【フレデリックマル リップスティックローズ】香水レビュー『飴と口紅』

今回は「FREDERIC MALLE(フレデリック マル)リップスティックローズ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。

リップスティックローズは、「口紅」そのものの香り~キャンディのように変化していく香りの香水。子どもの頃に感じていた「大人の女性」を思い出す、ノスタルジーも感じさせます。

当ページでは、リップスティックローズの基本的な情報、香りの変化や詳しい感想などを掲載し、どんな香りの香水かお伝えします。

この記事はこんな方にオススメ!

・フレデリックマル、リップスティックローズの香りについて詳しく知りたい

・パウダリーな香り、化粧品的な香りが好き

・「大人の女性」の雰囲気に似合う香水を探している

FREDERIC MALLE(フレデリックマル)リップスティック ローズ オードパルファム

香水の基本情報

タイトル:LIPSTICK ROSE(リップスティック ローズ オードパルファム)

ブランド:FREDERIC MALLE(フレデリック マル)

香調:パウダリー、フローラル

調香師:ラルフ・シュヴィーガー

発表:2000年

フレデリック マル リップスティック ローズ 50ml FREDERIC MALLE LIPSTICK ROSE

トップノート:グレープフルーツ、バイオレット

ミドルノート:ローズ、アイリス、ラズベリー

ラストノート:バニラ、ホワイトムスク、ベチバー、アンバー

持続性、強さ、どんな香り?(チャート)

持続性:7時間程度

放香性:★★★★☆ 強い

フレデリックマル リップスティックローズ、香水イメージチャート

リアルな口紅の香りに、びっくり

トップノート:リアルな口紅(10分)

香水を噴いた瞬間、「はいはい。口紅の香りですね!確かに!」と思わず笑みがこぼれる。口紅をモチーフにした香りなのかと思いきや、口紅そのものの香りなのね。

爽やかな甘いフローラル、ニオイスミレの香りを中心に、グレープフルーツの苦味を含んだ爽やかシトラスが添えてある。

トップノートは非常に短く、10分程で香りが変化してくる。

ミドルノート:パウダリックなバラ(50分)

だんだんローズが出てきて、この辺りからミドルノートに入る。瑞々しいバラと言うよりは、パウダリックなバラで、化粧品的な香りになっている。

 

アイリスも出てくるけど、植物の透明感やグリーンさではなく、どこか人工的な香りだ。直接嗅ぐと、匂いの余韻の部分に、甘酸っぱいラズベリーも感じるが、それはほんの少し。

しかし、ミドルに入って30分もするとパウダリックな要素が薄れ、ラズベリーの甘酸っぱさが強くなってくる。

ラストノート:キャンディー様の甘さ(6時間)

ラズベリーの甘酸っぱさも遠のくと、キャンディーのような甘さが残る。

ここまで来ると、口紅の香りではない。パウダリックさもなく、化粧品的でもない。

 

ベチバー、アンバーと、少量のバニラの甘みが柔らかく香る。マシュマロのような美味しそうな香りと、プニプニした弾力(二の腕を触っているみたい!)を思い起こす。

フレデリック・マルのラストノートには、いつも良い意味で驚きがあるけれど、リップスティックローズのラストもなんとも素敵な香りだった。

「フレデリックマル/リップスティックローズ」の感想/口コミ

まさに「口紅」、ユーモラスな香水

「LIPSTICK ROSE」は、調香師のラルフ・シュヴィーガーが、母のキスにインスパイアされて生み出した香りです。

タイトルに”リップスティック”とあるように、口紅をイメージするような香り…かと思いきや、なんと”口紅そのものの匂い”がします!

 

リップスティックローズを一噴き。

一番に出てくる感想は、「口紅そのまんまかい!」でしたw。口紅を塗ったことがある人なら分かる、あの匂いがします。

化粧品特有のパウダリックさと、少し粘土を思わせる脂っぽさを含んだ香り。子供の頃に感じていた、お母さんの口紅そのものの匂いです。

 

「口紅の香りが、本当に良い匂いと思うか?」と聞かれると、わたしの答えは「NO」。でも、好ましい匂いではあります。

それは口紅の匂いが良いのではなく、「母の匂いが好きだから、必然的に口紅の匂いも好き」という事なのかなと思いました。

 

私は子供の頃、エプロンをした母のお腹に顔を埋めるのが大好きでした。

深く息を吸い込むと、母の香水、作っている夕飯、石っけん等が混じった匂い。リップスティックローズを付けると「お母さんってなんていい匂いなんだろう…」と感じた時の気持ちが、ありありと蘇るのです。

子どもの頃に感じていた「大人」の香り

そんなわけで、私にとってのリップスティックローズは、”ノスタルジック”な香りです。

日曜の朝、「今日は特別。」と言って赤いルージュをひいてくれた母の笑顔。

あるいは、内緒でこっそり開いた母のメイクボックスの香りを思い出します。

煌びやかでオシャレなケースに収められている化粧品たち。中でも口紅は、子供心に「大人」の象徴であるようで、憧れと少しの気恥しさを感じさせたものです。

こっそり母の化粧品を試して、自分を鏡に映してみる。目一杯背伸びして、少しだけ大人の気分を味わったときの、達成感のような、背徳感のような、満たされた気持ちを思い出しました。

 

ラストノートのキャンディーのような甘さも、子供時代を想起させる要因なのかもしれません。

リップスティックローズは、「母」のような香りです。子供の頃に感じていた「大人」や「お母さん」と、「一人の大人の女性」になった今の自分がリンクする、不思議な香りなのです。

レイヤード(コンバイニング)レビュー

「ジョーマローン、ブラックベリー&ベイ コロン」とレイヤードしてみました。

リップスティックローズを腹部に0.5プッシュ、ブラックベリー&ベイを内肘に0.5プッシュ。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ブラックベリー&ベイ コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。ブラックベリー&ベイは、仄かな甘みや苦み・渋みを伴ったベリーの香り。可愛らしくなりすぎず、男性[…]

ジョーマローン ブラックベリー&ベイ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

リップスティックローズのラズベリーと、ブラックベリー&ベイのベリーが上手くリンクしそうなので選んでみました。

付けたてはブラックベリー&ベイの、爽やかで透明感あるベリーが勝ちます。

最初は化粧品っぽい香りと爽やかベリーがくっきり分かれているのですが、30分もすると溶け合ってよく馴染んできました。

どちらかというとブラックベリー&ベイがメインとなり、リップスティックローズの甘みやパウダリーさがそれに加わるといった形で香りが進んでいきます。

 

リップスティックローズが、キャンディのようなラストノートに入ると、その温かみある美味しそうな香りと、ブラックベリー&ベイの爽やかな透明感ある香りが合わさって、とても良かったです。

全体を通して、リップスティックローズのパウダリーさが和らいで、付けやすくなるような組み合わせになっていると思います。

まとめ

今回は「フレデリックマル リップスティックローズ オードパルファム」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

本当に口紅の匂いがして、驚きやユーモアを感じました。

それとともに、子ども時代を思い出すようなノスタルジーと、一人の女性となった自分が時空を超えてリンクするような、不思議な印象を与える香水だと思います。

ラズベリーのノートが後半強くなってくるので、ベリー系の香水とレイヤードすると相性が良いように思います。

他の香りと重ね付けすると、リップスティックローズの化粧品っぽい香りが和らいで、より付けやすくなりますよ♪

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「パウダリーな香り」がお好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「JO MALONE LONDON(ジョーマローン)ミモザ&カルダモン コロン」について、詳しくレビューしたいと思います。ミモザ&カルダモンは、ミモザの優しい甘さが主役の香水です。香り立ちは穏やかですが、香り持[…]

ジョーマローン ミモザ&カルダモン、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「MONTALE PARIS(モンタル)シプレ バニラ オードパルファム」について、詳しくレビューしたいと思います。シプレバニラは、名前に反して「シプレ」も「バニラ」も控えめ。優しく付けやすい香りの香水です。陽だまりの[…]

モンタル シプレバニラ、詳しい香水レビュー/口コミ

 

参考:FREDERIC MALLE公式ホームページ「LIPSTICK ROSE」https://www.fredericmalle.com/product/19566/50155/parfums/lipstick-rose/by-ralf-schwieger

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

Twitterで当ブログの更新情報をお知らせしています。

今後の更新予定と、新しい記事がアップされたらTwitterにあげています。香水に関すること、当ブログに関することの独り言もポツポツと。

良かったらフォローして頂けると嬉しいです♪

▼ピンタレストはこちらから▼
tayutahu_kosuiフォロー