い

【トムフォード】チェリースモーク、香水イメージチャート

酸味のあるチェリーとサフラン、樹脂のような甘み、そしてスモーキーな香り

トップノート:酸っぱいチェリーとサフラン(20分)

トップノートは、「酸味の効いたジューシーなチェリー」と「サフランの塩気あるレザリーな香り」から始まる。

奥の方にはパチョリ系の土っぽい要素があって、これがサフランの”キュイーン”と高音を鳴らすようなレザリーさと合わさることで、「お酒の効いたダークチョコレート」のようにも思えた。

ミドルノート:缶詰に入ったアプリコット(50分)

酸味が和らいでいく。

「チェリー」と少しの「お酒ダークチョコレート」、 そこに「アプリコットの甘いフルーティーさ」が加わっている。

 

アプリコットは生の果物を切ったようなフレッシュなものではなく、缶詰から取り出したような感じ。

甘みが強く、果汁感は少なめ、そしてわずかに”金属っぽさ”も含んでいるように思う。

ミドルあたりでは、レザー系の香りは主張してこなかった。

ラストノート:樹脂系の柔らかい甘さ(5.5時間)

甘酸っぱいチェリーに、樹脂系の柔らかい甘さと乾燥した木の香り。

これらを中心にドライダウンに向かう。

 

その上を覆うようにして、モクモクと煙が上がっているようなスモーキーさもある。

干し草と乾いた土を混ぜたような、アーシーな香りも混じっている。

そのままジワジワと5、6時間ほど香りが続き、終わっていった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

トムフォード TOM FORDチェリー スモーク オード パルファム スプレィ 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

トムフォード TOM FORDアトマイザー 選べる3本セット 各1.5ml香水 お試し メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

「トムフォード/チェリースモーク」の感想、口コミ

身悶えする程に、セクシーなチェリー

2023年にトムフォード ビューティー、プライベートブレンド コレクションより登場した、「CHERRY SMOKE(チェリースモーク)」の香り。

2018年に同コレクションより販売されている「LOST CHERRY(ロストチェリー)」と、チェリースモークの少し後に発売された「ELECTRIC CHERRY(エレクトリックチェリー)」、そしてこちらの香りを合わせて「チェリー3部作」として展開されています。

 

香水名をそのまま訳すと「煙のチェリー」となりますが、チェリースモークは元々人気のあったロストチェリーから派生した香水なので、cherry(チェリー)は「ヴァージン」という意味を持つのでしょう。

ロストチェリーの意味については、こちらのページをご覧ください。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ロストチェリー オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ロストチェリーは、ブランデーシロップに漬けたダークチェリーの[…]

【トムフォード】ロストチェリー/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ

 

smoking hot(スモーキングホット) あるいはsmoking(スモーキング)は、スラングで「めちゃめちゃイケてる」とか「超絶にセクシー」などの意味を持ちます。

hotの最上級のような感じで、熱すぎて もはや煙出ちゃってる!という状態がスモーキングです。

ですので、チェリースモークの意味は「身悶えするほど超絶セクシーなヴァージン」となるでしょうか。

 

香りはというと、甘酸っぱいチェリー、サフランのレザリーさ、甘いアプリコット、樹脂系の甘み、木を燻しているようなスモーキーさ、土っぽさ…。

こういった要素が上手く組み合わさっています。

甘さもありますが、ロストチェリーのようなトロっトロに強い甘みではなく、”超絶セクシー”と呼ぶほどには官能的な香りではないように思います。

 

ちなみに、トム・フォード氏はこの香りについて次のように話しています。

CHERRY SMOKEは、快楽主義的で燻るような”チェリー体験”の暗い側面を捉えています。

ートム・フォード

ロストチェリーとチェリースモークの違い

さて、「ロストチェリー」と「チェリースモーク」の香りを比べてみたいと思います。

どちらも、「主役はチェリーお酒っぽさがあり、甘い感じで終わる」という点では共通しているのですが、もちろん異なる点も多くあります。

 

まずは、トップノート。

ロストチェリーでは「洋酒とシロップに漬かった、甘いダークチェリー」ですが、チェリースモークは「酸味の効いたサワーチェリー」と「フルーティーで甘酸っぱい酒感」のある香りになっています。

サフランが効いている香水では、梅酒のような”酸っぱいお酒”を感じることがありますが、そういった香りがチェリースモークのトップノートにも含まれています。

 

ミドルに入っていくと、ロストチェリーではジャスミンが官能的に香ります。

一方チェリースモークでは、花の要素はオスマンサス(金木犀/アプリコットのようなフルーティーさを持つ)とのことですが、私はフローラルというより、「アプリコット缶詰」のようなフルーツの香りに感じました。

 

ラストは、ロストチェリーではバニラやトンカがしっかりした「濃厚なグルマン系」になっていきます。

チェリースモークでも甘さは出てきますが、ロストチェリーよりずっと控えめで、柔らかな樹脂様になっています。

そしてそこにスモーキーな香りが重なる形。

 

全体的に見ると、チェリースモークの方が香りに「落ち着き」があります。

レザリーな要素もあるからか、ロストチェリーより多少メンズ寄りの香調かと思いました。

まとめ

今回は「トムフォード/チェリースモーク オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

チェリースモークは、煙が出ちゃうほど”セクシーでホットなチェリー”という名の付いた香水です。

香水名の通り、スモーキーな香りは感じられますが、そこまで”官能的”でもないように思いました。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「チェリーの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)アントンス チェリー オードパルファム」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 アントンスチェリーは、付け始めの方は甘酸っぱい爽[…]

モンタル アントンスチェリー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:TOMFORD公式ホームページ「CHERRY SMOKE EAU DE PARFUM」https://www.tomford.com/cherry-smoke-eau-de-parfum/TCRW01.html

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!