【ジェイセント】和肌(やわはだ)の香水レビュー|白濁

今回は「J-Scent(ジェイセント)和肌/やわはだ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

和肌は洋ナシの入ったミルキーな香りから始まり、パウダリーで優しく甘い香りへ、そして最後は温もりのある石けん調の香りへと続きます。

香調的には”重い香り”ではないのですが、持続時間が長いのも特徴的です。

 

当ページでは、和肌の「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ジェイセント、和肌の香りについて詳しく知りたい

・「和肌」は「わはだ?」「やわはだ?」「にきはだ(にこはだ)?」と思った

・柔軟剤っぽさのある香りが好き

J-Scent(ジェイセント)和肌(やわはだ)とは?

香水の基本情報

タイトル:Yawahada Eau de parfum(ヤワハダ オードパルファン)

ブランド:J-Scent(ジェイセント)

香調:パウダリー、ソーピー

調香師:ー

発表:2017年

   - AD –

【J-SCENT 香水】ジェイセント 和肌 W10 蔦屋家電 【売れ筋】 【当店オススメ】 ギフト 誕生日 プレゼント フレグランス 和の香り

トップノート:ペアー、グリーンノート

ミドルノート:ミルク、ライスパウダー、ローズ、ジャスミン

ラストノート:ムスク、サンダルウッド、アンバー

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:5.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【ジェイセント】和肌(ヤワハダ)オードパルファン、香水イメージチャート

和肌(やわはだ)って、どんな香り?

トップノート:洋梨ココナッツミルク(30分)

洋ナシのフルーティーさと、ココナッツミルクのような甘さから始まる。

洋ナシはとろっとジューシーな香りが多いが、こちらは割とサラサラしたものになっている。

グリーンノートとココナッツのような甘さが混じるからか、フィグ系の香りにも思える。

果実に齧りついた時の青々しい香りや、フィグリーフのウッディーな系統ではなく、白い樹液のようにクリーミーなフィグノートを感じた。

ミドルノート:パウダリーなスキナベーブ(40分)

フルーティーさは付け始めが最も強く、徐々に薄れていく。

これがほとんど感じられなくなり、ミルキー&パウダリーな甘さが出てきたらミドルノートに入る。

 

お化粧品的なパウダリーさではなく、お香系のパウダリーさでもない。

ベビーパウダーとも違うのだけど、ほんのり甘みがあって不思議と赤ちゃんを思い出させる香りだ。

この匂い知っているぞ?と首をひねっていたら、…分かった!

 

スキナベーブ(ベビー用 沐浴剤)の匂いだ。

なるほど、赤ちゃんを思い起こすのも納得だなと思った。

ラストノート:温もりある石けん(4.5時間)

ミルキーな香りは薄れるが、パウダリーさは残る。

それと同時に石けん調の香りが出てきて、ドライダウンに向かう。

 

軽いシャンプー系ではなく、”昔ながらの石けん”といった感じ。

少し、重さや温もりのある香りだ。

おそらく、アンバーの甘さが効いているのだろう。

 

香調的にはそこまで重くないのだが、なかなかにロングラスティング。

最後まで、ウッディーな香りは感じないままだった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

J-Scent ジェイセント 和肌 ヤワハダ オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

【メルフレグランス】お試し香水 原材料/ジェイセント(J-Scent)和肌 ヤワハダ オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

ジェイセント/和肌の解説と感想

和肌(にきはだ)か、柔肌(やわはだ)か

2017年に誕生した、日本の香水ブランド「J-Scent(ジェイセント)」。

「和肌(ヤワハダ)」はブランド立ち上げから第4弾で登場した香りで、「はちみつとレモン」「花街」と共にリリースされました。

 

この香水は、「川端康成の小説『眠れる美女』をモチーフにした官能的な香り」がコンセプトになっているそうです。

「眠れる美女」では、女の子と添い寝が出来る宿を繰り返し訪れた老人が主人公として描かれています。

その女の子を”どうこうする”ことは禁じられているのですが、老人はじっくりと眠らされている裸の女の子を眺めることができる、そんなエロティックで変態的な状態です。

若い女の子のそばで夜を過ごすことで老人が人生で出会った女性たちを思い出しつつ、「老いと性と死」について思考を巡らせるような内容になっています。

 

私はこの香水を始めて知った時、「『和肌』と書くなら『やわはだ』じゃなく『にきはだ』と読ませれば良いのになぁ」と思いました。

私の中で『やわはだ』は『柔肌』、幼子の無垢で柔らかな肌のイメージ。

そして『和肌』は『にきはだ』、湯上がりのしっとりと吸い付くような肌のイメージ。

(どちらも「やわらかい肌」で全く同じ意味なのですが、個人的なイメージの違いです。)

官能的な香りなら、『にきはだ』の方がしっくりくるように思いました。

 

「眠れる美女」と結びつけて考えるなら、目の前の女の子たちの”柔肌(やわはだ)”を通して、人生で出会った女たちの「性」を象徴するような”和肌(にきはだ)”を見る。

そんな意味を持った香水名なのかもしれませんね。

隠された官能性

香水名だけで長々と書き連ねてしまいましたが、肝心の香りについてもお話ししたいと思います。

「官能的」とのことですが、この香水は「厚みのあるパワフルな香り」ではありません。

野生動物のような濃厚さも、絡みついてくるような花の匂いもなく、センシュアリティを感じさせる要素は特にないようです。

 

ただし、「ほんのりと漂うミルキーな甘さ」の中に、「石けんを思わせるパウダリーさ」の中に、直接的ではないもののチラチラと”色”が見え隠れするのです。

「おぉ。ジャパニーズ エロティシズム。」と独り言ちてしまいました。

 

でもそれもかなり控えめなので、全体的な印象としては「官能的な香り」とはなっていないと思います。

むしろ「ピュア」とか「清純」とかいった言葉の方が似合いそう。

 

振り返ってみると、ミドル辺りのスキナベーブを思わせる香りが、最も印象に残りました。

柔軟剤っぽさもあるかもしれません。

 

ラストはなかなか香り持ちが良く、驚かされます。

ラストの持続時間が長いだけに、購入前にはラストノートまでしっかり試しておいた方が安心かと思います。

まとめ

今回は「ジェイセント/和肌(やわはだ) オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

和肌は、フルーティーなココナッツミルク系の香りから、スキナベーブのような香りへと変化していきます。

ラストでは温もりのある石けん調になり、これが長く続く香水です。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「温もりのある石けん調の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「TOM FORD(トムフォード)ホワイト スエード オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ホワイトスエードは、「昔ながらの石けん」といった感じの、温もりと清潔感にあふれる香水です[…]

トムフォード ホワイトスエード、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「SHIRO(シロ)ホワイトリリー オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ホワイトリリーは、「フルーティーフローラルの香り」と書かれたシャンプーみたい。石けん調の甘い香りです。[…]

シロ ホワイトリリー、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:J-Scent公式ホームページ「W10 和肌 / Yawahada オードパルファン」https://www.luz-store.com/view/item/000000000124

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!