【rirana(リラナ パフューム)プラムローズ】香水レビュー

今回は「Rirana Parfume(リラナパフューム)プラムローズ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

 

プラムローズは、スパイシーで華やかなローズが主役の香水です。

トップではプラムのフルーティーさも感じますが、すぐにローズがメインへと切り替わっていきます。

スパイシーさは強いですが「ダークでミステリアス」ではなく、「明るく華々しい」雰囲気のローズ香水です。

 

当ページでは、プラムローズの「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・リラナパフューム、プラムローズの香りについて詳しく知りたい

・華やかな雰囲気のローズ香水を探している

・香り持ちの良い香水が好みだ

Rirana Parfume(リラナパフューム)プラムローズ/オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:PLUM ROSE Eau de Parfum(プラムローズ オードパルファム)

ブランド:Rirana Parfume(リラナ パフューム)

香調:フルーティー、フローラル

調香師:―

発表:2018年?

トップノート:プラム、ラズベリー、メロン

ミドルノート:ローズ、クローブ

ラストノート:アンバー、パチョリ

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:7.5時間以上

放香性:★★★☆☆ やや強い

【rirana parfume・リラナパフューム】プラムローズ/オードパルファム、香水イメージチャート

フルーティーなローズ→スパイシーで甘いローズ→パウダリー&ソーピーなローズ

トップノート:プラム、ラズベリーのフルーティーさ(15分)

付けてすぐ、プラムの酸味と背後にはウッディーな香り。

フゼア調の「理髪店」っぽい香りにも思える。

5分程でラズベリーのフルーティーな甘さが加わり、フゼアの固い雰囲気はいなくなる。

ベリーの香りと言ってもキュートにはならず、チラチラ見え始めるローズや、ベースに潜んでいるパチョリのお陰で「大人びたフルーティーさ」になっている。

ミドルノート:甘くスパイシーなローズ(1時間10分)

「ローズ」が香りの中心で展開していく。

フルーツの酸味だった部分が、バラの花弁を食んでいるような酸味へと繋がっている。

 

次第にその酸味は抜けていき、クローブのスパイシーで甘い香りを効かせたローズへと変化する。

スパイシーなローズと言っても、「暗さ」や「ミステリアス」な雰囲気はない。

”華奢で可愛らしい雰囲気”でも、”生花っぽいローズ”でもなく、「赤いバラの花弁をもいで床に敷き詰めた」みたいな華々しい香りになっている。

ラストノート:パウダリーで石けん調のローズ(6時間以上)

パウダリーさと石けんっぽさのあるローズの香りで、ドライダウンに向かう。

甘さもしっかり。

パチョリの香りは付け始めから奥の方に感じられるが、ここに来ても目立つことなく、ひっそりとウッディーなアクセントを効かせている。

この柔らかい甘さのローズ香が、6時間以上続く。

 

リラナらしく香り立ちはあまり強くないが、とにかく持続力が高い。

全体的に甘さが強く重さもあるので、暑い季節は避けた方が良さそうだ。


▼▼ ベルコスメでちょっとお得に・PR ▼▼



約1万点の人気海外コスメが最大86%OFF
最安値挑戦中/海外コスメ通販【ベルコスメ】

「リラナパフューム/プラムローズ」の感想/口コミ

この香水の主役はローズ

マレーシアの香水ブランド、RIRANA PARFUME(リラナパフューム)の「PLUM ROSE(プラムローズ)」。

プラムローズという名前ですが、プラムとローズがツートップで主役を張る訳ではなく、ローズの方がメインの香水となっています。

 

最初はプラムのフルーティーさもありますが、すぐにローズが出てきてフルーティーさは脇役に回ります。

次第にスパイシーで甘いローズ香、さらにパウダリーで石けんっぽいローズ香へと、時間の経過とともに変化していきました。

 

ブランド公式によると、このような香りだそうですよ。

プラムローズは酸味と甘みの魅惑的なバラ、ユニセックス香水です。プラムとラズベリーの酸味と甘みをブレンドした魅力的なローズノートを中心に、この香りをエレガントでロマンティック、そしてセクシーなものにしています。クローブ、アンバー、パチョリのスパイシーで居心地の良い温かな香りが、この香水をより複雑なものにしています。

ーrirana parfume公式HPより

真っ赤な花びらを敷き詰めて

さて、プラムローズを肌に一噴き。

付けた瞬間「え。これフゼアなの?」と驚きますが、5分もするとフゼアっぽい理髪店のような固い香りはいなくなります。

その後はフゼア系とは香りの展開が違うので、フゼアが苦手な方でも恐らく大丈夫。

 

★「フゼア系って何?」と思った方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事

今回は、香水の香りを表す言葉についてお話していきたいと思います。グルマン系、シプレ系、オリエンタル、ウッディ…etc。香りを表現するのに色々な言葉が使われているのですが、これって結構わかりにくいですよね。 […]

【香水、香りの用語】~系、表現する言葉、カタカナ英語の意味を紹介!

 

ローズメインの香水も、本当に表現の幅が広いですよね。

爽やか?それともミステリアスに見せたいのか。

可愛いのか、クールな雰囲気なのか。はたまた、地植えなのか切り花なのか。

さらには1本なのか、抱えきれないほどの花束なのか…等々。

 

この香水を付けていると、沢山のバラの花弁だけを絨毯のように足元に広げているようなイメージが湧いてきます。

真っ赤なルージュを引いた唇のように艶めかしく美しいのですが、フルーツやクローブのもたらす甘さが、そこに数滴の幼さを加えています。

 

個人的にパチョリが強く主張するようなダークで色っぽいローズは好みではないのですが、こちらはパチョリやスパイシーさもあるものの割と明るい雰囲気で使いやすそうでした。

 

ただしラストの辺り、パウダリーでソーピーなローズの香りが、ややもすると”香り付きトイレットペーパー”のようにも感じられます。

一瞬、使い終わったばかりのトイレットペーパーの芯が、脳裏を駆け抜けていきました。

リラナらしくラストが非常に長く続くので、このあたりの香りの好き嫌いはしっかり見定める必要がありそうです。

まとめ

今回は「リラナパフューム/プラムローズ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

プラムローズは、プラムやラズベリーのフルーティーさから始まり、スパイシーなローズ、そしてパウダリーでソーピーなローズへと変化していきます。

スパイシーさは効いていますが、「ダークでかっこいい薔薇」ではなく、「華々しくボリューム感に富んだ薔薇」といった印象を受けました。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「薔薇の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「GUERLAIN(ゲラン)アクアアレゴリア ローザ ロッサ オーデトワレ」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 ローザロッサは、カシスやライチの軽いフルーツの香りに[…]

ゲラン アクアアレゴリア ローザロッサ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)レッドローズ コロン」について、私の肌で実際に使った感想・香り心地を詳しくレビューしたいと思います。 レッドローズは、朝のバラ園を散歩しているような、フレッ[…]

ジョーマローン レッドローズ、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:Rirana Parfume公式ホームページ「PLUM ROSE 50ML」https://www.riranaparfume.my/plum-rose/

 

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!