ジョーマローン/ワイルドブルーベルの香水レビュー『可憐なスイカ』

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ワイルドブルーベル コロン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。

 

ワイルドブルーベルは、一言でいうと「明るくひんやり、可憐なスイカ」の香りがする香水です。

イギリスを代表する春告草「ブルーベル」の香りですが、「フローラル」というよりは「ウォータリー・アロマティック」な香調となっています。

 

当ページでは、ワイルドブルーベルの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ジョーマローン、ワイルドブルーベルの香りについて詳しく知りたい

・スイカっぽい香りが好き

・瑞々しく、ひんやりとした香りが好き

JO MALONE(ジョーマローン)ワイルドブルーベル/コロンとは?

香水の基本情報

タイトル:Wild Bluebell Cologne(ワイルドブルーベル コロン)

ブランド:JO MALONE LONDON(ジョーマローン ロンドン)

香調:ウォータリー

調香師:クリスティーヌ・ナジェル

発表:2011年

   -AD-

【ポイントアップ 20日00:00〜27日01:59】【送料無料】ジョー マローン ロンドン ワイルド ブルーベル コロン(ギフトボックス入り)【ジョーマローン ジョーマローンロンドン】(香水 フレグランス)(ギフト)

トップノート:ブルーベル、青葉、クローブ

ミドルノート:パーシモン(柿)、ミュゲ、ワイルドローズ

ラストノート:ホワイトムスク、サンダルウッド

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【ジョーマローン】ワイルドブルーベル、香水イメージチャート

スイカ系のウォータリーな香りが続く香水

ジョーマローン/ワイルドブルーベルの香水レビュー『可憐なスイカ』

トップノート:これはスイカ(30分)

まずは、スイカの香りから始まる。

付けたてはスイカの中心部、三角にカットした山のてっぺんを食べたような甘さと、瓜っぽい匂いが広がる。

すぐに甘さは引いていき、2、3分もすると、薄緑色をした皮付近の匂いに切り替わる。

 

青葉のグリーンな香りは強く感じるが、クローブのスパイシーさや甘さは見当たらない。

瓜っぽさがかなり強いので、スイカの匂いが苦手な方は、おそらくこの香水も苦手だと思う。

ミドルノート:柿と言われれば、柿(1時間)

香調の変化は少なく、瓜っぽい香りが続く。

非常に瑞々しく、ひんやりとした香りだ。

 

ミドルの主役は「柿」とのこと。

この香りを嗅いでいて「柿の匂いがする」とは思わないのだが、あらかじめ柿の匂いと知ってから嗅ぐと、まぁ 分からなくもない。

渋くはないが、全く甘くない柿を口に入れたような感じだ。

よく熟れていない柿を噛んだ時のような、あの独特の”水っぽさ”というか”青っぽさ”を感じる。

 

フローラルの要素は、私には分からない。

ラストノート:香りの変化は少ない(2時間)

ミドルからラストへの香りの変化も少ない。

瑞々しさ、青っぽさを残したまま、香りが淡くなっていく。

ムスクは特に感じず、サンダルウッドもはっきりと分からないまま香りが終わる。

 

トップからラストまで、香調の変化が少ないシングルノート様。

甘さは控えめで、瑞々しさが続く香水 だった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

ジョーマローン JO MALONE ワイルドブルーベル コロン 1.5ml アトマイザー お試し 香水 ユニセックス 人気 ミニ【メール便送料無料】

ジョーマローン JO MALONEアトマイザー 選べる3本セット 各1.5ml香水 お試し コロン メンズ レディース ユニセックス 【メール便送料無料】

「ジョーマローン/ワイルドブルーベル」の感想、口コミ

イギリスの春告草「ブルーベル」の香水

2011年にイギリスの香水ブランド「 JO MALONE LONDON(ジョーマローン ロンドン)」より登場した、「Wild Bluebell(ワイルドブルーベル)」の香り。

ブルーベルはイギリスを代表するような、春を告げる花の一つ。

開花時期の群生地では、森の中に紫がかった青い絨毯を敷き詰めるようにして、辺り一面に花が咲き乱れます。

 

この釣鐘型の可憐な花からは、ヒヤシンスにも似たグリーンさと花の甘さを併せ持った香りがするそうです。

おそらくこの香水のブルーベルは、イギリス固有種である「イングリッシュ ブルーベル」の香りを表現したものなのでしょう。

 

しかし、イギリスから見れば外来種にあたる「スパニッシュ ブルーベル」との交雑が進み、イングリッシュブルーベルは今、絶滅の危機に瀕しています。

ジョーマローンからも英国森林保護団体・ナショナルトラストに寄付をされているそうですよ。

(ナショナルトラストは、ブルーベルの保護事業にも取り組まれています。)

 

ワイルドブルーベルは、そんなイングリッシュブルーベルの花の香りが……しません。

この香水を一言で表すのなら、「明るく ひんやり、可憐なスイカの匂い」となります。

「フローラル香水」っぽくはない

ブランドによると、ワイルドブルーベルはこんな香りだそうです。

(抜粋)森の木陰で元気に咲くサファイア色の花。露に濡れたブルーベルの繊細な甘さにスズラン、エグランティーヌ(ローズの一種)がふんだんに混じり、パーシモンが心地よいひねりを加えています。

ージョーマローン公式ホームページより

 

この「露に濡れた」の部分が強調されているのか、ワイルドブルーベルはとても瑞々しい香りがします。

花の甘さはほとんどなく、香調的には「フローラル」というより「ウォータリー・アロマティック」といった感じ。

事前情報なしにこの香りを嗅いだら、よもやフローラル香水だとは思わないのではないでしょうか。

 

トップからラストまで香調の変化は少なく、シングルノート的に香りが展開します。

一貫してスイカのような青っぽさ、瓜っぽさは続きます。

ですのでスイカの香りが大好きな方にとっては「もう たまらん!」となる香水ですが、瓜系が苦手な方には別の意味で「こりゃ たまらん…」となってしまうかもしれませんね。

軽やかで可憐なイメージのある香りですが、人によって評価が大きく分かれそうな香水だと思います。

まとめ

今回は「ジョーマローン、ワイルドブルーベル コロン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

ワイルドブルーベルは、イギリスの春を告げる「森のブルーベル」を表現した香水です。

スイカを思わせる、瑞々しくグリーンさのある香りが続くので、瓜系が苦手な方はこちらの香水も苦手かもしれません。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「スイカっぽい香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア フローラ チェリージア オーデトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 フローラチェリージアは、スイカの瑞々しさが効[…]

ゲラン/アクアアレゴリア フローラチェリージア、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)スターマグノリア コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。 スターマグノリアは、水辺に吹く風のように、涼やかで透明感あるシトラスフローラルの香り。[…]

【ジョーマローン】スターマグノリア/コロン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:JO MALONE LONDON公式ホームページ「ワイルド ブルーベル コロン」https://www.jomalone.jp/product/25946/18848/colognes/wild-bluebell-cologne

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!