【ジェイセント】恋雨(こいあめ)の香水レビュー|恋のキュン

今回は「J-Scent(ジェイセント)恋雨/こいあめ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

恋雨は、「フルーティーフローラルのシャンプー」のような香り。ピュアで明るい印象を抱きます。

「雨」の要素もリアルな雨の匂いというわけではなく、クセのない香りで表現されています。

 

当ページでは、恋雨の「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ジェイセント、恋雨の香りについて詳しく知りたい

・シャンプーっぽさのある香りが好き

・「恋」や「雨」がテーマの香水を探している

J-Scent(ジェイセント)恋雨(こいあめ)とは?

香水の基本情報

タイトル:Koiame Eau de parfum(コイアメ オードパルファン)

ブランド:J-Scent(ジェイセント)

香調:フルーティー、ソーピー

調香師:ー

発表:2019年

   -AD-

【J-SCENT 香水】ジェイセント 恋雨 W17 蔦屋家電 【当店オススメ】【売れ筋】 ギフト 誕生日 プレゼント フレグランス 和の香り

トップノート:アップル、ピーチ、ベルガモット、マンダリン、レモン、カシス、グリーンノート

ミドルノート:ローズ、ジャスミン、マグノリア、バイオレット、ウォーターリリー

ラストノート:ムスク、シダーウッド、モッシーノート

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:3.5時間程度

放香性:★★☆☆☆ 弱い

【ジェイセント】恋雨(コイアメ)オードパルファン、香水イメージチャート

恋雨(こいあめ)って、どんな香り?

トップノート:青りんご系シャンプー(10分)

香りの構成なども調べず初めて付けた時、最初に出た言葉は「アルデヒド、青りんご、シャンプー系!」だった。

すっきりしたフルーティーさと、少しだけ鼻にツンとくる匂い。

ノートを確認すると「シトラス・フルーティー」といった組み合わせになっているようだが、シトラスの強い酸味や果皮の苦みはあまり感じられなかった。

ミドルノート:フローラル系シャンプー(40分)

フルーティーフローラルへと、香りが変化していく。

何か一つの花が中心になっているのではなく、いくつもの花々がミックスされている”ブーケ様”のフローラル。

強いて挙げるのなら、ゼラニウムに近いような「軽やかなローズ」、「マグノリアの酸味」、「ウォーターリリーの瑞々しさ」を感じ取ることが出来た。

「ブーケ様」といっても顔が埋もれてしまいそうなほどの質量感ではなく、軽く華奢な香りになっている。

ラストノート:ムスク系シャンプー(2.5時間)

香りが淡くなるとともに、ムスキーな甘さもほわーんと出てきてドライダウンに向かう。

お風呂に入った後の浴室のような、清潔感のある香りだ。

奥の方にごく少量のモスもあるが、それは香りに多少の湿度を加える程度で、前面には出てこない。

明るいシャンプー系のまま、フェイドアウトしていった。


▼▼ サンプルで試したい方・AD ▼▼

J-Scent ジェイセント 恋雨 koiame オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

【メルフレグランス】お試し香水 原材料/ジェイセント(J-Scent)恋雨 オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

ジェイセント/恋雨の解説と感想

恋の「きゅん」を再現した香水

日本の香水ブランド、「J-Scent(ジェイセント)」より登場した「恋雨(コイアメ)」の香り。

こちらは「薄荷」「木屑」と共に、2019年8月にリリースされました。

 

この香りを一言で表すのなら、「フルーティーフローラルのシャンプーの匂い」となるでしょう。

時間の経過とともに香りは変化していきますが、トップからラストまで、どのタイミングをとっても”シャンプーっぽさ”があります。

 

まず出だしは、青りんご系の甘酸っぱいフルーティーさが広がります。

シャンプーっぽさもあるのですが、これは洗い上がりの髪に残った匂いというよりは、シャンプー液を直接嗅いでいるような香りに思えました。

この「フルーツの甘酸っぱさ+シャンプー感」は、擬音語で言うと「きゅん」という感じ。

明るく可愛らしさがあり、「恋雨」の「恋」の部分がしっかり表現されています。

 

次第にフローラルが出てきますが、ここでもやはり”シャンプーっぽさ”は残ります。

なので花がメインというよりは、シャンプーの香り付けとしてフローラルがあるような形。

イメージ的にはお風呂上りに髪を乾かしている時、ドライヤーの風に乗って漂ってくる匂いのような感じです。

 

そしてラスト、シャワー後の浴室のような清潔感を感じさせる、ムスキーなシャンプーの香りへと続きます。

この辺りまで来ると香り立ちも淡くなっており、「翌朝、髪に残ったほのかな香り」といったイメージを抱きました。

恋をすれば、雨でさえも

さて、ブランドによると、恋雨はこんな香りだそうです。

雨が降り出す前の微かな香りにマンダリンやカシスが誘うトップノート。静かな雨の中、微かに聞こえるバイオレット、マグノリアなどの花々の声。愛しい記憶と大切な想いが蘇り、雨上がりの空に輝く虹を見つけ、心が躍り笑顔が溢れるような香りです。

ーJ-Scent公式ホームページより

 

「雨」というワードに着目してみると、「トップが雨降りの前、ミドルが降っている最中、ラストが雨上がり」と読み取れます。

この「雨」の表現も、恋雨の中ではかなりマイルドでクセがないように思います。

 

例えば、トップにおける降る前~降り始めの香りは、ペトリコール(乾いたアスファルトが濡れる匂い)系ではなく、フレッシュさの中に少しだけ”ツン”と鼻に違和感を覚える程度のアルデヒド(かな?)の匂いで表現されています。

 

ミドルもオゾン(生臭いような独特な水っぽい匂い)系のリアルな雨の香りではなく、ウォーターリリーの瑞々しい花の匂いに置き換わっている感じ。

そしてラストも、ゲオスミン(濡れた土臭い匂い)ではなく、ごく少量のモスが湿り気を感じさせる程度です。

 

『煩わしい雨でさえも、恋をすれば愛おしくなる。』

そんな風に「恋」のフィルターを通して捉えた、明るい「雨」の香りになっていました。

まとめ

今回は「ジェイセント/恋雨(こいあめ) オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

恋雨は、可愛らしい雰囲気を持った「シャンプー系」の香水です。

「雨」を表現する部分もクセがなく、いわゆる”万人受け”系の香りになっているように感じました。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「シャンプー系の香り」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「DECORTÉ(コスメデコルテ)キモノ ウララ オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ウララは、フルーツの香りと軽いフローラルの匂いが組み合わさった、シャンプーのような香りの香水です[…]

コスメデコルテ キモノ ウララ、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「Chloé(クロエ)クロエ オードトワレ」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 クロエEDTは、「ジューシーでほんのり甘いシトラス」→「フルーティーなローズ」→「淡いシャンプー系の香り」へと変化す[…]

クロエ オードトワレ、香水イメージチャート

参考:J-Scent公式ホームページ「W17 恋雨 / Koiame オードパルファン」https://www.luz-store.com/view/item/000000000147

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!