【メゾンクリスチャンディオール サクラ】香水レビュー『桜ピンク』

今回は「DIOR(ディオール)メゾンクリスチャンディオール サクラ オードゥパルファン」について、詳しくレビューしたいと思います。

サクラは、優しくパウダリーな甘さとフレッシュなお花の香りが混ざり合う、軽やかなフローラル香水。

ジュース(液)の色そのままに、”さくらピンク”の淡く明るい香りがします。

当ページでは、サクラの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・メゾンクリスチャンディオール、サクラの香りについて詳しく知りたい

・軽やかで明るいお花の香りが好き

・春に似合う香水、桜がテーマの香水が欲しい

DIOR(ディオール)メゾン クリスチャンディオール サクラ オードパルファン

香水の基本情報

タイトル:SAKURA(サクラ オードゥパルファン)

ブランド:CHRISTIAN DIOR(クリスチャン・ディオール)

香調:フローラル

調香師:フランソワ・ドゥマシー

発表:2018年

【正規品・送料込】メゾン クリスチャン ディオール サクラ フレグランス(40ml)<画像は250mlサイズです>

トップノート:グリーンノート

ミドルノート:サクラ、ローズ、ジャスミン、ヘディオン

ラストノート:ミモザ、スミレ、ホワイトムスク

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:3時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

メゾンクリスチャンディオール サクラ、香水イメージチャート

優しいフローラル、ディオールの桜の香り

トップノート:青々しく透明感ある香り(20分)

付けて5分ほどは、青々しい透明感ある香りが出る。草の匂いというよりは、広葉樹の葉っぱを揉んでから嗅いだような青い匂いからエグミを取り除いたような香りだ。

「うへっ。」となるような青臭さではなく「透明感!」といった匂いがする。

 

そこから甘みが出てくる。

それが最初の青い香りと重なって、メロンのような、少し瓜っぽいフルーティーな甘みに感じられた。

ミドルノート:ローズとミモザが主役(40分)

だんだんお花の香りが広がってくる。花束のような花粉っぽさのある、生花の匂いだ。

付けている所をクンクン嗅ぐと、花束の中にボフンと顔をうずめているような気持ちになる。

パウダリーな甘さもあるが、桜餅っぽい(トンカビーン系)の甘みと言うよりは、ベースにあるミモザの甘さのように思える。

 

SAKURAの主役になっているお花は、ローズとミモザの匂いだと思った。

ただし明るく、パウダリーさとグリーンさの両方を含んだこの香りは、日本の桜のイメージにぴったりくるフローラルだ。

ラストノート:お風呂上り系の香り(2時間)

ホワイトムスクのクリーンな甘い香りでドライダウンに向かう。「出たな!風呂上がりの匂い!」と口に出してしまうくらい、清潔感溢れる香りだ。

このラストノートはディプティック「オーローズ オードトワレ」に似ていると思った。

でもそんなお風呂上がりの清潔感に、ミモザのパウダリーで陽だまりのような優しい甘さが加わっているようだ。

 

全体的に優しく甘いフローラルなのでレディースよりの香調だと思うが、男性がつけても素敵に纏えそう。

明るく穏やか、春夏向けの香水だと思った。


▼▼ ひとまず、サンプルで試したい方 ▼▼

【ミニサイズ】 クリスチャンディオール Dior メゾンクリスチャンディオール サクラ 2ml [077420]

「ディオール/サクラ」の感想/口コミ

「乙女心」をくすぐられる、桜の香水

2018年に登場した「SAKURA(サクラ)」の香り。同年にスタートした「メゾン クリスチャン ディオール」のフレグランスコレクションの一つです。

調香師のフランソワ・ドゥマシー氏は、サクラの香りについてこのように語っています。

 

(抜粋)日本に滞在していたある春の日、私ははっと息を飲むような桜と出会いました。その桜の木は小さく華奢でありながら、驚くほど存在感のある香りを放っていました。サクラは、その長く漂うやさしい調べにローズのニュアンスを添え、あの時の桜へオマージュを捧げたいと思い創った香りです。

ーフランソワ・ドゥマシー

どんな種類の匂い桜に出会われたのでしょうか。

私もそんな風に心を奪われる桜の香りに包まれてみたいと、羨ましく思います。

 

このフランソワ・ドゥマシー氏の言葉だけでも興味がムクムク沸き上がってくるのに、メゾンクリスチャンディオールのシンプルなボトルに満たされるジュース(液)の色は淡く色付いた”サクラピンク”

20年前、どこかに落としてしまったはずの「乙女心」がくすぐられて仕方がありません。

「甘さ」と「爽やかさ」のバランスが素晴らしい桜

さて、肝心の香りについてお話したいと思います。

桜の香水で一番気になるのは、「桜餅系の匂い」なのかそれとも「桜イメージのフローラル」なのかという点です。

私の感想としては、SAKURAは後者のように思えました。桜葉漬の特徴的な匂い(トンカビーン、クマリンの匂い)は感じません

 

でも、温もりあるパウダリーな香りは感じられます。ミモザのまあるく柔らかな甘い香りです。

途中、「ん?ディオールのファンデーションの匂いがするぞ?」と思ったりもしたのですが、このミモザのパウダリーさがお化粧品的に感じられたものと思われます。

 

ただ、パウダリーな方向だけでなく、フレッシュな方向にも香りが広がります。

ヘディオンのフレッシュフローラルが良い仕事をしているようで、とてもバランスの良いお花の香りだと思いました。

 

この香水が表現している桜は温もりある明るい花です。

飾らず自然な咲き姿、八部咲きくらいでこれから満開になろうかという”期待感”のようなものを感じます。

ジュースの色と同じ、薄ピンクが似合う香りだと思いました。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「グタール、ローズポンポン オードトワレ」とレイヤードしてみました。

ローズポンポンを下腹部に1プッシュ、サクラを上腹部に1プッシュ。

 

付けてすぐ、ローズポンポンのカシスのフルーティーな香りが広がります。それを追いかけるようにして、サクラのメロンのようなフルーティーさも出てくるようです。

その後もローズポンポンのキャンディー様のバラと共に、可愛らしい雰囲気のフローラルが続きます。

この辺りまでは2つの香りが共に明るく陽気で、同じ方向を向いた組み合わせになっていると思います。

 

ラストノートに入ると、サクラはふんわり明るいムスクの甘い香りに、ローズポンポンは軽いウッディーノートで少し暗い香りに道が分かれました。

ミドルまでは「ちょっとイマイチなレイヤードだったか…」と思っていたのですが、このラストノートは非常に良かったです

また付けたい!と思える組み合わせでした。

まとめ

今回は「メゾンクリスチャンディオール/サクラ オードゥパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

サクラは、青々しくフレッシュなお花の香りと、優しくパウダリーなお花の香りがバランスよく香る香水です。

最初から最後まで軽やかな香りなので、春夏にぴったりのフレグランスですよ!

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「サクラの香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)サクラ チェリーブロッサム コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。サクラチェリーブロッサムは、優しく軽やかな桜の木の匂いの香水です。「桜餅系」の特徴的な匂[…]

ジョーマローン サクラチェリーブロッサム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ サクラ オードトワレ」について、詳しくレビューしたいと思います。 サクラは、ひらひら舞う桜の花びらのように可憐な印象を残す、フルーティ×ライトフローラルの香水です。[…]

コスメデコルテ キモノ サクラ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

引用・参考:DIOR公式ホームページ「メゾンクリスチャンディオール サクラ」https://www.dior.com/ja_jp/products/beauty-Y0749427-%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022-2023

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー