【ジェイセント】光芒(こうぼう)の香水レビュー|天使の梯子

今回は「J-Scent(ジェイセント)光芒/こうぼう(Shaft of Light)オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。

 

光芒は すっきりしたシトラスから始まり、軽いフローラルへ、最後はシャンプー系の甘い香りへと続く香水です。

「天使のはしご」を表現しているそうですが、個人的なイメージでは「凛と神秘的」というより「華奢で可愛い」香りだと思いました。

 

当ページでは、光芒の「基本的な情報」「香りの変化」「詳しい感想」などを掲載しています。

この記事はこんな方にオススメ!

・ジェイセント、光芒の香りについて詳しく知りたい

・シャンプー系の香りは好きだけど、可愛すぎるのは嫌

・「光」がテーマの香水を探している

J-Scent(ジェイセント)光芒(こうぼう)とは?

香水の基本情報

タイトル:光芒/Shaft of Light Eau de parfum(コウボウ/シャフトオブライト オードパルファン)

ブランド:J-Scent(ジェイセント)

香調:シトラス、フローラル、ソーピー

調香師:ー

発表:2018年

   -AD-

【J-SCENT 香水】ジェイセント 光芒 W14 蔦屋家電 ギフト 誕生日 プレゼント フレグランス 和の香り

トップノート:ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、オレンジフラワー

ミドルノート:ローズ、ジャスミン、ミュゲ、ユリ、マグノリア、ガーデニア

ラストノート:ムスク、アンバー、サンダルウッド、パチョリ、バニラ、オークモス

持続性、強さ、香りのチャート

持続性:4.5時間程度

放香性:★★★☆☆ やや強い

【ジェイセント】光芒(コウボウ)オードパルファン、香水イメージチャート

光芒(こうぼう)って、どんな香り?

トップノート:シトラス・ハーバル(15分)

爽やかなシトラスノートから始まる。

純粋な柑橘果物そのものの匂いではなく、ハーバルっぽさがある。

レモングラスやレモンバーベナのような香りに思えた。

5分程でシトラスの香りは弱まり、その分を補うようにして軽いフローラルの甘さが混じり出す。

ミドルノート:ブーケ様フローラル(50分)

シトラスがかなり淡くなり、軽やかなフローラルをメインに香りが進む。

一つ一つの花の輪郭は不明瞭で、ブーケ様のフローラルとなっているのだが、強いて言うなら「ローズ」「マグノリア」が中心にあるようだ。

そこから徐々に、シャンプーのような甘い香りへと変化していった。

ラストノート:シャンプーの甘さと僅かなパチョリ(3.5時間)

わずかにパチョリの香りを感じられるようになったら、ラストノート。

とはいえ、「湿った黒い土」や「純ココアパウダー」のような、パチョリ特有の暗く重い香りではない。

ほんの少しだけ「パチョリのニュアンスが出てきたなぁ」くらいの感じ方だ。

 

多少サンダルウッドの乾いた木の香りはあるものの、オークモスは私の肌ではよく分からず、ウッディーな香調に傾いていく訳ではない。

ミドルまでのシャンプーっぽい甘さに、大人な落ち着きを加えてドライダウンした。


▼▼ ジェイセントのお試し香水いろいろ♪AD ▼▼

J-Scent ジェイセント ラムネ ramune オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

J-Scent ジェイセント 紙せっけん paper soap オードパルファム 香水 フレグランス アトマイザー 1.5ml 30プッシュ お試し 携帯 ポスト投函 小分け 人気 レディース 30プッシュ 送料無料

ジェイセント/光芒の解説と感想

光芒とは

J-Scent(ジェイセント)より、2018年に発売された「光芒(こうぼう)」の香り。

英題は「Shaft of Light(シャフト オブ ライト)」、日本語に直すと「光のすじ」となっています。

 

光芒とは「細長く、まっすぐに伸びる光のすじ」を指す言葉です。

例えば星から伸びるように見える光のすじや、彗星から伸びる尾、あるいは雲間から地上に差し込む、真っ直ぐに伸びた光のすじなども、光芒のうちの一つです。

 

この香水は「天から差し込む光の柱に照らされた草木の生命力を感じさせる香り」がテーマとなっていますので、「雲間から伸びた光芒」いわゆる「天使のはしご」を表しているようですね。

雨上り、雲の切れ間から地上にまっすぐに降りてくる光を見たことはないでしょうか。

あれが「天使のはしご」と呼ばれるものです。

 

厚い不穏な雲から差し込む、柔らかで、しかし真っ直ぐに伸びた光。

どこか「神聖さ」さえも感じられる光だと思います。

 

個人的な意見ですが、香水・光芒は「天使のはしご」のような神秘的なイメージとは少し違うようです。

香りに”シャンプーっぽさ”を嗅ぎ取ってしまったからか、「凛としていてクール」ではなく「華奢で可愛い」雰囲気になっていたように思います。

シャンプー感はあるが、可愛すぎない香り

上の項で「シャンプーっぽい」と言いましたが、前回レビューした「ジェイセント・恋雨」もまた、シャンプー感のある香りになっています。

関連記事

今回は「J-Scent(ジェイセント)恋雨/こいあめ オードパルファン」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 恋雨は、「フルーティーフローラルのシャンプー」のような香り。ピュアで明るい印象を抱きます。[…]

【ジェイセント】恋雨(こいあめ)オードパルファン、詳しい香水レビュー/口コミ

 

この2つを比較すると、恋雨は「甘酸っぱいピュアなシャンプー」、光芒は「サロンで使われている、ちょっと高級なシャンプー」といったイメージの違いがあります。

光芒の方が大人びた香りで、変化の仕方も恋雨より複雑になっているようでした。

 

香りの構成だけを見ていると「シプレっぽいのかな?」と思うかもしれませんが、シプレ特有の「クラシックな香水らしさ」はありません。

シプレにしてはフローラルも、パチョリ・モス系のアーシーな要素も軽すぎます。

ですので光芒は、「”香水っぽい”匂いは苦手、シャンプーの匂いは好きだけど可愛らしいのは嫌」といった方にオススメの香水と言えそうです。

 

トップ~ミドル半ばまでは軽い香りなので、思わずたくさん付けてしまいそうになりますが、後半では思ったよりシャンプー系の甘さが強くなっていきます。

シャンプー系の”万人受け”と呼ばれそうな香りではありますが、付ける場所や量を控えめにしておいた方が良さそうです。

まとめ

今回は「ジェイセント/光芒(こうぼう) オードパルファン」について、詳しい香りのレビューをお伝えしました。

光芒はシトラス系の爽やかさから始まり、軽やかなフローラルを経て、最後はシャンプー系の甘い香りへと落ち着く香水です。

同じシャンプー系ではありますが、「ジェイセント/恋雨」よりは少し落ち着いた印象。

香り選びの参考になれば嬉しいです♪

★「神秘的な香水名」が好きな方はこちらの記事もオススメです。

関連記事

今回は「SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス)ラ ルリジューズ オードパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 ラルリジューズ(修道女)は、ジャスミンを中心にして、すっきりと甘い花々を寄せ[…]

【セルジュルタンス】ラルリジューズ/オードパルファム、詳しい香水レビュー/口コミ
関連記事

今回は「HERMETICA(エルメティカ)レッドムーン オーデパルファム」について、どんな香りかご紹介したいと思います。 レッドムーンは、ピンクペッパーとサフランが香るレザー系の香水。”レッドムーン”さなが[…]

エルメティカ レッドムーン、詳しい香水レビュー/口コミ

参考:J-Scent公式ホームページ「W14 光芒 / Shaft of Light オードパルファン」https://www.luz-store.com/view/item/000000000129

Twitterやってます。香水好きさん、ぜひ繋がりましょう。

お気軽にフォローやコメントいただけたら小躍りして喜びます!